ゲーミングPCレビュー

【ドスパラ】GTX965M搭載ガレリア QSF965HEの実機レビュー

head_game_note_qsf965he_b

ドスパラさんから『GALLERIA QSF965HE』の実機を貸して頂けたので性能含めてレビューしていきます。ガレリア QSF965HEはGTX965Mを搭載したコストパフォーマンスの高いゲーミングノートPCになります。

ネトゲなどをプレイしていて今お使いのPCが重いから新しいゲームも出来るノートPCが欲しいなというニーズにはぴったりだと思います。記事執筆時ではゲームノートPCランキング1位になっています。それも頷けるスペックと価格が両立している製品です。詳しくみていきましょう。

ガレリア QSF965HEの外観

天板

img_2051_r

天板はエッジのラインが入っておりゲーミングPCライクなデザインになっていてカッコイイです。ガレリアのロゴも黒によく映えています。

右側側面

img_2053_r_092416_015117_pm

右側側面にはオーディオ端子、USB×2、SDカードリーダーが配置されています。

左側側面

img_2054_r_092416_015225_pm

左側側面には特に何もありません。カスタマイズの項目を見ても光学ドライブのカスタマイズのオプションが無いので光学ドライブは非搭載になります。必要な方は外付けの光学ドライブが販売されているのでそれを使うという使い方になるかと思います。

前面

img_2052_r_092416_015407_pm

前面は赤のフィルターのような物がアクセントになっています。

img_2084_r

メッシュのようになっていますが、ここから熱が排出されるという事はありませんでした。

背面

img_2056_r_092416_015654_pm

背面から排熱される仕組みです。なのでゲームなどの高負荷時にはこちらから排熱されます。

img_2086_r

背面にあるのは電源とHDMI端子、LANポート、USB3.0×2、USB 3.1(TypeC)になっています。

正面

img_2066_r_092416_015814_pm

ディスプレイは非常に発色も良く見やすく綺麗です。キーボードはバックライトキーボードで赤く光ります。またゲームでよく使うWASDが赤く縁取られていて分かりやすくなっています。また、HD画質のWEBカメラも搭載しています。

キーボード

img_2061_r

全体的なキー配列は上記のようになっています。キーボード上部の左には電源ボタンがあります。右上にあるボタンはFANを最大まで上げて冷却するボタンです。

img_2060_r

ゲームプレイで嬉しいWindows Keyを無効にしてくれるキーも搭載しています。「Fn」キーと[F2]キーを押すことでWindows Keyを有効・無効に切り替える事が可能です。

タッチパッド

img_2062_r

タッチパッドはボタンの境目が見えない仕様になっています。

ガレリア QSF965HEのスペック

OSWindows10
CPUCore i7-6700HQ
GPUGeForce GTX 965M (4GB)
メモリ8GB(DDR4)
マザーボードHM170
HDDSSD 250GB+HDD 1TB
ディスプレイ 15.6 インチ フルHD 非光沢ワイド液晶ディスプレイ
サイズ386.25(幅)×264.9(奥行き)×37(高さ) mm
重量約 2.75kg

※情報は記事執筆時のものになります。最新の詳細は公式ページでご確認下さい。

各種ベンチマークを計測

ファイナルファンタジー XIV 蒼天のイシュガルド

2016-09-23_16h08_53_r

FF14の蒼天のイシュガルドのベンチマークはスコアが7000を超えると非常に快適の評価が出ます。最高品質だと7000を超えませんでしたが、高品質なら7000を超えてくるので十分快適に動作します。

設定画面サイズDirectXスコア
最高品質1920×1080115633
高品質1920×1080118069
標準品質1920×10801111522
最高品質1920×108097322
高品質1920×1080910169
標準品質1920×1080914290

