ゲーミングPCレビュー

「G-Tune E5-144」の実機レビュー:Core i7-10875H搭載

マウスコンピューターさんから『G-Tune H5』の実機をお借りしたのでレビューしていきます。

G-Tune E5-144の特徴は8コア16スレッドで2.3GHz/TB時最大5.1GHzの「Core i7-10875H」プロセッサーを搭載し、グラフィックボードには「GeForce RTX2060」を搭載しているので最新ゲームを楽しみたい方におすすめのスペックとなっています。

パフォーマンスが高くRTX2060とは思えない性能に驚きました。

液晶は高速リフレッシュレート144Hz搭載で、ゲーミングノートPCとしては軽いのが特徴的です。

G-Tune E5-144のスペック

G-Tune E5-144
OSWindows10 64ビット
CPUCore i7-10875H
グラフィックGeForce RTX 2060(6GB)
メモリ16GB
SSD512GB NVMe対応
液晶15.6型 フルHDノングレア 
解像度1,920×1,080(144Hz)
無線Wi-Fi 6
重量約 1.77kg
動作時間 約 5.5時間

公式サイトはこちら

執筆時のスペックになります。現在の商品の詳細や価格については詳細ページにてご確認下さい。

外観

筐体のカラーはグレーです。マグネシウム合金なのでツルツルではなくサラサラとした質感です。天板は片手で開閉可能です。

箱を開けると天板やパームレスト、タッチパッドにもシートが貼られていて高級感が感じられました。

厚みも旧モデルの29.9mmから新モデルでは19.9mmに減っているのでスリムになって小型化しています。

入出力ポート

左側面側にはUSB3.1(常時給電対応)、マイク入力、ヘッドホン出力があります。左側にイヤホン端子があると右利きの方は便利に感じます。

右側面にはカードリーダー(micro SD)、USB3.0×2があります。

背面側にはThunderbolt 3、HDMI端子、有線LAN、電源の差し込み口があります。映像出力端子や有線LAN、電源が背面にあるのは便利です。

キーボード・タッチパッド

キーボードは全キー同時押し対応のメカニカルキーボードで10キー付き。仕様は100キー、キーピッチ約18.7mm、キーストローク約1.4mmです。打鍵音は静かでしっとりとした打ち心地です。

右奥には動作モードの切り替えスイッチと電源ボタンがあります。大きなタッチパッドが搭載。

LEDバックライトやライトバーも付いており付属ソフトでカラーの変更も可能です。

液晶

15.6型のフルHD(1920×1080)解像度で、ノングレア、144Hzの高速リフレッシュレート採用液晶です。WEBカメラは液晶下についているので気になる方は対策が必要になるかもしれません。

液晶は綺麗で、FPSゲームをプレイしてみると滑らかな描画で快適にプレイ出来ました。240Hzの方が滑らかですが、体感としては60Hzから144Hzの方が衝撃度としては大きいと思います。

重量

筐体

ACアダプター

本体が1,727gでACアダプターの重量は845gでした。本体とACアダプタを合計すると2,572gとなります。

このスペックのゲーミングノートPCとしては非常に軽いです。一般的なゲーミングノートPCは2kg~2.5kg程度ですが、数百gの差とは思えないくらい持った瞬間に「想像より軽いな」と思ってしまいました。

ゲーム性能

FireStrike

TimeSpy

3DMarkのFireStrikeはDirectX 11、TimeSpyはDirectX 12のパフォーマンス比較テストになります。製品レビューで出たノートPCのスコアを比較したグラフになります。

G-Tune E5-144はRTX2060搭載モデルですが、ゲーミングパフォーマンスが高いモデルです。

ACアダプタを230Wに強化した電力設定にすることで、CPUとグラフィックス性能を引き出し、滑らかな映像表現でゲームの没入感を高めます。

パフォーマンステスト結果としてこの一文の通りになっています。

  1. GCR2080RNF-E:RTX2080 | Core i7-9750H
  2. G-Tune H5:RTX2070 SUPER|Core i7-10875H
  3. G-Tune H7-MKB:RTX2070|Core i7-9750H
  4. GCR2070RGF-QC-G:RTX2070 Max-Q | Core i7-9750H
  5. G-Tune E5-144:RTX2060 | Core i7-10875H
  6. GCR2060RGF-E:RTX2060 | Core i7-9750H
  7. GCR1660TGF-QC-G:GTX1660Ti | Core i7-9750H
  8. GALLERIA GCL1650TGF:GTX1650Ti | Core i5-10300H
  9. G-Tune P5:GTX1650 | Core i7-10750H
  10. G-Tune P3:RX Vega M GH | Core i7-8709G

FF15のベンチマークでは6,000スコアで快適評価となります。こちらも3DMARKと同様に高いパフォーマンスが出ています。

こちらはFF14のベンチマーク実行時のスコア比較になります。7,000スコアを超えると最高評価の非常に快適になります。

CPU性能が高いのでRTX2070 Max-Q搭載の「GCR2070RGF-QC-G」を上回っています。RTX2080搭載の「GCR2080RNF-E」にも迫る勢いがあります。

