ゲーミングPCレビュー

「raytrek ZF」の実機レビュー RTX3070搭載

ドスパラさんから「raytrek ZF」の実機をお借りしたのでレビューをしていきます。

「raytrek ZF」は、Core i9搭載、グラフィックスカードにはNVIDIAの「GeForce RTX 3070」を搭載したクリエイター向けPCです。

スペック

raytrek ZF
CPUCore i9-10900K
グラフィックRTX 3070(8GB)
メモリ32GB
ストレージ1TB NVMe SSD
マザーボードZ490
ケースLD ブラック(ATX)

公式サイトはこちら

Core i9-10900K搭載(10コア20スレッド)で、グラフィックにはNVIDIA GeForce RTX 3070が搭載。クリエイター向けなのでCPU性能が高いモデル。

メモリも32GB搭載しているのでクリエイティブ作業やゲームを快適に動作可能な高性能PCです。

執筆時のスペックになります。現在の商品の詳細や価格については詳細ページにてご確認下さい。

外観

PCケースは梯子をイメージしたLDケースです。冷却性能と拡張性が高いATXのミドルタワー型になります。

背面の映像出力端子はHDMI端子×1、DisplayPort端子x3となっています。

コンソールパネルはUSB3.0x2、カードリーダー、オーディオ端子、電源ボタン、リセットボタンとなっています。底面はゴム足になっています。

内観

左側面のパネルを開閉させると内部にアクセス出来ます。右上に光学ドライブ、右側面にSSD専用の2.5インチシャドウベイを3基搭載可能です。CPUクーラーは空冷のモデルが搭載。

右側面のパネルを開閉させると2.5/3.5インチシャドウベイを8基も搭載可能です。しかし、すべての拡張ベイを使用する場合は、別売りの拡張ボードや接続ケーブル等が必要になります。

また、グラフィックスカードを固定し、輸送中の脱落や接触不良を防止する効果が見込めるグラフィックスボードの固定機構が搭載されていました。

上下にグラフィックスボードを挟むように固定されています。

ゲーム性能

3DMARK

FireStrike

TimeSpy

3DMARKのFireStrikeはDirectX 11、TimeSpyはDirectX 12のパフォーマンスを計測する定番ベンチマークソフトです。

構成3DMARK TimeSpy
RTX3080(i9-10900K)
16079
RTX3070(i9-10900K)
13213
RTX2080Ti(i9-10900K)
13051
RTX3070(i7-10700K)
12873
GTX1660 SUPER(i7-10700)
6128
GTX1650 SUPER(i5-9400)
4582

TimeSpyの参考スコア比較です。RTX3070は前世代最速のRTX2080Tiに匹敵する性能を持っており、非常に高いスコアが出ています。

ファイナルファンタジー15【描画負荷:重い】

解像度設定スコア / FPS / 評価
4K
3840×2160
5837 / 58 fps【やや快適
標準6848 / 68 fps【快適
軽量9663 / 96 fps【とても快適
WQHD
2560×1440
9723 / 97 fps【とても快適
標準12240 / 122 fps【非常に快適
軽量15996 / 159 fps【非常に快適
フルHD
1920×1080
12577 / 125 fps【非常に快適
標準16932 / 169 fps【非常に快適
軽量19868 / 198 fps【非常に快適

ベンチマークソフトを使用。フレームレートはスコアから算出した数値になります。

ファイナルファンタジー XVは重量級ゲーム。スコアの評価としては6,000スコア出ていれば快適評価です。12,000スコアで非常に快適になります。

4K解像度では重量級ゲームの場合でも設定を調整する事で快適に動くタイトルが多いでしょう。

ファイナルファンタジー14【描画負荷:中程度】

解像度設定スコア / FPS / 評価
4K
3840×2160
最高11146 / 74 fps【非常に快適
12835 / 85 fps【非常に快適
標準19985 / 140 fps【非常に快適
WQHD
2560×1440
最高19212 / 133 fps【非常に快適
19706 / 141 fps【非常に快適
標準23821 / 197 fps【非常に快適
フルHD
1920×1080
最高21434 / 167 fps【非常に快適
22004 / 178 fps【非常に快適
標準26220 / 232 fps【非常に快適

ベンチマークソフトを使用。フレームレートはレポート出力の平均フレームレートの数値になります。

7,000スコアで「非常に快適」評価となります。最高画質設定でも快適に楽しめます。

4K解像度でも非常に快適評価が出ており、レポート出力の平均フレームレートの数値でも高いフレームレートが出ています。中程度の重さのゲームなら4K解像度でも快適動作です。

