ゲーミングPCレビュー

ガレリア RH5の実機レビュー(Ryzen 5 2600 GTX1650)

ドスパラさんからガレリア RH5の実機をお借りしたのでレビューしていきます。

ガレリアRH5の特徴はCPUがRyzen 5 2600を搭載し、グラフィックボードにはNVIDIAの最新アーキテクチャーのTuring採用のエントリーモデルのGTX1650が搭載します。

PCゲームに興味があるけれど予算が限れられている状況で入門的な価格の安いゲーミングPCからはじめてみたいという方におすすめのゲーミングPCになります。

ガレリアのデスクトップPC一覧はこちら

まずはこちらのページでガレリアの製品の詳細や価格を把握すると理解がグッと深まります。今回レビューするのはGTX1650が搭載されているガレリア RH5というモデルになります。

スペック

ガレリア RH5 GTX1650搭載
OSWindows10 64ビット
CPURyzen 5 2600
グラフィックGeForce GTX1650 4GB
メモリ8GB
SSD250GB
HDD1TB(無料アップグレード)
マザーボードB350

価格・詳細はこちら

執筆時のスペックになります。現在の商品の詳細や価格については詳細ページにてご確認下さい。

外観をチェック

PCケースはミニタワー型のKTMケースです。左側面にはサイドにメッシュ加工がされており、高温になりがちなCPUとGPUを冷却する機構になっています。

右側面には何もありません。天板は完全にフラットです。

前面インターフェース部はUSB3.0×2、SDカードリーダー、マイク入力×1、ヘッドフォン出力×1、リセットボタン、電源ボタンが並んでいます。その下にはアクセスランプがあります。光学ドライブは搭載されていないので必要な方はカスタマイズしましょう。

背面は電源が上にあります。背面のファンは12cmです。

HDMI端子x1、DVI-D×1が装備されています。

内部パーツをチェック

内部はこのようになっています。右側の上段が5インチベイ、下段が3.5インチベイの格納になっています。

CPUファンにはAMDのCPUクーラーと4GB×2のメモリが搭載されています。

GPUはNVIDIA GEFORCE GTX 1650が搭載されています。補助電源が無しのモデルとなっていました。

電源はAcBel製の500Wが搭載されていました。

パーツのメーカーに関しては状況により変更される可能性があります。レビュー機ではこのメーカーのパーツが搭載されていましたという情報になります。

CPU性能をチェック

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20はCinebenchの最新バージョンになります。CPU 2525、CPU(single-Core) 394を記録しました。Ryzen 5 2600は第2世代なので現在は第3世代Ryzenが販売されています。ガレリアでは豊富なラインアップがあるので予算に合わせて選択出来ますね。

CINEBENCH R20ベンチマーク比較

製品名マルチシングル
Ryzen 7 3700X4734499
Core i9-9900K4577507
Core i7-9700K3678502
Core i7-87003082467
Core i7-9750H2659465
Ryzen 5 26002525394
Core i5-9400F2389422
Core i5-8265U1231393
製品レビューから取得したスコア比較となっています。製品によって数値の変動もあるので参考程度に見てみて下さい。

ストレージの速度をチェック

SSD

HDD

SSDが搭載されているので動作がサクサクして快適です。執筆時では1TBのHDDが無料アップグレードとなっています。

静音性のチェック

アイドル時3DMARK FireStrike実行時
46.4 db46.9 db

アイドル時と3DMARKのFire Strikeを実行した時の騒音デシベルを計測しました。無響室で計測した訳で無く、一般的な住宅で計測した数値になっているので参考程度に考えて下さい。

消費電力のチェック

アイドル時

3DMARK

消費電力はワットチェッカー(REX-BTWATTCH1)で計測しています。アイドル時62.5W、3DMARKのFire Strike実行時には135Wでした。

製品名アイドル高負荷時
ガレリアZZ-SLI(RTX2080Ti×2)175W602W
ガレリアZZ(RTX2080Ti)96.2W341W
ガレリアZG(RTX2080)72W308W
ガレリアZF(RTX2070)72W241W
ガレリアXV(RTX2060)62.9W222W
ガレリアZT(GTX1660Ti)64.2W188W
ガレリアXJ(GTX1660)50.6W175W
ガレリアRH5(GTX1650)62.5W135W
ガレリアDH(GTX1650)49.6W110W

