ゲーミングPCレビュー

「GALLERIA GCL1650TGF」の実機レビュー:GTX 1650Ti搭載

ドスパラさんから『GALLERIA GCL1650TGF』の実機をお借りしたのでレビューしていきます。

GALLERIA GCL1650TGFの特徴は4コア8スレッドで最大4.5GHzの「Core i5-10300H」プロセッサーを搭載し、グラフィックボードには「GeForce GTX1650Ti」が搭載しているのでコストを抑えてゲームを楽しみたい方におすすめのスペックとなっています。

「ノングレア液晶」は長時間プレイで疲労感の低減の効果が見込めます。キーボードの「LEDバックライト」は夜間時の作業も快適です。

また、「Wi-Fi 6」対応や「Windowsロックキー」が付いているのもGALLERIA GCL1650TGFの魅力になります。

GALLERIA GCL1650TGFのスペック

GALLERIA GCL1650TGF
OSWindows10 64ビット
CPUCore i5-10300H
グラフィックGTX 1650Ti(4GB)
メモリ16GB
SSD500GB NVMe対応
液晶15.6型 フルHDノングレア 
解像度1,920×1,080(60Hz)
無線Wi-Fi 6
重量約2.1kg
動作時間 約6.5時間

公式サイトはこちら

執筆時のスペックになります。現在の商品の詳細や価格については詳細ページにてご確認下さい。

外観

天板はスッキリしていてロゴも無いですね。シンプルな印象です。天板は片手で開閉すると筐体が浮いてしまいます。

入出力ポート

左側面側には有線LAN端子、USB2.0、マイク入力、へッドホン出力があります。左側にイヤホン端子があると右利きの方は便利に感じます。

有線LAN端子が左中央部に来ているので接続した場合には左利きの方は不便に感じるかもしれません。

右側面にはカードリーダー、USB3.2 gen1 Type-A x2があります。

背面側にはMini DisplayPort×2、HDMI端子、Type-C、電源の差し込み口があります。電源が背面にあるのは便利です。

キーボード・タッチパッド

キーボードは10キー付き。RGB LEDのバックライトです。ガレリアのロゴが左奥にあります。エンターキーは横長です。Fnキー+F2キーでWindowsロックやFnキー+F6またはF7でキーボードのLEDバックライトのオン・オフなどの機能が搭載されています。

ゲームモードとオフィスモードをワンタッチで切り替えるボタンと電源ボタンが右奥に付いています。タッチパッドはクリックボタンが無く、大きなタッチパッドが搭載されています。

液晶

15.6型のフルHD(1920×1080)解像度で、ノングレア液晶です。

高速リフレッシュレート対応モニターでは無いのでFPSがメインの方で必要な方は高速リフレッシュレート対応のゲーミングPCがおすすめです。

もしくは、別途ゲーミングモニターと接続しても良いでしょう。

重量

筐体

ACアダプター

本体が2016gでACアダプターの重量は570gでした。本体とACアダプターを合計すると2,586gとなります。

ゲーム性能

「GALLERIA GCL1650TGF」はCore i5搭載のGTX1650Ti搭載なのでエントリーモデルです。

G-Tune P5はGTX1650搭載モデルですが、CPUがCore i7-10750Hなので性能的に近くなっていますが、「GALLERIA GCL1650TGF」の方が少し高いゲームパフォーマンスとなりました。

「GCR1660TGF-QC-G」と比較すると性能差を感じます。

  1. GCR2080RNF-E:RTX2080 | Core i7-9750H
  2. GCR2070RGF-QC-G:RTX2070 Max-Q | Core i7-9750H
  3. GCR1660TGF-QC-G:GTX1660Ti | Core i7-9750H
  4. G-Tune P5:GTX1650 | Core i7-10750H
  5. G-Tune P3:RX Vega M GH | Core i7-8709G

重量級ゲームとなると執筆時の場合にはGTX1660Tiの性能は欲しいです。FF15のベンチマークでは6,000スコアで快適評価となります。

軽量品質でも比較してみました。設定を落とすと「GALLERIA GCL1650TGF」でも6,000スコアを超えています。

最高画質設定で重量級ゲームから中程度のゲームを中心に計測。

GTX1650Tiはエントリーモデルなので最新の重いゲームを高画質で快適に、となると少し厳しいですが画質設定を下げればプレイ可能なタイトルも多いでしょう。ビデオメモリ4GBでも画質設定を下げる事で消費量が減る場合が多いです。

