G-Tune(マウスコンピューター)

G-Tune NEXTGEAR-MICROのPCケースレビュー

G-Tune-NEXTGEAR-MICRO

マウスコンピューターのゲーミングPCブランドの「G-Tune」から販売されているNEXTGEAR-MICROのPCケースについて実機レビュー機をお借りしたのでケースについてまとめています。

NEXTGEAR-MICROのPCケース外観

NEXTGEAR-MICROのケースが2018年に一新されて以前のケースとは外観デザインがかなり変化した印象です。

上位機種であるNEXTGEARと比較すると拡張性という部分では劣ります。ただ内部をイジらないという方にはコストパフォーマンスが高いモデルなのでおすすめです。

全体の印象

ブラックを基調としたスタイリッシュなデザインという感じですね。側面と底面から吸気して背面から排出するエアフローとなっています。

右側側面には外気を取り込む為に通気孔があり、ケース内のエアフローに利用されます。

前面

インターフェース

インターフェースは上部に集中しています。マイク、ヘッドホン、USB×2、HDMI端子が並んでいます。光学ドライブはオプションでカスタマイズ可能で電源ボタンがその横にあります。

背面

背面

上部に電源、左にマザーボードのインターフェース、右にケースファン、下部にグラボの端子が並んでいます。

背面にはHDMI端子が装備されていてこれが伸びるのでフロントのHDMIを使う場合にはこれをグラボのHDMIに装着するという機構です。

底面

底面のダストフィルター

底面吸気になっていますが、フィルターが完備されていてメンテンス性も高いです。ゴム足になっていて滑りにくく安定しています。

ほこりフィルターは着脱可能です。取ると簡単に取り外す事が可能です。マグネットで付いているだけなので簡単に取り外せて水洗いも可能なのはメンテンス性が高いです。

NEXTGEAR-MICROの内部

内観

内部は左上部に電源、右上部にSSD、HDDが搭載されています。ケースファンのサイズは12cmです。

ケースファンは背面の1基になっています。エアフロー的には背面に流れる機構になっています。

ケースファンはグラフィックスカードの横に12cmのケースファンが2台設置可能です。

ストレージ

ストレージベイは少ないと感じます。2.5インチ(SSD)が2台、3.5インチ(HDD)が1台なのでストレージを多く搭載したい方は上位機種のNEXTGEARが適しています。

SSDは2台まで搭載可能なのでゲームメインの方は必要十分でしょう。

内観

反対面はこのような感じでした。

サイズ感

27インチのモニターと並べた場合にはこのような感じになります。

NEXTGEAR-MICRO
本体寸法 幅×奥行き×高さ(mm)188.8×396×400 (突起部含まず)
188.8×410.5×400 (突起部含む)

ミニタワー型なのでミドルタワーのケースと比較するとサイズは一回り小さいです。

NEXTGEAR
本体寸法 幅×奥行き×高さ(mm)210×520.5×435 (突起部含まず)
210×524.2×435 (突起部含む)

NEXTGEARと比較していきましょう。幅、奥行き、高さのどの要素を切り取ってもNEXTGEAR-MICROの方がコンパクトです。

まとめ

ここまでをまとめます。ストレージの拡張性という部分でHDDを多く搭載したいという事が無ければNEXTGEAR-MICROはコンパクトなサイズが魅力なのでおすすめです。

コンソール部分が斜めになっているのも使いやすく、ダストフィルターは水洗い可能なのでメンテナンス性も高いPCケースとなっています。

G-Tuneのミニタワー型はコストパフォーマンスが良いモデルが多いのでチェックしてみて下さい。

公式サイトはこちら

おすすめピックアップ記事