【実機】G-Tune NEXTGEAR-MICROのPCケースレビュー(im610シリーズ対応)

公開日: :

Pocket

マウスコンピューターのゲーミングPCブランドの「G-Tune」から販売されているNEXTGEAR-MICROのPCケースの詳細について実際に実機レビュー機をお借りしたのでその経験を元に記事を書いていきます。

記事作成に当たっては上記のモデルの情報を元に作成していきます。通常モデルですね。

NEXTGEAR-MICROのPCケースについて

NEXTGEAR-MICROのケースがim610シリーズから一新されて以前のケースとは外観デザインがかなり変化した印象です。

G-Tuneのマイクロタワー型のコスパ重視のモデルがNEXTGEAR-MICROになります。

コスパ重視なので上位機種であるNEXTGEARと比較すると拡張性という部分では劣ります。ただ内部をイジらないという方にはコストパフォーマンスが高いモデルなので選択肢の筆頭に入るモデルでしょう。

全体の印象

ブラックを基調としたスタイリッシュなデザインという感じですね。側面と底面から吸気して背面から排出するエアフローとなっています。

右側側面には外気を取り込む為に通気孔があり、ケース内のエアフローに利用されます。

前面

インターフェースは上部に集中しています。マイク、ヘッドホン、USB×2、HDMI端子が並んでいます。光学ドライブはオプションでカスタマイズ可能で電源ボタンがその横にあります。

背面

上部に電源、左にマザーボードのインターフェース、右にケースファン、下部にグラボの端子が並んでいます。

NEXTGEAR-MICROの背面HDMIのケーブルは固定されています。上位機種のNEXTGEARでは固定されていないです。

【実機】G-Tune NEXTGEARのPCケースレビュー(i680シリーズ対応)

NEXTGEARのPCケースについてはこちらの記事で書いています。背面のHDMIの写真も掲載しているのでチェックしてみて下さい。

背面にはHDMI端子が装備されていてこれが伸びるのでフロントのHDMIを使う場合にはこれをグラボのHDMIに装着するという機構です。

底面

底面吸気になっていますが、フィルターが完備されていてメンテンス性も高いです。

4つのゴム足は以前のケースと同様の足回りだと思います。

ほこりフィルターは着脱可能です。

取るとこのような感じで簡単に取り外す事が可能です。マグネットで付いているだけなので誰でも簡単に取り外せて水洗いも可能!なのはメンテンス性が高いですね。

NEXTGEAR-MICROの内部構造について

内部は左上部に電源、右上部にSSD、HDDが搭載されています。以前のケースとの大きな違いは電源の位置とストレージベイですね。内部がかなりスッキリした印象があります。

ケースファンは背面の1基になっています。NEXTGEAR-MICROの以前のケースと違いエアフロー的に背面に流れる機構になっているのでケース内のエアフローを考えた場合にはCPUクーラーはサイドフロー、または水冷が望ましいでしょう。

グラフィックカードホルダーが完備

グラフィックスカードホルダーが搭載している事も以前のケースとの違いになります。

ストレージのベイについて

ストレージベイは正直少ないと感じます。2.5インチが2台、3.5インチが1台という記載が公式サイトにあります。ストレージの増設を考えている方にとってはこの台数では足りない可能性があるのでストレージベイの多さで考えるのであれば上位機種のNEXTGEARが適しています。

NEXTGEARは2.5インチ×3、3.5インチ×2を積み込む事が可能なので足りる方がほとんどでしょう。

参考例として管理人のゲーミングPCの構成環境を述べると、SSD×2、HDD×1構成ですがSSDはもう一台追加しようか考えています。NEXTGEARでは対応可能ですが、NEXTGEAR-MICROでは足りない可能性が出てきます。そこは注意が必要ですが、中を全くイジらないという方であれば問題ないでしょう。

反対面はこのような感じでした。

サイズ感

24インチフルHDのモニターと並べた場合にはこのような感じになります。

NEXTGEAR-MICRO
本体寸法 幅×奥行き×高さ(mm) 188.8×396×400 (突起部含まず)
188.8×410.5×400 (突起部含む)

ミドルタワー型なのでミドルタワーのケースと比較するとサイズは一回り小さいです。

NEXTGEAR
本体寸法 幅×奥行き×高さ(mm) 210×520.5×435 (突起部含まず)
210×524.2×435 (突起部含む)

NEXTGEARと比較していきましょう。幅、奥行き、高さのどの要素を切り取ってもNEXTGEAR-MICROの方がコンパクトです。

まとめ

デメリットは拡張性の無さでしょう。以前のケースと比較するとHDDのベイが少なくなってしまったというのが気になる方もいるかもしれません。ただ、中をイジらないという方にとっては問題になる事は無いです。

初心者の方でコスパを重視してゲーミングPC選びをしていきたいという方にはNEXTGEAR-MICROは適していると感じます。

以前のケースと比較すると前面のHDMI端子や底面のダストフィルター、グラフィックスカードホルダーが装備されているなど比較してもメリットがあります。

外観デザイン的には以前のケースのメッシュ感が好きだったという方も多いと思うので好みは分かれそうですが、シンプルでマットなデザインが好きという方も多いでしょう。

まとめると、ストレージのベイという部分で特に問題に感じないのであればコスパ重視でゲーミングPCを選びたいという方に最適なモデルがNEXTGEAR-MICROです。

価格com プロダクトアワード2017 金賞受賞モデルの後継機やPUBG で 「SUMOMOXqX」選手が挙動検証をした製品の後継機などもNEXTGEAR im610シリーズではラインナップに並んでいます。

コストパフォーマンスでゲーミングPCを選んでいきたいという方にはNEXTGEAR im610シリーズがG-Tuneの中ではおすすめなのでチェックしてみて下さい。

Pocket

はじめてゲームPCコラボ

セール情報

実機レビューまとめ

価格で選ぶ(デスクトップ)

価格で選ぶ(ノート)

ジャンルで選ぶ

ゲームで選ぶ

パーツの選び方

PCゲーム

🔺TOP