高画質設定で快適にプレイしたい方は上位モデルの検討をおすすめします。

こちらはFF14のベンチマーク実行時のスコア比較になります。7,000スコアを超えると最高評価の非常に快適になります。7,000スコアを超えているので非常に快適評価です。

ビデオカードが搭載していないモデルと比較した場合にはGTX1650Tiを搭載しているので圧倒的にゲームでは快適です。

軽いゲームであれば更に快適です。DQ10のベンチマークでは19,000スコアオーバーで最高評価、5,000スコアで快適とされているPSO2で29,000スコアオーバーを出しています。いずれも最高画質設定。

ゲーム性能まとめ

重いゲーム
中程度のゲーム
軽いゲーム
  1. 重量級:FF15のベンチマーク:FF15のベンチマークでは最高設定で普通評価なので画質設定を下げる必要があるゲームが多いです。
  2. 中量級:FF14のベンチマーク:FF14の最高設定で非常に快適評価が出ています。ビデオメモリが4GBなので一つ評価を下げています。
  3. 軽量級:ドラクエ10やマインクラフト(非影MOD)を動作させるのであればかなり快適です。

CPU性能

CINEBENCH R20はCGレンダリング性能を測定するベンチマークテストです。同じ4コアの「Core i7-8709G」より高いスコアを記録。

制限解除

120FPS固定

実際のゲームのCPUをチェック。フォートナイトで場所はソルティ・スプリングスです。

4コアCPUなので高fpsを出した際に使用率が高くなると場合によってはカクつきに影響が出る場合があるのでチェックしてみました。制限解除すると150fpsで70%前後。

120fpsに制限をかけるとCPU使用率はグッと下がって、45%前後まで落ちているのでfps固定してしまえばかなり快適に使える印象です。4コアCPUですが、フォートナイトの推奨が「Intel Core i5 3.5 GHz(執筆時)」となっているので推奨は満たしているのである程度高fps出しても快適でした。

最高

最低

続いて人気ゲームのApexLegendsでもチェック。ApexLegendsの推奨スペックは「Intel i5 3570T(4コア4スレッドで最大3.30 GHz)」なので推奨を満たしていて快適に動作していました。場所はサルページ。

最新タイトルで重いゲームの場合に注意が必要になるかもしれませんが、4コア8スレッドあれば配信等をしなければ快適に動作するタイトルも多いでしょう。

思ったより「Core i5-10300H」が快適に動く事にびっくりしました。

ストレージ速度

容量は500GBGBのNVMe対応のSSDが搭載されています。HDDでカクつくゲームもあるのでNVMe SSDはカクつきを抑制する効果があるでしょう。

消費電力

アイドル時

3DMARK

消費電力はワットチェッカー(REX-BTWATTCH1)で計測しています。消費電力は少ないです。

温度

筐体の温度

FF14のベンチマークを1時間ループさせた際の温度をチェックしてみました。室温は26℃。キーボード周辺の中央部が熱くなっており45℃でWASD周辺は35℃でした。

ゲーム中に多く使用するWASD周辺温度が低いので快適に使える印象です。

内部の温度

室温24℃環境での計測になります。計測ソフトはHWMONITOR-PROを用いてアイドル時と3DMARKのFireStrikeを実行した際の最大温度になります。

静音性

アイドル時FireStrike実行時
41.5 db50.5 db

アイドル時と3DMARKのFire Strikeを実行した時の騒音デシベルを計測しました。無響室で計測した訳で無く、一般的な住宅で計測した数値になっているので参考程度に見て下さい。

まとめ

「GALLERIA GCL1650TGF」はコストを抑えて中程度、またはそれ以下のゲームを快適にプレイしたいという方におすすすめのモデルです。

価格のコストパフォーマンスは抜群でCore i5-10300H×GTX 1650Ti構成はコストを抑えてゲームをライトに楽しみたい方におすすめです。想像より快適にゲームが動いていました。

GALLERIA GCL1650TGFの詳細を見る

GALLERIAのノートPC一覧を見る

最軽量クラスのガレリア GCR1660TGF-QC-Gの実機レビュー ドスパラさんからガレリア GCR1660TGF-QC-Gの実機をお借りしたのでレビューしていきます。 ガレリア GCR1660TG...
おすすめピックアップ記事