グラフィックボードから選ぶ

GeForce RTX RTX20シリーズのスペック・性能ベンチマーク比較【RTX2080Ti / RTX2080 / RTX2070 / RTX2060】

GeForce RTX 20シリーズのRTX2080Ti、RTX2080、RTX2070、RTX2060でベンチマーク含めて比較しました。ゲーミングPC選びの参考にしてみて下さい。

RTX20シリーズの特徴

Turingアーキテクチャはレイトレーシング専用の『RTコア』が搭載しグラフィックの変革があり、AI的な処理でRTコアを補助する『Tensorコア』が搭載し、Tensorコアはアンチエイリアス処理の『DLSS(Deep Learning Super Sampling)』も担当します。また、VRAM(ビデオメモリ)の規格がGDDR6という特徴もあります。

RTX20シリーズのスペック比較

仕様RTX2060RTX2070RTX2080RTX2080Ti
アーキテクチャTuring(TU106)Turing(TU106)Turing(TU104)Turing(TU102)
製造プロセス12nm FNN12nm FNN12nm FNN12nm FNN
CUDA コア数1920230429444352
ベースクロック1365 MHz1410 MHz1515 MHz1350 MHz
ブーストクロック1680 MHz1710 MHz(FE)/
1620 MHz
1810 MHz(FE)/
1710 MHz
1635 MHz(FE)/
1545 MHz
メモリGDDR6/6GBGDDR6/8GBGDDR6/8GBGDDR6/11GB
メモリ速度14 Gbps14 Gbps14 Gbps14 Gbps
メモリバス幅192bit256bit256bit352bit
RTX-OPS37T45T(FE)/
42T
60T(FE)/
57T
78T(FE)/
76T
消費電力160W185W(FE)/
175W
225W(FE)/
215W
260W(FE)/
250W
補助電源8ピン8ピン8ピン+6ピン8ピン×2

3DMARKのグラフィックスコア比較

GPU3DMARK Fire Strike(GraphicsScore)
RTX2080Ti
32929
GTX1080Ti
28590
RTX2080
27106
RTX2070
21920
GTX1080
21829
GTX1070Ti
19524
RTX2060
19096
GTX1070
17974
GTX1060(6GB)
12924
GTX1060(3GB)
12232
GTX1050Ti
7430
GTX1050
6836

RTX2060はGTX1070Ti相当なメインストリーム、RTX2070はGTX1080相当、RTX2080はGTX1080Ti寄りの性能、RTX2080Tiはハイエンドになります。

RTX2060はVRAM(ビデオメモリ)が6GBなのでフルHD~WQHDが想定ターゲットになります。RTX2070はより快適に動作し、RTX2080から4Kが視野に入ります。RTX2080TiはVRAMが11GBだったりスペックが高く本格的に4Kゲーミングが快適に行えるラインになります。

ゲームのベンチマークをチェック

高解像度のモニター(4K、ウルトラワイド、WQHDなど)や、リフレッシュレートの高いゲーミングモニター(144Hz、240Hzなど)でプレイされる方など様々な選択肢がありますが、現在の推奨スペックとしてはフルHD×60FPSというのが基準になります。

公式が発表する推奨スペックというのが1920×1080という解像度で設定はタイトル毎ですが、60FPSで動作するというのが快適にゲームを楽しむ指標となっております。

なのでフルHDの最高設定の重い順ランキングで掲載しています。実際のゲーム内のベンチマークや特定の同様のコース等で計測したフレームレートの数値比較になります。

Ghost Recon Wildlands(ゴーストリコンワイルドランズ)

解像度RTX2060RTX2070RTX2080RTX2080Ti
4K
3840×2160
27 FPS31 FPS39 FPS47 FPS
WQHD
2560×1440
45 FPS51 FPS61 FPS72 FPS
フルHD
1920×1080
58 FPS64 FPS76 FPS88 FPS 

