ゲーミングPCレビュー

「raytrek G5-R」の実機レビュー GTX1650Ti搭載

raytrek G5-Rレビュー

ドスパラさんから次世代クリエイターのための「raytrek G5-R」の実機をお借りしたのでレビューしていきます。

raytrek G5-Rの特徴は8コア16スレッドの優れた処理性能が魅力の「Ryzen 7 4800H」が搭載、グラフィックスには「GeForce GTX 1650 Ti」が搭載しているのでコストを抑えてクリエイティブ作業を行いたい方におすすめのモデルです。

raytrek G5-Rのスペック

raytrek G5-R
raytrek G5-RCPURyzen 7 4800H
グラフィックGTX 1650 Ti(4GB)
メモリ16GB
SSD500GB NVMe SSD
液晶15.6型 ノングレア
sRGBカバー率 約99%
解像度1920×1080(60Hz)
無線Wi-Fi 6
重量約 2.0kg
動作時間 約 4.1時間

公式サイトはこちら

執筆時のスペックになります。現在の商品の詳細や価格については詳細ページにてご確認下さい。

外観

外観

カラーはグレー色です。WEBカメラは液晶下部に設置されています。液晶は15.6型でフルHD解像度(1920×1080)、リフレッシュレートは60Hz、sRGBカバー率 約99%となっています。

ノングレアなので映り込みが少なく長時間のゲームや作業に最適です。

天板

天板にはraytrekのロゴが配置されています。天板の開閉は片手だと筐体が少し浮いてしまいます。

入出力ポート

左側面側

左側面にはケンジントンロック、LAN端子、マイク/イヤホン端子があります。左側にイヤホン端子があると右利きの方は便利に感じます。

右側面にはカードリーダー、USB3.1×2があります。

背面側にはMini DisplayPort×2、HDMI端子、USB3.2、電源端子があります。映像出力端子や有線LAN、電源が背面にあるのは、接続する際に便利です。

作業効率が上がるマルチディスプレイでクリエイティブな作業や、大画面でゲームを楽しむ事も出来ます。

キーボード

キーボード

キーボードは10キー付きです。日本語配列の102キーボードとなっています。

右奥には動作モードの切り替えスイッチと電源ボタンがあります。

バックライトLED

視認性を高めるキーボードのバックライトLEDが搭載しています。

キーボードの「LEDバックライト」は夜間時の作業も快適です。カラーは付属ソフトで変更可能です。

重量

重量

本体が1902gでACアダプターの重量は567gでした。本体とACアダプターを合計すると2469gとなります。軽量で持ち運びにも適しています。

ゲーム性能

GTX 1650 Ti搭載の「raytrek G5-R」は、ゲームでどの程度快適なのかをチェックしました。

3DMARK

FireStrike

FireStrike

TimeSpy

TimeSpy

3DMARKのFireStrikeはDirectX 11、TimeSpyはDirectX 12のパフォーマンスを計測する定番ベンチマークソフトです。

構成3DMARK TimeSpy
Core i7-10870H
RTX 3070
9636
Core i7-10875H
RTX 3060
8333
Core i7-9750H
GTX 1660 Ti
5809
Core i5-11400H
RTX 3050 Ti
5362
Core i7-11800H
RTX 3050
5234
Ryzen 7 4800H
GTX 1650 Ti
3839
Core i7-10750H
GTX 1650
3722
内蔵グラフィックス
Core i7-11700K
769
内蔵グラフィックス
Core i5-9400
438

表は当サイトでテストしたTimeSpyの参考スコア比較です。

GTX 1650 Tiは、GTX1650より性能が高いグラフィックスボードです。

グラフィックスカードが非搭載のスコアと比較するとその差は歴然です。ゲームにおいてはグラフィックスボードが搭載している事の影響は極めて大きいです。

独立したGPUを搭載しているのでゲームやクリエイティブに強いノートPCです。

ファイナルファンタジー15

FF15ベンチマーク
解像度設定スコア / FPS / 評価
フルHD
1920×1080
4090 / 40 fps【普通
標準5803 / 58 fps 【やや快適
軽量7560 / 75 fps【快適

フレームレートはスコアから算出した数値になります。

ファイナルファンタジー15は重量級ゲーム。スコアの評価としては6,000スコア出ていれば快適評価です。12,000スコアで非常に快適になります。

重いゲームは画質設定を落とす必要があります。

製品名FF15 高品質比較
Core i7-10870H
RTX 3070
9502
Core i7-10875H
RTX 3060
8548
Core i7-9750H
GTX 1660 Ti
6173
Core i5-11400H
RTX 3050 Ti
5314
Core i7-11800H
RTX 3050
5115
Ryzen 7 4800H
GTX 1650 Ti
4090
Core i7-10750H
GTX 1650
3991

フルHD解像度/高品質の参考スコア比較です。

ファイナルファンタジー14

FF14ベンチマーク
解像度設定スコア / FPS / 評価
フルHD
1920×1080
最高9977 / 69 fps【快適
12094 / 87 fps 【非常に快適
標準14111 / 104 fps【非常に快適

フレームレートはレポート出力の平均フレームレートの数値になります。

ファイナルファンタジー14は中程度の描画負荷のゲーム。暁月のフィナーレは15,000スコアで「非常に快適」評価です。最高設定でとても快適評価です。

最高品質設定でも快適にFF14が楽しめます。

製品名FF14「暁月のフィナーレ」ベンチマーク
Ryzen 7 5800H
RTX 3060
14245
Core i5-11400H
RTX 3050 Ti
13228
Core i7-11800H
RTX 3050
12916
Ryzen 7 4800H
GTX 1650 Ti
9977

