初心者向けのゲーミングPCの選び方

5年前のゲーミングPCの性能って最新のゲームでプレイしたらどのくらいの快適性なの?

これからゲーミングPCを買おうかなと思っている方で「今ゲーミングPCを購入したとしてどのくらいのスパンでゲームを快適に動作する事が可能なの?」という疑問もあると思います。

なので2012年に発売されたGTX660(2013年にGTX760が発売されたので実質5年前とします)のグラフィックボードを使って今の最新のPCゲームをプレイしたらどのくらいのフレームレートが出て快適に遊べるのか?という部分をチェックしてみました。

基本的な性能をチェック

OSWindows 10
CPUCore i7-4790
グラフィックGTX660
メモリ12GB
ストレージSSD 250GB HDD 2TB

メモリは4GBが死んでいて12GBという感じでした。CPUだけ2014年発売のHaswellなのでまだ使えそうです。

スコア4772
GraphicsScore5160
Physics Score10434
Combined Score2007

上位77%のゲーミングPCという事で今で言うとGTX1050搭載のゲーミングPCよりもスペック的に低いという感じでしょうか。

という事でベンチマーク的にはちょっと厳しいゲームもあるでしょうという評価でした。

実際のゲームで快適性をチェック

Overwatch

設定平均最小最大
エピック403058
ウルトラ595083
7054106
NORMAL9370134
12289169

2016年に発売されたOverwatchですが、意外と頑張っています。低設定時においては平均122FPSを叩き出しているのでゲーミングモニターと組み合わせてヌルヌルゲームを動かす事も可能!と言いたいのですが、実際の戦闘の乱戦時においてはフレームレートの低下が目立ち特に144FPSを常時叩き出してプレイした事があるという方だと少し厳しいのかなという感じはしました。

60FPSで動かすという基準で考えた場合にはNORMAL設定でも最小FPSで60FPSを超えているので快適にプレイ可能でした。

鉄拳7

設定平均最小最大
最高535058
606060
606060
606060

鉄拳7は最低スペックとしてGTX 660、推奨でGTX1060以上を指定しています。計測はトレーニングモードで計測しました。高設定までは60FPSでいけましたが、最高設定にするとフレームレートの低下が始まりました。

ただ、設定を下げれば5年前のゲーミングPCでも十分プレイする事が可能だと感じました。Steam版は2017年6月2日に発売されたようです。

モンハンワールド

設定平均最小最大
291253

2018年の8月に発売されたSteam版のモンハンワールドです。PS4版をプレイ済みだったのですが、PS4からPCに移行しました。やっぱりモンハンワールドは面白い!間違いないです。全世界出荷本数1,000万本おめでとうございます。

話を戻して、古代樹の森でリオレウスを討伐した時のフレームレートが以上です。設定を一番低くしても正直辛いです。必要でGTX760、推奨でGTX1060なので無理だとは思っていましたが実際にプレイするとガクガクでモンスターの行動が読めないくらい厳しいです。

これはさすがにどうあがいても無理なのでPS4の方が快適にプレイできます!モンハンワールドのカテゴリーこのページで暇を見つけてどのモンスターが重いのかというログを取っていこうと思っています。最終的にはどのモンスターが一番重いランキングとか作りたいなと思っていますが、当分かかりそうですね。

FF15

設定平均最小最大
191239

2018年の3月に発売されたFF15ですが、これも重量級のゲームとなっております。マップ移動時には30FPS程度出ていたので大丈夫かと思いましたが、戦闘中にガクッとフレームレートが落ち込んで15FPS程度までになってしまいました。

これだとさすがにプレイは厳しい。

PUBG

設定平均最小最大
494257
非常に低い55571

非常に低い設定にしてプレイするとなんとかプレイする事は可能でした。低設定まで上げる事が可能でしたが、それ以上の設定にすると画面が固まっているくらいのフレームレートになってしまい、計測は断念しました。

非常に低いでも最小FPSが5となっているので突然のカクつき等もありました。

PUBGなどの滑らかな描画が重要なゲームの場合には144FPS出してゲーミングモニターでプレイするのがやっぱりおすすめなので推奨とされるGTX1060、または余裕を持ってGTX1070Tiくらいの性能が欲しい所ですね。

まとめ

もっと軽いゲームでGTX660の推奨を満たしたゲームもあるのでその世代のゲームに関してはプレイ可能ですが、重量級の最新ゲームとなるとさすがに5年前のゲーミングPCだと厳しいなと思いました。

PCゲームと言っても高画質で滑らかに画面を描画するタイプに主眼が置かれていないゲームなら現役で使えます。

例えば「RimWorld」「Factorio」「They Are Billions」「信長の野望」「三国志」などのシミュレーションゲームなどがメインで遊びたいという方なら5年前のゲーミングPCでも十分快適にプレイ可能です。

シミュレーションゲームって一回ハマると時間が瞬溶けするゲームもあるので(苦笑)かなり長い期間遊べるスパンはあると思います。

ただ、TPSやFPSなどのシューティングゲームや最新のアクションゲームなどはグラフィック要求がその世代のグラフィックボードが基準になってくるので厳しくなるという感じです。

例えば今ならRTX 20××シリーズが発売間近という状況ですが、これが基準になるのはまだ先になります。現状だとGTX1060がまだまだスタンダードな基準値でしょう。

PCゲーム的にはこれから時間をかけてシフトして推奨でRTX2060とかのゲームが発売されていくのが通例になります。

4Kとかをメインにと考えている方は最新世代のGPUがおすすめです。発売されたばかりの頃は高いですけどね。ロマンはあります。

最初の疑問に戻ってどのくらいのスパンで考えればいいの?という話ですが、2世代~3世代程度を目安にするのがいいと思います。RTX2060が発売されたらGTX960の方は買い替え検討するのがいいですね。

自己責任でグラフィックボードの換装で延命するか、まるごと買い替えて新品にするかという感じで運用していくのがおすすめになります。

追記:2018/11/22

ゲーミングPC複数台持ちのススメ【最新ゲームがプレイ出来なくてもOK】 古くなって最新のゲームについていけなくなったゲーミングPCを買い替えた後に残ったゲーミングPCを活用する方法についてまとめます。 ...

買い替えた後に古くなったゲーミングPCを運用する方法を書きました。メイン場所とは別の場所でゲーミングPCとして活用可能です。もちろんゲーミングPCなので5年経ってもその性能の高さは健在で他の作業ならラクラクこなせる処理能力を持っています。