画質設定:ウルトラ、フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。RTX2080Ti×Core i9-9900K、RTX2080×Core i7-9700K、RTX2070×Core i7-9700K、RTX2060×Core i7-8700

 

Assassin’s Creed ODYSSEY(アサシンクリード オデッセイ)

解像度RTX2060RTX2070RTX2080RTX2080Ti
4K
3840×2160
26 FPS36 FPS42 FPS52 FPS
WQHD
2560×1440
46 FPS54 FPS62 FPS73 FPS
フルHD
1920×1080
60 FPS66 FPS71 FPS83 FPS 

画質設定:最高、フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。RTX2080Ti×Core i9-9900K、RTX2080×Core i7-9700K、RTX2070×Core i7-9700K、RTX2060×Core i7-8700

 

BATTLEFIELD V(BF5 / バトルフィールド5)

解像度RTX2060RTX2070RTX2080RTX2080Ti
4K
3840×2160
33 FPS41 FPS53 FPS68 FPS
WQHD
2560×1440
39 FPS74 FPS93 FPS113 FPS
フルHD
1920×1080
70 FPS103 FPS124 FPS151 FPS 

画質設定:最高、DirectX12.DXR無効、『祖国の為に』の開始地点。RTX2080Ti×Core i9-9900K、RTX2080×Core i7-9700K、RTX2070×Core i7-9700K、RTX2060×Core i7-8700

 

モンスターハンターワールド(MHW)

解像度RTX2060RTX2070RTX2080RTX2080Ti
4K
3840×2160
24 FPS27 FPS34 FPS46 FPS
WQHD
2560×1440
49 FPS56 FPS69 FPS90 FPS
フルHD
1920×1080
76 FPS87 FPS103 FPS130 FPS 

画質設定:最高設定、フレームレートは古代樹の森1-2を周回した時のフレームレートです。RTX2080Ti×Core i9-9900K、RTX2080×Core i7-8700K、RTX2070×Core i7-9700K、RTX2060×Core i7-8700

 

グランド・セフト・オートV(GTA5)

解像度RTX2060RTX2070RTX2080RTX2080Ti
4K
3840×2160
28 FPS36 FPS42 FPS54 FPS
WQHD
2560×1440
55 FPS71 FPS84 FPS105 FPS
フルHD
1920×1080
79 FPS102 FPS117 FPS135 FPS 

可能な限り最大設定。高度なグラフィックオプションはオフ。RTX2080Ti×Core i9-9900K、RTX2080×Core i7-9700K、RTX2070×Core i7-9700K、RTX2060×Core i7-8700

 

ファイナルファンタジー XV(FF15)

ファイナルファンタジー
解像度RTX2060RTX2070RTX2080RTX2080Ti
4K
3840×2160
32 FPS37 FPS47 FPS59 FPS
WQHD
2560×1440
58 FPS66 FPS82 FPS101 FPS
フルHD
1920×1080
80 FPS89 FPS109 FPS130 FPS 

バージョン1.2、画質設定:高品質設定、フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。RTX2080Ti×Core i9-9900K、RTX2080×Core i7-9700K、RTX2070×Core i7-9700K、RTX2060×Core i7-8700

 

ウィッチャー3

解像度RTX2060RTX2070RTX2080RTX2080Ti
4K
3840×2160
36 FPS47 FPS49 FPS68 FPS
WQHD
2560×1440
63 FPS73 FPS86 FPS111 FPS
フルHD
1920×1080
85 FPS95 FPS115 FPS122 FPS 

『大祭司広場』にて特定のコースで周回した時のフレームレートになります。グラフィック設定はプリセットの最高+高+環境閉塞HBAO+(後処理)、高+中+環境閉塞なし(後処理)、低+低(後処理)。RTX2080Ti×Core i9-9900K、RTX2080×Core i7-8700K、RTX2070×Core i7-9700K、RTX2060×Core i7-8700

 

Shadow of the Tomb Raider (シャドウ オブ ザ トゥームレイダー)