軽いゲームであれば更に快適です。DQ10のベンチマークでは22,000スコアオーバーで最高評価、5,000スコアで快適とされているPSO2で40,000スコアオーバーを出しています。いずれも最高設定。

フォートナイト

最低画質設定:平均計測では165fps

シージ

最高画質設定:232fps

ApexLegends

最低画質設定:130fps

「G-Tune E5-144」なら144FPS以上出るタイトルが多いです。高FPS出してもCPU使用率は低めなので実況や配信を行う方にも適しているモデルです。

ゲーム性能まとめ

RTX2070 SUPER搭載の「G-Tune H5」とRTX2060搭載の「G-Tune E5-144」とGTX1650Ti搭載の「GALLERIA GCL1650TGF」で比較してみました。

「G-Tune E5-144」の重量級ゲームの対応力はかなり高いです。

G-Tune H5

高設定:AVG FPS:59fps(レイトレ無効だと74fps)

G-Tune E5-144

高設定:AVG FPS:49fps(レイトレ無効だと62fps)

最重量級ゲームの対応力となると「G-Tune H5」に軍配が上がります。メトロエクソダスのレイトレーシングをウルトラ、NVIDIA DLSSをオンにした高設定で比較すると10fps程度の差があります。

しかし、価格が違うのでここまで快適にプレイできる「G-Tune E5-144」は魅力的です。

重いゲーム
中程度のゲーム
軽いゲーム
FPS・TPSゲーム
  1. 重量級:FF15のベンチマーク:FF15の最高設定で快適評価です。最重量級だとRTX2070 SUPERやRTX2080がおすすめです。
  2. 中量級:FF14のベンチマーク:FF14の最高設定で非常に快適評価です。
  3. 軽量級:ドラクエ10や軽めのゲームの動作はかなり快適です。
  4. FPS・TPS:144Hz液晶を搭載しているので快適です。

CPU性能

CINEBENCH R20はCGレンダリング性能を測定するベンチマークテストです。Core i7-10875Hは8コア16スレッドなので性能差がかなり出ています。

ストレージ速度

容量は512GBGBのNVMe対応のSSDが搭載されています。HDDでカクつくゲームもあるのでNVMe SSDはカクつきを抑制する効果があるでしょう。

消費電力

アイドル時

3DMARK

消費電力はワットチェッカー(REX-BTWATTCH1)で計測しています。

温度

筐体の温度

FF14のベンチマークをパフォーマンスモードで1時間ループさせた際の温度をチェックしてみました。室温は26℃。キーボード周辺の最高温度が55℃でWASD周辺は30℃でした。

ゲーム中に多く使用するWASD周辺温度が低いので快適に使える印象ですが、中央の温度がかなり高温になっているので注意が必要になります。

温度に関しては購入時の液晶の袋に記載があります。「パフォーマンスモードで長時間高負荷状態でご利用された場合、キーボードおよび周辺の筐体が高温になることがありますので、ご注意下さい」と記載されています。

温度が気になる場合にはゲーム中は別途キーボードを接続して使用しても良いでしょう。

内部の温度

室温26℃環境での計測になります。計測ソフトはHWMONITOR-PROを用いてアイドル時と3DMARKのFireStrikeを実行した際の最大温度になります。内部の温度はそこまで高くないです。パフォーマンスモードで計測。

静音性

アイドル時41.6 db
Fire Strike52.3 db

アイドル時と3DMARKのFire Strikeを実行した時の騒音デシベルを計測しました。無響室で計測した訳で無く、一般的な住宅で計測した数値になっているので参考程度に見てみて下さい。パフォーマンスモードで計測。

まとめ

「G-Tune E5-144」は最新のゲームタイトルでも快適に楽しめるパフォーマンスを持った高性能グラフィックス「GeForce RTX2060」搭載。

ノートPC用途としては非常に高いパフォーマンスを持つ8コア16スレッドの「Core i7-10875H」プロセッサー搭載なのでゲームから動画編集などの重い作業にも適した高性能CPUです。

更に144Hzの滑らかな液晶でFPS・TPSゲームとも相性が良く快適にゲームに没入する事が出来ます。

特に筐体の軽さや薄さは魅力的です。持ち運びを考えている方にもおすすめのゲーミングノートPCです。

G-Tune E5-144の詳細を見る

G-TuneのノートPC一覧を見る

「G-Tune H5」の実機レビュー:Core i7-10875H搭載 マウスコンピューターさんから『G-Tune H5』の実機をお借りしたのでレビューしていきます。 G-Tune H5の特徴は8コア1...
「G-Tune P5」の実機レビュー:Core i7-10750H搭載 マウスコンピューターさんから『G-Tune P5』の実機をお借りしたのでレビューしていきます。 G-Tune P5の特徴は6コア1...
おすすめピックアップ記事