ドラゴンクエストX

2016-09-23_15h43_30

ドラクエ10では最高品質ですごく快適評価が出ているので全く問題無く快適にプレイする事が可能です。

設定画面サイズスコア
最高品質1920×108015124
標準品質1920×108016294
低品質1920×108017889

ドラゴンズドグマオンライン

2016-09-23_17h21_13_r

スコアが7000を超えると「とても快適」の評価になります。スコアが7000を超えているのでドラゴンズドグマも快適にプレイ可能です。

設定画面サイズスコア
最高品質1920×10808574
標準品質1920×10808994
低品質1920×10808989

モンスターハンター第三弾(大討伐)

2016-09-23_17h41_49_r

通常時のMHFはもちろん問題無くプレイ可能です。High Grade Editionでも快適にプレイする事が可能なスペックです。

設定画面サイズスコア
最高設定1920×108011374

PSO2ベンチマーク ver.4

pso20160923_204546_000_r

公式では5001以上の性能があれば快適という見解が出ていますが、最高設定の簡易設定の6でも高い数値が出ています。PSO2でも快適にプレイ可能です。

設定画面サイズスコア
簡易設定6(最高設定)1920×108013406
簡易設定51920×108020501

3DMark

2016-09-23_19h15_35_r2016-09-23_19h15_54_r
2016-09-23_19h00_21_r2016-09-23_19h01_08_r

画像はクリックで拡大します。3DMarkは3Dゲームのパフォーマンスを計測する世界標準のベンチマークソフトです。 Fire StrikeについてはゲーミングPC用のベンチマークになるのでゲーミングPCの場合は基本的にFire Strikeを参考にするといいでしょう。Fire Strike Ultraは4Kでの3Dゲームのパフォーマンスを計測しています。

Graphics scoreはその名の通りグラフィックスのスコアになります。グラフィック性能だけ比較するならこの数値を比較しましょう。Physics scoreはCPUのスコアになり、combined scoreはCPUとGPUの総合的なスコアで最終的に総合的なスコアが一番上に出ているスコアになります。

3DmarkスコアGraphics scorePhysics scoreCombined score
Fire Strike5318609396092027
Fire Strike Ultra142013869620678

Time Spy

2016-09-23_18h48_54_r2016-09-23_18h50_20_r

Time SpyはDirect12に対応したベンチマークテストになります。

スコアGraphics scoreCPU test
188217233971

SSD&HDDの速度

2016-09-23_21h05_292016-09-23_21h12_24

SSDを搭載しているのでプレイ頻度の高いゲーム等をSSDにインストールして、普段使わないようなゲームや動画ファイルなどの大容量のファイルをHDDに振り分けて使い分ける事が可能です。

まとめ・総評

総評としては冒頭で述べた通り、スペックもオンラインゲームなどが快適に遊べるスペックで、価格もコストパフォーマンスに優れており人気が出るのも頷けます。ざっと競合他社のゲーミングノートPCを調べてみましたが、比較してもこのスペックと価格は無いと思います。(記事執筆時2016/09/25)

デメリットは無いの?と気になる方もいると思うので強いてあげるなら光学ドライブが非搭載な点です。ですが、人によっては全く使わないという方もいるのでここは好みが分かれるかと思います。

必要なら外付けの光学ドライブを使用するという手もあります。自宅で使うのであれば十分ですが、持ち運びを想定していてなおかつ光学ドライブを使用する頻度が高いのであればガレリア QHF965HEを選択するのも手です。

ガレリア QSF965HEの購入を検討している方の中にはガレリア QHF965HEも検討しているという方もいると思います。ガレリア QHF965HEも実機レビューしているので併せて参考にして下さい。

【ドスパラ】GTX965M搭載ガレリア QHF965HEの実機&性能レビュー

外観の違いもありますが、CPUの差、マザーボードの差、そしてバックライトキーボードの有無の差です。特にバックライトキーボードは個人的には絶対にあった方がいい派なのでガレリア QSF965HEを個人的には推したいです。

ただ、ガレリア QHF965HEには光学ドライブが搭載されているというメリットと価格が安いというメリットがあります。比較・検討して自分に必要な方を選択するのがいいでしょう。

ガレリア QHF965HE

qsf965he_410

CPU:Core i7-6700HQ
メモリ:8GB
GPU:GeForce GTX965M(4GB)

おすすめピックアップ記事