製品レビューで計測した消費電力の比較になります。数値の変動もあるので参考程度に見てみて下さい。

温度のチェック

室温25℃環境での計測になります。計測ソフトはHWMONITORを用いてアイドル時と3DMARKのFire Strikeのベンチマークを実行した温度になります。CPU温度・GPU温度ともに低めでしょう。

ゲーム性能をチェック

3DMARK

3DMarkは3Dゲームのパフォーマンスを計測する世界標準のベンチマークソフトです。

3D MARK項目スコア
Fire Strikeスコア8006
Graphics Score8909
Physics Score16236
Combined Score3177
Time Spyスコア3577
Graphics Score3397
CPU Score5119

3DMARK Fire Strikeスコア比較

製品レビューで取得したFireStrikeのグラフィックカード別グラフィックスコアの参考比較になります。

3DMARK TimeSpyスコア比較

製品レビューで取得したTimeSpyのグラフィックカード別グラフィックスコアの比較になります。

ファイナルファンタジー XV

FF15のベンチマークではスコアが12,000を超えると最高評価の非常に快適になります。

解像度設定スコア評価
1920×1080高品質3790 / 37 fps普通
標準品質5069 / 50 fpsやや快適
軽量品質6681 / 66 fps快適

FF15 ベンチマークのパフォーマンス比較

製品名スコア評価
ガレリアZZ(RTX2080Ti)12930非常に快適
ガレリアZG(RTX2080)10897とても快適
ガレリアZF(RTX2070)8905快適
ガレリア XV(RTX2060 SUPER)8414快適
ガレリアXV(RTX2060)7919快適
ガレリアZT(GTX1660Ti)6803快適
ガレリアRJ5(GTX1660)5584やや快適
ガレリアDH(GTX1650)3889普通
ガレリア RH5(GTX1650)3790普通
ガレリアDH(GTX1050Ti)3006普通

製品レビューで取得したフルHD解像度で高品質設定(最高設定)のスコアを比較した数値となっております。

 ファイナルファンタジー XIV 漆黒のヴィランズ

FF14の漆黒のヴィランズのベンチマークはスコアが7000を超えると非常に快適の評価が出ます。フレームレートはレポート出力の平均フレームレートの数値となっています。

解像度設定スコア評価
1920×1080最高品質9126 / 62 fps非常に快適
10097 / 69 fps
標準13102 / 102 fps

FF14 ベンチマークのパフォーマンス比較

製品名スコア評価
ガレリアXF(RTX2070)15714非常に快適
ガレリア XV(RTX2060 SUPER)15390非常に快適
ガレリアXV(RTX2060)15118非常に快適
ガレリアDF(RTX2060)14396非常に快適
ガレリアXT(GTX1660Ti)14459非常に快適
ガレリアRJ5(GTX1660)10966非常に快適
ガレリアDH(GTX1650)9342非常に快適
ガレリア RH5(GTX1650)9126非常に快適

製品レビューで取得したフルHD解像度で最高品質設定のスコアを比較した数値となっております。

ドラゴンクエストX

最高品質設定にしても最高評価の『すごく快適』評価が出ています。

解像度設定スコア評価
1920×1080最高品質17194すごく快適

PSO2ベンチマーク ver.4

公式では5001以上の性能があれば快適という見解が出ていますが、最高設定で3万近いスコアが出ています。平均フレームレート157fps、最小フレームレート109fps、1% Low フレームレート104fpsとなりました。

解像度設定スコア
1920×1080簡易設定629156 / 157 FPS

モンスターハンターワールド

モンスターハンターワールドはGTX1650搭載機なのでVRAMが4GBの関係で、最高設定にするとグラフィックスメモリが超過して警告が出てしまいました。最低設定にすると画質が良くありません。60fpsには届かないので快適プレイは厳しいでしょう。