フルHD解像度/最高品質の参考スコア比較です。

PSO2:NGS

PSO2:NGSベンチマーク
解像度設定スコア
フルHD
1920×1080
ウルトラ3516

PSO2:NGSは10,001以上のスコアで「快適」評価です。設定は最高設定のウルトラ(設定6)です。

製品名PSO2:NGSベンチマーク
Core i7-10875H
RTX 3060
14384
Core i5-11400H
RTX 3050 Ti
8094
Ryzen 7 4800H
GTX 1650 Ti
3516

フルHD解像度/最高設定の参考スコア比較です。

フォートナイト

最高設定

フォートナイト最高設定fps
最低設定

フォートナイト最低設定fps

人気TPSゲームのフォートナイトのフルHD解像度/最高画質では50fps前後。最低では120fps前後を記録しました。

フォートナイトを楽しめる性能を持っています。

解像度設定FPS
フルHD
1920×1080
最高
52
118

計測場所:ホーリー・ヘッジズ、3D解像度は100%に変更。

ApexLegends

最高設定

Apex最高設定fps
最低設定

Apex最低設定fps

人気FPSゲームのApexLegendsでは最高画質60fps前後、最低では100fps前後を記録しました。

Apex Legendsも楽しめる性能を持っています。

解像度設定FPS
フルHD
1920×1080
最高
61
117

計測場所:オリンパス「ドック」

ゲーム性能まとめ

ここまでをまとめます。

重いゲーム
中程度のゲーム
軽いゲーム
  1. 重量級:FF15のベンチマーク:最高設定で普通評価。
  2. 中量級:FF14のベンチマーク:FF14のベンチマーク:最高設定で快適評価が出ています。
  3. 軽量級:軽めのゲームの動作はもちろん快適です。

CPU性能

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20

CINEBENCH R23/R20はCGレンダリング性能を測定するベンチマークテストです。

CPU性能比較

Ryzen 7 4800Hは8コア16スレッドで最大4.2GHz駆動のCPUです。クリエイティブなソフトやゲームなど高負荷な用途でも活躍できる高性能CPUです。

ベンチマーク

PC MARK10

PC MARK10
PCMark 10EssentialsProductivityDCC
5428799778566908

パソコンの総合的なパフォーマンスを計測するベンチマークソフトが「PCMark 10」です。

Essentialsはアプリケーションの起動速度、Webブラウジング、ビデオ会議などのPCの基本性能を計測します。

Productivityはオフィスソフトの性能、Digital Content Creation(DCC)は写真編集、動画編集などのクリエイティブ系ソフト性能のスコアとなっています。

構成PC MARK10
Ryzen 7 5800H
RTX3060
6568
Core i7-11800H
RTX 3050
6161
Core i7-10875H
RTX 3060
5675
Core i5-11400H
RTX 3050 Ti
5504
Ryzen 7 4800H
GTX 1650 Ti
5428
Core i5-10300H
GTX 1650 Ti
4380

PC MARK10参考比較

SPECviewPerf 13

SPECviewPerf 13SPECviewPerf 13はOpenGLの描画性能を比較するベンチマークです。

ストレージ速度

ストレージ速度

容量は500GBのNVMe SSDが搭載されています。HDDでカクつくゲームもあるのでNVMe SSDはカクつきを抑制する効果があるでしょう。

消費電力

アイドル時高負荷時
アイドル時の消費電力高負荷時の消費電力

消費電力はワットチェッカー(REX-BTWATTCH1)で計測しています。高負荷時はFireStrike実行時の数値です。

温度

筐体の温度

筐体の温度

FF14のベンチマークを1時間ループさせた際の温度をチェックしてみました。室温は22℃。キーボード周辺の最高温度が32℃でWASD周辺は28℃でした。

温度が低いので快適に使える印象です。

内部の温度

内部の温度

室温22℃環境での計測になります。計測ソフトはHWMONITOR-PROを用いてアイドル時と3DMARKのFireStrikeとCINEBENCH R20を実行した際の最大温度です。

静音性

静音性
アイドル高負荷時
40.3 db49.8 db

アイドル時と3DMARKのFire Strikeを実行した時の騒音デシベルを計測しました。無響室で計測した訳で無く、一般的な住宅で計測した数値になっているので参考程度に見てみて下さい。

まとめ

「raytrek G5-R」は、高性能CPU「Ryzen 7 4800H」を搭載し、クリエイティブな作業やゲームで活躍する「GTX 1650 Ti」を搭載した次世代クリエイターにおすすめのノートPCです。

価格のコストパフォーマンスが良いモデルとなっているのでお仕事用やスタンダードなクリエイティブ用で使用するパソコンを探している方はチェックしてみて下さい。

また、ドスパラさんは配送が迅速なのですぐにパソコンが必要な方にもおすすめです。

おすすめポイント
  • ベゼル薄の15.6インチ(薄型スリムボディ)
  • sRGBカバー率 約99%液晶搭載
  • 暗所でも快適なLEDによる光るキーボード搭載
  •  軽~中程度の重さのゲームをプレイしたい方
  • イラスト制作や画像編集をしたい方におすすめ

raytrek G5-Rの詳細はこちら

raytrek公式サイトはこちら

「GALLERIA XL7C-R36」の実機レビュー RTX3060搭載 ドスパラさんから「GALLERIA XL7C-R36」の実機をお借りしたのでレビューしていきます。 GALLERIA XL7C-R...
GALLERIA GR2060RGF-T
「ガレリア GR2060RGF-T」の実機レビュー Ryzen 7 4800H搭載ガレリア GR2060RGF-Tの性能やベンチマーク計測と、フォートナイト、ApexLegendsの検証も行っています。...
おすすめピックアップ記事