ゲーミングPCレビュー

「GALLERIA XL7C-R36H」の実機レビュー | ダイヤモンドカットの高級感が凄い

GALLERIA XL7C-R36Hレビュー

サードウェーブさんから「GALLERIA XL7C-R36H」の実機をお借りしたのでレビューしていきます。

「GALLERIA XL7C-R36H」の特徴は、14コア20スレッドの「Core i7-12700H」と「GeForce RTX 3060」が搭載しているので、快適に高画質でゲームを楽しみたい方におすすめのゲーミングノートPCです。

また、大画面の16インチかつ、リフレッシュレート165Hz対応なのも特徴的なモデルとなっています。

GALLERIA XL7C-R36Hのスペック

GALLERIA XL7C-R36H
GALLERIA XL7C-R36HCPUCore i7-12700H
グラフィックRTX 3060(6GB)
メモリ16GB
SSD512GB NVMe SSD
液晶16インチ WUXGA
165Hz
無線Wi-Fi 6
重量約2.15kg
動作時間 約7.1時間

公式サイトはこちら

執筆時のスペックになります。現在の商品の詳細や価格については詳細ページにてご確認下さい。

外観デザイン

外観デザイン

カラーはグレー色で、WEBカメラは液晶上部に設置されています。液晶は16インチでWUXGA解像度(1920×1200)、リフレッシュレートは165Hzです。

軽量・薄型ボディを実現しており、最薄部は20mmとなっています。

液晶はノングレアパネル採用なので、映り込みが少なく長時間のゲームや作業に最適です。

ダイヤモンドカット

天板にはGALLERIAのロゴが配置されています。天板の開閉は片手でも筐体が浮かないので、使い勝手が良いです。

筐体は耐久性の高いアルミボディを採用し、エッジにはダイヤモンドカットが装飾されています。

アルミボディは筐体に触っても指紋が付かないので、実際に使用する上で指紋が気にならないのが嬉しいポイントです。ダイヤモンドカットは、光が当たると反射して高級感が感じられます。

ダイヤモンドカットがあるだけで高級感がまるで違うので、正直カッコいい!と思わずにはいられません。

シンプルで洗練されたスタイリッシュな筐体を求める方におすすめの外観デザインです。

入出力ポート

入出力ポート

左側面にはセキュリティスロット、USB3.2 Type-C、USB3.2、SDカードリーダー、マイク/イヤホン出力端子があります。左側にイヤホン端子があると右利きの方は便利に感じます。

右側面にはThunderbolt4、USB3.2、HDMI2.1、電源があります。電源の位置が右奥にあるので接続時に煩わしさを感じないです。

背面側には何もありません。

外付けのSSDを接続してストレージを確保したり、外部モニターと接続してマルチディスプレイ化したり、マウスなどのUSB機器と接続する際にも過不足なく対応可能です。

有線LANアダプタはカスタマイズで対応可能

有線LANアダプタはカスタマイズで対応可能。

有線LANポートはありませんが、「GALLERIA XL7C-R36H」のカスタマイズオプションで、USB接続の有線LANアダプタを追加購入出来ます。

FPSゲームなどの対戦ゲームで有線接続したい方はカスタマイズもおすすめです。

キーボード

キーボード

キーボードはテンキーありです。日本語配列100キーボードとなっています。

視認性を高めるホワイトバックライトが搭載しているので、場所を問わず快適に文字打ちが行なえます。

タッチパッドは「GALLERIA XL7C-R36」と比較して、35%大きくなったそうです。タッチパッドが大きいと使い勝手が良いです。

重量

重量

本体が2,118gでACアダプターの重量は480g(コンセント含む)でした。

本体重量は軽量のモデルとなっています。

ACアダプターも、従来モデルと比較すると軽量で小型化しています。

ゲーム性能

「GALLERIA XL7C-R36H」のゲーム性能はどの程度快適なのかをチェックしました。計測は有線接続で行っています。

3DMARK

TimeSpy

3DMARKのTimeSpyはDirectX 12のパフォーマンスを計測する定番ベンチマークソフトです。

構成3DMARK TimeSpy
Core i9-12900H
RTX 3070 Ti
11074
Core i7-11800H
RTX 3070
10088
Core i7-12700H
RTX 3060
7794
Core i5-11400H
RTX 3050 Ti
5362
Core i7-11800H
RTX 3050
5234
Core i5-11400H
GTX 1650
3941
Core i7-1165G7
Iris Xe グラフィックス
1666