解像度設定FPS
1920×1080最高32 fps(25)
44 fps(38)
82 fps(68)

古代樹の森1-2を周回した時のフレームレートです。かっこ内は最小fps(1% Low fps)となっています。

モンハンワールドのフレームレート比較

製品名FPS
ガレリアZZ(RTX2080Ti)130 fps
ガレリアXV(RTX2060 SUPER)76 fps
ガレリアXJ(GTX1660)54 fps
ガレリアRT5(GTX1060)41 fps
ガレリアRH5(GTX1650)32 fps

フルHD最高設定の比較になります。実施時期が異なり、ゲームの性質上フレームレートの変動が大きいので参考程度に見てみて下さい。

フォートナイト

フォートナイトは最高設定のエピックにしても平均60fpsで動作していました。高い画質設定で144fpsを出したい方はより上位グレードの製品が良いでしょう。

解像度設定FPS
1920×1080エピック63 fps(36)
197 fps(85)

場所:ダスティデボにて。3D解像度は100%に変更。かっこ内は最小fps(1% Low fps)となっています。

フォートナイトのフレームレート比較

製品名FPS
ガレリアZZ(RTX2080Ti)230 fps
ガレリアZF(RTX2070)162 fps
ガレリアXF(RTX2060 SUPER)153 fps
ガレリアXJ(GTX1660)102 fps
ガレリアRJ5(GTX1660)97 fps
ガレリアRT5(GTX1060)81 fps
ガレリアRH5(GTX1650)63 fps

フルHD最高設定の比較になります。実施時期が異なり、ゲームの性質上フレームレートの変動が大きいので参考程度に見てみて下さい。

Apex Legends

Apex Legendsの場合にはカクつきが目立ちました。最低設定にするとフレームレート的には安定していたので設定を下げてプレイするのが良いでしょう。

解像度設定FPS
1920×1080最高59 fps(2)
99 fps(71)

スカルタウンにパラシュート降下した際のフレームレート。フルスクリーン、垂直同期:適用型(1/2レート)、かっこ内は最小fps(1% Low fps)となっています。

レインボーシックス シージ

レインボーシックス シージは最高設定にするとVRAMが超過するので高設定辺りでプレイするのがおすすめです。フレームレートを出したい方は最低設定も良いでしょう。

解像度設定FPS
1920×1080最高79 fps(16)
146 fps(82)

レンダリングのスケーリングは100に変更しています。ベンチマーク結果の全般の平均fpsと最小fpsになります。

レインボーシックスシージのフレームレート比較

製品名FPS
ガレリアXF(RTX2060 SUPER)170 fps
ガレリア GCR2060RGF-E(ノート)125 fps
ガレリアRH5(GTX1650)79 fps

フルHD最高設定のベンチマークの比較になります。

GTX1650の立ち位置としてはエントリーモデルとなります。前世代のGTX1050Ti / GTX1050を上回る性能ではあるもののミドルレンジのGTX1660との性能差は大きいと感じます。

エントリーモデルは価格重視になってくるので軽量級~中量級のゲームでフルHD / 60fpsでプレイできれば十分と考える方におすすめのビデオカードでしょう。

まとめ

ガレリアRH5は入門モデルと言っても差し支えのないパフォーマンスとなります。軽量級~中量級のフルHDゲームを手頃な価格で楽しむ場合に最適なゲーミングPCになります。

デメリット部分は拡張性と、コストパフォーマンスではGTX1660Ti搭載機に軍配が上がる点でしょうか。メリット部分としてはGTX1650搭載なので消費電力が低い点です。

以上の点を考慮し、パフォーマンスはある程度で十分でコストを抑えて低消費電力で動作するゲーミングPCを選びたいという方におすすめになります。

ガレリアRH5はこんな方におすすめ

  • 入門用のエントリーモデルのゲーミングPCが欲しい方
  • 内蔵GPUだとパフォーマンス不足、GPUは搭載したい方

ガレリアRH5の価格・詳細はこちら

ガレリアのデスクトップPC一覧はこちら

おすすめピックアップ記事