Apex Legends

最高設定
最低設定

人気FPSゲームのApexLegendsでは最高画質190fps前後、最低では260fps前後を記録しました。CPU使用率も低いので実況や配信といった用途でも余裕を持って快適です。

解像度設定FPS
フルHD
1920×1080
最高
192
264

計測場所:キングスキャニオン「サルベージ」

フォートナイト

最高設定
最低設定

人気TPSゲームのフォートナイトでは最高画質では200fps前後。最低では300fps超えを記録しました。

RTXグラフィックスボードを搭載しているのでレイトレーシングやDLSSにも対応しています。

解像度設定FPS
フルHD
1920×1080
最高
202
356

計測場所:ホーリーヘッジス、3D解像度は100%に変更

ドラクエ10 / PSO2【描画負荷:軽い】

ドラクエ10
PSO2

PSO2やドラクエ10でも非常に高いスコアが出ています。PSO2は簡易設定6(最高設定)で14万超え、ドラクエ10でも4K解像度24,000スコアオーバーで、すごく快適評価です。

ゲーム性能まとめ

ここまでをまとめます。RTX3070は描画負荷の高い重いゲームや高解像度、FPS/TPSゲーム等で高フレームレートを出したい場面で活躍する高性能グラフィックスを搭載しています。

4K解像度
WQHD解像度
重いゲーム
中程度のゲーム
軽いゲーム
  1. 4K解像度:FF15のベンチマーク:最高設定でやや快適評価。
  2. WQHD解像度:FF15のベンチマーク:最高設定でとても快適評価。
  3. 重量級:FF15のベンチマーク:最高設定で非常に快適評価。
  4. 中量級:FF14のベンチマーク:最高設定で非常に快適評価。
  5. 軽量級:DQ10のベンチマーク:すごく快適評価。

CPU性能

CINEBENCH R23
CINEBENCH R20

CINEBENCH R23/R20はCGレンダリング性能を測定するベンチマークテストです。

CINEBENCH R20を当サイトでテストした比較になります。Core i9-10900Kはインテル第10世代の最新最上位のCPUです。非常に高いCPU性能を持っています。

ベンチマーク

PC MARK10

PCMark 10EssentialsProductivityDCC
74979446989312239

パソコンの総合的なパフォーマンスを計測するベンチマークソフトが「PCMark 10」です。

SPECviewPerf 13

SPECviewPerf 13はOpenGLの描画性能を比較するベンチマークです。

ストレージの速度

SSDが搭載されているので動作がサクサクでストレスフリーです。

消費電力

アイドル
3DMARK

消費電力はワットチェッカー(REX-BTWATTCH1)で計測しています。

温度

室温22℃環境での計測になります。計測ソフトはHWMONITOR-PROを用いてアイドル時と3DMARKのFireStrikeおよびCINEBENCH R20を実行した際の最大温度になります。

静音性

アイドル時3DMARK
40.8 db42.1 db

アイドル時と3DMARKのFire Strikeを実行した時の騒音デシベルを計測しました。無響室で計測した訳で無く、一般的な住宅で計測した数値になっているので参考程度に見てみて下さい。

下限が41db程度です。静音性がとても優れています。

まとめ

「raytrek ZF」は10コア20スレッドのトップレベルの高いCPU性能を持っているので3DCG、重量級ゲーム、動画編集、実況・配信などの高い処理性能を要求される用途でも活用出来るクリエイターPCです。

高性能GeForce RTX3070を搭載しているので4K解像度の作業用途にも適しています。大容量の32GBメモリが搭載されているのも作業では快適です。

また、静音性が高いのも良い点でしょう。静音を求めたいという方にもおすすめのクリエイターPCです。

こんな方におすすめ
  • 4K解像度の動画編集/3DCG作業をしたい方
  • プロフェッショナルも満足の高いパフォーマンスが欲しい方
  • ケースのストレージ搭載量が多いモデルを探している方

raytrek ZFの詳細はこちら

ドスパラ(raytrek)公式サイトはこちら

「ガレリア XA7C-R37」の実機レビュー RTX3070搭載 ドスパラさんから「ガレリア XA7C-R37」の実機をお借りしたのでレビューをしていきます。 「ガレリア XA7C-R37」は、第...
「ガレリア UA9C-R38」の実機レビュー RTX3080搭載 ドスパラさんから「ガレリア UA9C-R38」の実機をお借りしたのでレビューをしていきます。 「ガレリア UA9C-R38」は、イ...
おすすめピックアップ記事