ゲーミングPCレビュー

【ドスパラ】ガレリア RJ5の実機レビュー( Ryzen 5 2600 GTX1660 )

ドスパラさんからガレリア RJ5の実機をお借りしたのでレビューしていきます。

ガレリア RJ5の特徴はCPUがRyzen 5 2600を搭載しているので6コア12スレッドで最大3.9GHz駆動のCPU、グラフィックボードにはNVIDIAの最新アーキテクチャーのTuring採用のGTX1660が搭載します。

コストパフォーマンスに優れたゲーミングPCを探している方におすすめのモデルとなっております。

気にポイント

  • 人気ゲームの『フォートナイト』や『Apex Legends』でどの程度快適にプレイできるの?
  • Core i7-8700と比較した場合には価格を下げる事ができるけれどどの程度差がある?
  • GTX1660Ti搭載モデルを選んだ方が良いのかな?

という点を検証したのでガレリア RJ5が気になっているという方はチェックしてみて下さい。

ガレリアのデスクトップPC一覧はこちら

まずはこちらのページでガレリアの製品の詳細や価格を把握すると理解がグッと深まります。今回レビューするのは気軽にゲームを始めたい方におすすめの「Rシリーズ」のGTX1660が搭載されているガレリアRJ5というモデルになります。

スペック

ガレリア RJ5
OSWindows10 64ビット
CPURyzen 5 2600
グラフィックGTX1660 6GB GDDR5
メモリ8GB
ストレージSSD 240GB HDD 1TB
マザーボードB350

価格・詳細はこちら

レビュー機のスペックになります。現在の商品の詳細や価格については詳細ページにてご確認下さい。

外観をチェック

PCケースはガレリア専用のKTMケースです。D・M・Rシリーズに採用されているミニタワー型になります。

左側面にはサイドにメッシュ加工がされており、高温になりがちなCPUとGPUを冷却する機構になっています。

右側面には何もありません。

前面インターフェース部はUSB3.0×2、SDカードリーダー、マイク入力×1、ヘッドフォン出力×1、リセットボタン、電源ボタンが並んでいます。その下にはアクセスランプがあります。

天板は完全にフラットです。光学ドライブは搭載されていないので必要な方はカスタマイズしましょう。

背面は電源が上にあります。背面のファンは12cmです。

内部パーツをチェック

内部も見ていきましょう。右側の上段が5インチベイ、下段が3.5インチベイの格納になっています。

CPUファンにはトップフロー型のAMD静音CPUファンが搭載されていました。SSDはM.2ですね。240GBなので500GBにカスタマイズするのもおすすめです。

メモリは8GBですが、16GBにカスタマイズ不可になります。ここは重量級ゲームをプレイする場合にはメモリ16GB指定がありますので注意が必要な点でしょう。

GPUはNVIDIA GEFORCE GTX 1660が搭載されています。アーキテクチャはTuringでビデオメモリは6GB /GDDR5となります。

GTX1660Tiは6GB /GDDR6ですのでその辺りを落として価格のコスパを重視したミドル帯のビデオカードです。リアルタイムレイトレーシングに関しては機能としては使えるのですがパフォーマンス的には厳しいのでゲームを動かすというよりグラフィックを少し見れる程度と考えておきましょう。

DVI-D×1、HDMI端子x1、DisplayPort端子×1が装備されています。

パーツのメーカーに関しては状況により変更される可能性があります。レビュー機ではこのメーカーのパーツが搭載されていましたという情報になります。

ゲーム性能をチェック

3DMARK

Fire Strike

Time Spy

3DMarkは3Dゲームのパフォーマンスを計測するベンチマークソフトです。これだけですと分かりづらいと思いますので以下で近い製品レビューで出たスコアと比較してみました。

3DMARK Fire Strikeスコア比較

製品レビューで取得したFireStrikeのグラフィックカード別グラフィックスコアの比較になります。GTX1650とはかなり差があります。

3DMARK TimeSpyスコア比較

製品レビューで取得したTimeSpyのグラフィックカード別グラフィックスコアの比較になります。GTX1660はTuringアーキテクチャなのでDirectX 12のゲームとの相性が良いです。前世代のPascalと比較するとGTX1060を凌駕するパフォーマンスを持っています。

ファイナルファンタジー XV

FF15のベンチマークではスコアが12,000を超えると最高評価の非常に快適になりますが6,000で快適評価ですので6,000が出ていれば良いでしょう。重量級ゲームの場合には高画質設定で重いと感じた場合には高設定~中設定に下げる必要が出てくるでしょう。

解像度設定スコア評価
1920×1080高品質5584 / 55 fpsやや快適
標準品質7338 / 73 fps快適
軽量品質9173 / 91 fpsとても快適

 ファイナルファンタジー XIV 漆黒のヴィランズ

FF14の漆黒のヴィランズのベンチマークはスコアが7000を超えると非常に快適の評価が出ますが10,000オーバーなのでFF14を楽しむ事が出来るでしょう。中程度の重さのタイトルの場合にはGTX1660搭載機は快適に使える場合が多いでしょう。

