PCゲームの推奨スペックから選ぶ

【MHW】推奨スペックとおすすめのゲーミングPC《モンスターハンターワールド》

モンスターハンターという名前の通りにモンスターを狩る事を目的としたカプコンの大人気シリーズの「モンスターハンター」。その最新作(記事公開時)のモンスターハンターワールドがSteamで配信中です。

公式の推奨スペックを参考にしつつ推奨スペックとおすすめのゲーミングPCについて解説していきます。

PC版MHWの特徴

  • Steam 版『モンスターハンター:ワールド』同士のみマッチング
  • 他機種版とはマルチプレイは不可(PlayStation 4、 Xbox One)
  • マウス&キーボード操作に対応
  • 4K対応
  • 60FPS(60フレームレート)に対応

PCの高いスペックを活かして高画質で60FPSに対応し得る事が可能という意味ではPC版をあえて選ぶ意味はあるでしょう。

SSD搭載機の場合にはゲームのロード時間が爆速になります。

PS4 Proでもフレームレート優先にしても常時60FPSには対応していないようです。

PC版のメリット

  • 高画質プレイが可能(解像度や設定品質がスペック依存)
  • フレームレート上限が60FPSまたはそれ以上でのプレイが可能なのでヌルヌル動いて快適にプレイが可能
  • SSD搭載機だとロード時間が爆速
  • ウルトラワイドに対応
モンハンワールドがウルトラワイドに対応!フルHD 4Kとの比較も! モンスターハンターワールド(Steam)のアップデートでウルトラワイド(21:9)のアスペクト比に対応しました。 ウルトラワイドっ...

MHWの必要・推奨スペック

 必要スペック推奨スペック
OSWINDOWS 7, 8, 8.1, 10 (64-BIT必須)WINDOWS 7, 8, 8.1, 10 (64-BIT必須)
CPUインテル Core i5-4460, 3.20GHz or AMD FX-6300以上インテル Core i7 3770 3.4GHz or Intel® Core i3 8350 4GHz or AMD Ryzen™ 5 1500X
メモリ8 GB RAM8 GB RAM
GPU(グラボ)NVIDIA GeForce GTX 760 or AMD Radeon R7 260x(VRAM 2GB以上)NVIDIA GeForce GTX 1060(VRAM 3GB) or AMD Radeon RX 570X (VRAM 4GB)
ストレージ20GB以上20 GB 利用可能
追記事項グラフィック「低」設定で、1080p/30fpsのゲームプレイが可能グラフィック設定「高」で、1080p/30fpsのゲームプレイが可能

※情報は執筆時時点(2018/07/12)になります。

最新の情報は公式サイトのスペック(動作環境)か、SteamのMONSTER HUNTER: WORLDストアページのシステム要件から閲覧可能です。

モンハンワールドの画質設定を比較

最高設定

高設定

低設定

キャラクターの下の地面を見ると低設定と上位設定との違いは明らかになります。最高設定と高設定だとそこまで大きく変化しているようには個人的には感じません。

最高設定

高設定

低設定

最高設定

低設定

画質設定に関しては最高設定だと綺麗ですが重く、低設定だと明らかに画質の劣化が目立つので高設定辺りで運用するのがフレームレートも出て画質も良いのでコスパに優れています。

グラフィックボード別MHWフレームレート比較

ゲーミングPCを選定するに当たって極めて重要な要素としてCPUとGPU(グラフィックボード)の性能です。この2つの性能が高いとゲームをプレイした際のフレームレートが上がり滑らかな描画が出来て快適にゲームをプレイする事が可能になります。特にグラフィックボードの性能が高いとよりフレームレートが伸びます。

基準値としては60FPSになります。60FPS前後であれば快適に行う事が出来るのでグラフィックボードの基準としてはお使いのモニターの解像度と照らし合わせて60FPS前後の数値が出ているのであれば快適にモンハンワールドを行う事が出来る一つの指標になります。

MHWの古代樹の森MAP1-2を特定のコースで巡回しフレームレートを算出しました。雨などの天候条件でもフレームレートが変化しますが、その点は加味していない事はご了承下さい。

最高設定

いずれも最高設定においてのフレームレートになります。フルHDではGTX1070以上、WQHDではRTX2070 / RTX2080以上、4KではRTX2080Ti以上が必要になります。

高設定

いずれも高設定においてのフレームレートになります。モンハンワールドは最高設定が極端に重いゲームなのでワンランク落とす事で劇的にフレームレートが向上するタイプのゲームになります。

フルHDだとGTX1060が最適解で、WQHDだとGTX1070 / RTX2060、4KだとRTX2080Tiが最適になります。

MHWのおすすめのゲーミングPC

ドスパラの定番で人気のガレリアXT

価格.comプロダクトアワード2018 銀賞 受賞

ガレリア XT
OSWindows10
CPUCore i7-8700
グラフィックGTX1060(6GB)
メモリ8GB
ストレージSSD 500GB HDD 1TB
マザーボードH370
性能目安フルHD:中量級

コスパの高いGTX1060を搭載し、物理6コアの第8世代CPUを搭載しているのがポイントです。15万前後の価格帯で探しているという方におすすめのゲーミングPCです。

ストレージ容量が多くCore i7-8700を搭載しているのでCPU性能は高いです。メモリ16GBだとより多くのPCゲームで快適に動作するのでメモリ16GBで無かったらカスタマイズするのもおすすめです。

フルHD解像度以上に最適なゲーミングPC

RTX2080搭載でPCゲームを堪能するのに最適な性能!

ガレリア ZG
ガレリアKTケース外観OSWindows10
CPUCore i7-9700K
グラフィックGeForce RTX2080 8GB
メモリ16GB
ストレージSSD 500GB HDD 3TB
マザーボードZ390
性能目安4K:中量級

RTX2080搭載のガレリアZGです。RTX2080Tiとは価格差がかなりあるのでコスパで考えるのであればRTX2080が有利です。

フルHDなら全く不満が無く高画質で高フレームレートでサクサクゲームがプレイ可能です。

4Kを視野に入れているのであればRTX2080でも重量級タイトルでは最高設定は狙えませんが、現実的なコストを考えると落とし所としては最適なスペックです。

GeForce RTX 2080のベンチマークを20タイトル以上で計測 GeForce RTX 2080のゲーム性能をベンチマークや実際のゲームで動かしてどの位快適に動作可能なのかをチェックしました。 ...

RTX2080のパフォーマンスという部分の確認を行いたい方はこちらの記事でゲームのフレームレートを計測しているので参考にしてみて下さい。

RTX2080Ti搭載のハイエンドで4Kゲーミングを快適に!

最新の第9世代CPUのCore i9-9900K搭載のハイエンドモデル

ガレリア ZZ i9-9900K
ガレリアKTケース外観OSWindows10
CPUCore i9-9900K
グラフィックGeForce RTX2080 Ti(11GB)
メモリ16GB
ストレージNVMe SSD 500GB HDD 3TB
マザーボードZ390
性能目安4K:重量級

最新の第9世代CPUのCore i9-9900Kを搭載したモデルなので動画編集作業から高グラフィックを要求する4Kゲーミングまで幅広く快適に作業やゲームを行う事が可能です。

GeForce RTX 2080Tiのベンチマークを20タイトル以上で計測 GeForce RTX 2080Tiのゲーム性能をベンチマークや実際のゲームで動かしてどの位快適に動作可能なのかをチェックしました。...

RTX2080Tiのパフォーマンスという部分の確認を行いたい方はこちらの記事でゲームのフレームレートを計測しているので参考にしてみて下さい。

おすすめピックアップ記事