表は当サイトでテストしたノートPCのTimeSpyの参考スコア比較です。

RTX 3060は、重いゲームも快適動作する性能が魅力なので人気が高いです。ビデオメモリも6GB搭載しているので、様々なゲームに対応する事が可能です。

ファイナルファンタジー15

FF15ベンチマーク
解像度設定スコア / FPS / 評価
フルHD
1920×1080
7654 / 76 fps【快適
標準10122 / 101 fps 【とても快適
軽量13313 / 133 fps【非常に快適

フレームレートはスコアから算出した数値になります。

ファイナルファンタジー15は重量級ゲーム。スコアの評価としては6,000スコアで「快適」、12,000スコアで「非常に快適」になります。

重量級ゲームもプレイ可能な高いゲーミングパフォーマンスを持っています。

ファイナルファンタジー14

FF14ベンチマーク
解像度設定スコア / FPS / 評価
フルHD
1920×1080
最高17491 / 122 fps【非常に快適
20522 / 147 fps【非常に快適
標準23445 / 171 fps【非常に快適

フレームレートはレポート出力の平均フレームレートの数値になります。

ファイナルファンタジー14は中程度の描画負荷のゲーム。暁月のフィナーレは8,000スコアで「快適」、15,000スコアで「非常に快適」評価になります。

PSO2:NGS

PSO2:NGSベンチマーク
解像度設定スコア / 評価
フルHD
1920×1080
ウルトラ15108【快適
39632【快適
最低48018【快適

PSO2:NGSは「10,001以上」のスコアで「快適」評価です。「5,001~10,000」で標準的な動作、「5,000未満」で重い動作判定となります。最高設定で「快適」評価です。

フォートナイト

最高設定

フォートナイト最高設定fps
最低設定

フォートナイト最低設定fps

人気TPSゲームのフォートナイトの最高画質では90fps前後。最低では280fps前後を記録しました。

165Hzの高リフレッシュレート液晶を搭載しているので、滑らかな描画でフォートナイトを快適に楽しめます。

解像度設定FPS
フルHD
1920×1080
最高
93
285

「TILTED TOWERS BENCHMARK」の平均fps。3D解像度は100%に変更。レイトレーシング / NVIDIA DLSS無効で計測。DirectX12を有効。

ApexLegends

最高設定

ApexLegends最高設定fps
最低設定

ApexLegends最低設定fps

人気FPSゲームのApexLegendsでは最高画質130fps前後、最低では200fps前後を記録しました。

対戦シューターゲームと高リフレッシュレート液晶の相性が良く、滑らかな描画で快適です。ApexLegendsも快適に楽しめます。

解像度設定FPS
フルHD
1920×1080
最高
136
206

計測場所:ストームポイント「座礁区域」の平均fps。

ゲーム性能まとめ

ここまでをまとめます。

「GALLERIA XL7C-R36H」は、描画負荷の高い重いゲームや、FPS/TPSゲーム等で高フレームレートを出したい場面で活躍する高性能グラフィックス&CPUを搭載しています。

165Hz液晶搭載で滑らかな描画で快適にゲームを楽しめます。

重いゲーム
中程度のゲーム
軽いゲーム
FPS・TPSゲーム
  1. 重量級:FF15:最高設定で快適評価。
  2. 中量級:FF14:最高設定で非常に快適評価。
  3. 軽量級:ドラクエ10、マインクラフト、VALORANTなどの軽めのゲームの動作ならかなり快適です。
  4. FPS / TPS:165Hz液晶を搭載しているので快適です。

CPU性能

CPU性能

CINEBENCH R23 / R20はCGレンダリング性能を測定するベンチマークテストです。

製品名CINEBENCH R23マルチスコア比較
Core i9-12900H
17250
Core i7-12700H
14751
Core i7-11800H
12727
Ryzen 7 5800H
12089
Ryzen 7 4800H
11368
Core i5-11400H
9979
Core i7-1165G7
5868