解像度設定スコア評価
1920×1080最高品質10966 / 85 fps非常に快適
11259 / 90 fps
標準13541 / 127 fps

アサシンクリードオデッセイ

アサシンクリードオデッセイ解像度設定FPS
フルHD
1920×1080
最高41
56
70

フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。

CPUの性能の差はここをチェック

最高設定だとCPU性能よりGPU性能の方が重要になるのでビデオカードから選定するのが良いでしょう。ただ、比較してみると高設定~低設定時に同じGTX1660を使用していてもCore i7-8700と乖離が大きくなります。

フレームレートをより出したい方はCore i7-8700搭載機を、コスパを重視したい方はRyzen 5 2600の方が価格を抑える事が可能ですので選び方の基準になるでしょう。

モンスターハンターワールド

モンスターハンターワールド解像度設定FPS
フルHD
1920×1080
最高48
66
79

古代樹の森1-2を周回した時のフレームレートです。重量級ゲームは高設定辺りで運用するのが良いでしょう。

Apex Legends

解像度設定FPS
フルHD
1920×1080
最高79(52)
最低126(93)

スカルタウンにパラシュート降下した際のフレームレート。フルスクリーン、視界:90、色覚特性モード:オフ、垂直同期:無効、解像度適応の目標fps:0、設定:最高は右に全て設定、最低は左に全て設定になります。かっこ内の数値は最小fpsです。

最低設定:107fps

最低設定117fps

ApexLegendsは執筆時では144fpsキャップとなっているのでそれ以上は出ないのですが、144Hzのゲーミングモニターを使う場合でも活かせるスペックと言えます。ApexLegendsで重いのがパラシュート降下した時ですが100fps程度出ています。

追記:垂直同期を適用型(1/2レート)にする事でFPSを解除できるようです。

フォートナイト

解像度設定FPS
フルHD
1920×1080
エピック97
173

場所:ダスティデボにて。3D解像度は100%に変更。

エピック:99fps

低:186fps

GTX1660搭載しているので人気ゲームもプレイ出来て楽しむ事が出来ます。

人気ゲームがプレイ出来る点を考慮すると買い得感が高いゲーミングPCと言えるでしょう。

重量級のゲームの場合、例えばFF15はメモリが16GB指定ですので重量級ゲームをプレイする方はメモリ16GB搭載モデルを選びましょう。

CPU性能をチェック

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20はCinebenchの最新バージョンになります。レンダリングに必要な演算能力が約8倍、メモリ消費量も4倍に引き上げられたそうです。また、CINEBENCH R15とは比較出来ません。CPU 2784、CPU(single-Core) 380を記録しました。

マルチ比較

シングル比較

ゲームですとシングルスレッドの性能が重要になってきます。そうなるとCore i5-9400Fの方が強みが出てきますが、Ryzenはクリエイティブに強みもありますのでその辺りが選定基準になるでしょう。

ストレージの速度をチェック

SSD

HDD

240GB搭載のSSDが搭載されているのでパソコンの動作のサクサク感が感じられます。容量は上述の通りカスタマイズ可能なので500GBにカスタマイズもおすすめです。

静音性のチェック

アイドル時3DMARK FireStrike実行時
46.1 db47.2 db

アイドル時と3DMARKのFire Strikeを実行した時の騒音デシベルを計測しました。無響室で計測した訳で無く、一般的な住宅で計測した数値になっているので参考程度に考えて下さい。リアケースファンに山洋 12cm 静音FANがカスタマイズ可能なので検討してみても良いでしょう。

消費電力のチェック

アイドル時

3DMARK

消費電力はワットチェッカー(REX-BTWATTCH1)で計測しています。アイドル時69.1W、3DMARKのFire Strike実行時には180Wでした。

温度のチェック

室温24℃環境での計測になります。計測ソフトはHWMONITORを用いてアイドル時と3DMARKのFire Strikeのベンチマークを実行した温度になります。CPU温度・GPU温度ともに低めでしょう。

まとめ

人気ゲームの『フォートナイト』や『Apex Legends』はプレイ出来ます。コスパを重視して遊びたい方におすすめです。

フレームレートをより出したい方はCore i7-8700搭載機を、コスパを重視したい方はRyzen 5 2600搭載機もアリです。

重量級ゲームは高~中設定まで落とす必要があるのとメモリが8GBしか搭載出来ない(執筆時)という部分が気になる方はGTX1660Ti搭載モデルを選んだ方がフレームレートはより出てメモリ16GB指定の推奨動作要件のゲームタイトルを満たす事も出来るのでガレリア RT5ガレリア XTもおすすめです。

ガレリアRJ5がおすすめな方

  • ゲーミングPCが高いと感じている方
  • 人気ゲームもできるコスパモデルのゲーミングPCが欲しい方
  • ミニタワー型のコンパクトなサイズ感が欲しい方

GALLERIA RJ5の価格・詳細はこちら

ガレリアのデスクトップPC一覧はこちら

おすすめピックアップ記事