G-Tune(マウスコンピューター)

【公式回答】マウスコンピューター(G-Tune)のCPU温度が100℃に行かない理由

ゲーミングPCを購入する際に重要な項目として品質という点があげられます。その観点からいうとマウスコンピューター(G-Tune)がおすすめです。

マウスコンピューターの品質チェックについて

実際の工場見学のリポートと、それをまとめた記事があるので気になる方はこちらもチェックしていただきたいのですが、品質面ではかなり厳しいチェックをされているというのが実際に工場の見学に行って分かりました。

なので特に品質という部分にこだわりたい方はマウスコンピューター(G-Tune)のゲーミングPCがおすすめです。

マウスコンピューター(G-Tune)のCPU温度に関して

実機でベンチマーク等を計測していてCPU温度が100℃に達した事が無い理由を直接聞いてみると以下の回答をいただきました。

当社検証においては35℃環境における測定条件においてCPU温度=100℃に達しないことを基準に判定しています。

当社製品においてはCPU毎にきちんと熱検証を行っており、パフォーマンスに見合った冷却ソリューションを組み合わせて販売しております。(標準構成で搭載しているCPUクーラーでも当社基準の熱検証はパスしています)

※使用環境によっては全てに当てはまらない場合もあります。

これはつまりCPUクーラーのカスタマイズをしないでも十分な冷却効果があると明言されているという事になります。

部屋の温度があまりにも高い場合はもしかしたら100℃いってしまうというような可能性もあるかもしれないですが、その場合にはBTOなのでカスタマイズをする事で冷却性や静音性が更に上がる効果が見込めるのでより冷却効果や静音効果を高めたい場合にはCPUクーラーのカスタマイズをおすすめします。

実際に今までマウスコンピューターのゲーミングPCで管理人が高負荷をかけてもCPU温度が100℃に到達した事は無いです。冬は暖房を効かせている(設定温度20℃くらい)、夏はエアコンを効かせている(設定温度27~26℃くらい)環境でいつも計測しています。

という訳でCPU温度面でゲーミングPCを選びたいという場合にはマウスコンピューター(G-Tune)はおすすめです。