解像度RTX2060RTX2070RTX2080RTX2080Ti
4K
3840×2160
31 FPS35 FPS43 FPS55 FPS
WQHD
2560×1440
58 FPS– FPS79 FPS97 FPS
フルHD
1920×1080
87 FPS93 FPS113 FPS131 FPS 

TAA,Direct X12、画質設定:最高、フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。RTX2080Ti×Core i9-9900K、RTX2080×Core i7-9700K、RTX2070×Core i7-9700K、RTX2060×Core i7-8700

 

Far Cry 5 (ファークライ5)

ファークライ5
解像度RTX2060RTX2070RTX2080RTX2080Ti
4K
3840×2160
39 FPS46 FPS55 FPS74 FPS
WQHD
2560×1440
76 FPS86 FPS99 FPS121 FPS
フルHD
1920×1080
106 FPS114 FPS117 FPS125 FPS 

画質設定:最高、フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。RTX2080Ti×Core i9-9900K、RTX2080×Core i7-9700K、RTX2070×Core i7-9700K、RTX2060×Core i7-8700

 

ファイナルファンタジー XIV 紅蓮の解放者

解像度RTX2060RTX2070RTX2080RTX2080Ti
4K
3840×2160
42 FPS50 FPS64 FPS80 FPS
WQHD
2560×1440
87 FPS98 FPS117 FPS136 FPS
フルHD
1920×1080
120 FPS132 FPS143 FPS165 FPS 

画質設定:最高、フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。RTX2080Ti×Core i9-9900K、RTX2080×Core i7-9700K、RTX2070×Core i7-9700K、RTX2060×Core i7-8700

 

Fortnite(フォートナイト)

解像度RTX2060RTX2070RTX2080RTX2080Ti
4K
3840×2160
38 FPS54 FPS65 FPS76 FPS
WQHD
2560×1440
84 FPS106 FPS126 FPS155 FPS
フルHD
1920×1080
130 FPS157 FPS191 FPS230 FPS 

画質設定:エピック、3D解像度は100%に変更済み、場所:ダスティディボット。RTX2080Ti×Core i9-9900K、RTX2080×Core i7-9700K、RTX2070×Core i7-9700K、RTX2060×Core i7-8700

 

Forza Horizon 4(フォルツァ ホライゾン 4)

解像度RTX2060RTX2070RTX2080RTX2080Ti
4K
3840×2160
56 FPS60 FPS71 FPS89 FPS
WQHD
2560×1440
79 FPS83 FPS101 FPS117 FPS
フルHD
1920×1080
96 FPS100 FPS122 FPS135 FPS 

画質設定:ウルトラ、フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。RTX2080Ti×Core i9-9900K、RTX2080×Core i7-8700K、RTX2070×Core i7-9700K、RTX2060×Core i7-8700

RTX20シリーズの比較まとめ

中程度の重さのゲームから重量級と呼ばれる重いゲームタイトルまで一通り計測しましたが、RTX2060の性能であればほとんどのタイトルで60FPSを目指せて、4KゲーミングならRTX2080Tiが理想というのが実際のゲームをプレイして感じます。数値的にも明らかですね。

RTX2070はRTX2060と比較してビデオメモリの容量が多いのでMODゲーマーの方や将来に備えてよりスペックの余裕を持ちたい方やWQHD解像度でのゲームプレイに期待したい方におすすめなグラフィックカードです。

RTX2080は設定を中~高設定で4Kゲーミングというのが視野に入り、DLSS対応タイトルであればフレームレートの伸びに期待出来、DXR対応タイトルでも余力があり、VR、ウルトラワイドモニターなどPCゲームにまつわるあらゆる分野を堪能する事がRTX2080Tiと比較すると安価な価格で出来る魅力があるので価格以上のコスパが際立つと個人的には感じます。

更に詳細なベンチマークはこちら

おすすめピックアップ記事