CINEBENCH R23マルチスコア参考スコア比較です。

Core i7-12700Hは、処理能力に優れた14コア20スレッドで最大4.7GHz駆動のCPUです。

最新ゲームやゲーム実況・配信、動画編集、3DCG、DTMなど、高負荷な作業でも活躍できる高性能CPUです。

ベンチマーク

ベンチマーク
PCMark 10EssentialsProductivityDCC
7,27310,39610,0809,963

パソコンの総合的なパフォーマンスを計測するベンチマークソフトが「PCMark 10」です。

Essentialsはアプリケーションの起動速度、Webブラウジング、ビデオ会議などのPCの基本性能を計測します。スコアは4,100以上が推奨です。

Productivityはオフィスソフトの性能で4,500以上が推奨、Digital Content Creation(DCC)は写真編集、動画編集などのクリエイティブ系ソフト性能のスコアとなっており、3450以上が推奨されています。

いずれも倍以上推奨よりスコアが上回っているので、普段使いからビジネス用途、動画の編集まで快適に使える性能です。

ストレージ速度

ストレージ速度

容量は512GBのNVMe SSDが搭載されています。HDDでカクつくゲームもあるのでNVMe SSDにゲームをインストールするのがおすすめです。

「GALLERIA XL7C-R36H」は、容量が512GBからカスタマイズする事が出来ないので、容量をカスタマイズして増やしたかった方は、イマイチなポイントになるかもしれません。

消費電力

アイドル時高負荷時
アイドル時高負荷時

消費電力はワットチェッカー(REX-BTWATTCH1)で計測しています。高負荷時は「3DMark FireStrike」実行時の数値です。

温度

筐体の温度

筐体の温度

「FF14 暁月のフィナーレ」ベンチマークをフルHD/最高品質で、1時間ループさせた際の温度をチェックしてみました。

室温は26℃。キーボード周辺の最高温度が57℃でWASD周辺は40℃前後でした。

負荷が高いゲームを長時間プレイするとキーボードが熱くなるので、外部キーボードを使用してプレイするのがおすすめです。

内部の温度

内部の温度

計測ソフトは「HWMONITOR-PRO」を用いて、「アイドル時」「3DMARKのFireStrike」「CINEBENCH R23」を10分間実行した際の最大温度です。

室温26℃環境での計測になります。

静音性

静音性
アイドル高負荷時
40.2 db51.7 db

アイドル時と3DMARKのFire Strikeを実行した時の騒音デシベルを計測しました。

無響室で計測した訳で無く、一般的な住宅で計測した数値になっているので参考程度に見てみて下さい。比較的静かな動作音です。

まとめ

まとめ

「GALLERIA XL7C-R36H」は、筐体の外観デザインが洗練されており、ダイヤモンドカットの高級感には驚きです。

性能面では重いゲームタイトルでも楽しめる人気の高性能グラフィックス「GeForce RTX 3060」を搭載しているので、重いゲームやFPSゲームも高画質で楽しめます。

CPUには14コア20スレッドの「Core i7-12700H」搭載なので、普段使いからゲーム、動画編集などの重い用途にも適した高性能CPUです。

イマイチな点としては、メモリやストレージの容量をカスタマイズ出来ない点です。人によっては残念に感じる方もいるかもしれません。

おすすめポイント
  • ベゼル薄の16インチ(薄型スリムボディ)
  • 高級感を感じるスタイリッシュな外観デザイン
  • 高画質でゲームを楽しめる
  • 滑らかな165Hz液晶搭載
  • 暗所でも快適なLEDによる光るキーボード搭載

GALLERIA XL7C-R36Hの詳細はこちら

GALLERIA公式サイトはこちら

「GALLERIA UL7C-R36」の実機レビュー RTX 3060搭載 ドスパラさんから「GALLERIA UL7C-R36」の実機をお借りしたのでレビューしていきます。 「GALLERIA UL7C-...
「GALLERIA UL7C-R37」の実機レビュー RTX 3070搭載 ドスパラさんから「GALLERIA UL7C-R37」の実機をお借りしたのでレビューしていきます。 GALLERIA UL7C-R...
おすすめピックアップ記事