価格で選ぶゲーミングPC

【ミドルレンジ】10~20万円のゲーミングPCを考える

middlerange

ゲーミングPCの価格帯としても最も無難でコスパの高い価格帯がミドルレンジです。これからゲーミングPCを購入したいという方がいる場合にはこの価格帯のゲーミングPCの購入がおすすめです。

ゲーミングPCの価格構成例からミドルレンジを考える

最安で構築するローエンドと違って、ミドルレンジだと様々な選択肢があり、ゲーミングPCでは一番人気の価格帯になります。

最近はアッパーミドルが人気

ゲーミングPCはスペックが高ければ高いだけ出来る事の幅が広がりますが、ある一定の水準に達すると普通の人が満足感を得るであろうラインは越えるからです。そのラインがこのミドルレンジです。

その一定の水準というのは人によってまちまちですが、『プレイしているオンラインゲームを快適に動作するようにしたい』とか、『ゲーム以外でも利用用途がありそれを快適に動作させるようにしたい』とかが一般的です。

逆にミドルレンジで対応出来ないのは『トリプルディスプレイや4Kで重量級のゲームを60FPSで快適に動作させたい』とか『重量級のゲームをMODを大量に入れてグラフィックスも最高設定でゲーム実況する』みたいな事をする人ならこの価格帯では厳しいです。

ミドルレンジはどういう人向けのゲーミングPC?

ゲーミングPCをこれからはじめようという方から自作経験者まで幅広くおすすめできる価格帯です。そのままでも数年は現役で活躍できますし、ゲームをプレイしてパワー不足を感じたらほとんどがグラフィック性能が不足しているという事が考えられるので、グラフィックボードを交換すれば性能アップを期待出来ます。

自己責任になるけど最新ゲームもグラボ交換すれば快適に動く場合が多い

グラボの交換などをしないという場合でも十分快適に動作可能な豊富なタイトルも魅力です。あまりにもスペックが低いゲーミングPCの場合にはプレイするゲームが限定されてしまうというデメリットがあるのでおすすめし辛いですが、例えば15~20万円のゲーミングPCを買ったとしたら大抵はその世代のゲームに関してはサクサク快適に動作します。

基本はゲーミングPCのミドルレンジに合わせてゲームが発売される

ゲーミングPCというよりかはグラフィックボードのミドルレンジという位置づけにはなるかと思いますが、大体新発売のゲームはそこを基準に発売しています。

高性能のグラフィックを要求するゲームでもミドルレンジ辺り位ですし、そこまで高グラフィックを売りにしていないゲームで幅広く色んな人に遊んでもらいたいという制作側の意図があるゲームはミドルレンジよりも若干スペックが抑えられた推奨スペックを発表していると思います。

もちろんとんでもないグラフィックス性能を要求する推奨スペックをいきなり出して来るゲームも稀にありますが、それだと誰も遊べないという事になってしまうのでミドルレンジに合わせるというのが普通でしょう。

人気のゲームは大抵ミドル程度

なのでミドルレンジのゲーミングPCを購入しておけばとりあえずその世代でのゲームは基本的に遊べるという解釈で間違っていないです。最高設定で遊びたい場合にはミドルレンジの中でも性能の高いグラフィックボードが必要です。

逆に少し世代が古いようなゲームだと最高設定で快適に遊ぶ事が可能になります。ここが面白い部分で数年前に最高設定では全然カクカクで遊べなかったゲームも快適に動くようになると凄くテンションが上がります。

これはゲーマーなら誰でもそうだと思いますが、満足感を十分味わう事が出来ます。世界が変わった!そんな気分を味わう事ができるので20万円を支払ったとしても十分満足感を得る事が可能です。

ゲーミングPCのミドルレンジならほとんどのパソコンの作業を快適に行う事が出来る

最新ゲームを最高の環境でプレイしたいという場合やFPSに人生を捧げているというような方にはハイエンドの最高スペックのゲームをおすすめしますが、一般的な人にはそこまでのグラフィック性能は必要無いと思います。

MODやったり実況やったり高画質4Kやったり、普通のPCゲームをプレイするだけでは無い部分に魅力を感じる場合にはハイエンドが現実的になります。

ミドルレンジでも十分快適に動作して普段使っているソフトは快適に動きますし、インターネットでタブを沢山開いても快適に動作して、エンコードなどの重い作業もCPUの恩恵で高速な処理を行ってくれます。

ミドルレンジのゲーミングPCはこんな人におすすめ

  • ゲームパソコンならではの美麗なグラフィックを楽しみたい人
  • FPSなどのマルチプレイをカクつかないでプレイしたい人
  • コストパフォーマンスに優れるパソコンを購入したい人
  • 人気のゲーミングPCが欲しい人

おすすめのミドルレンジ向けゲーミングPC

ミドルレンジのゲーミングPCを購入するのならATX規格の拡張性の優れたゲーミングPCがおすすめです。大型のグラフィックボードを搭載したいという場合やキャプチャーボードを搭載したいという場合でもケースは大きい方が有利になります。

机の下に置いておくのならそこまで邪魔になる事もありません。机の上に置きたいのであれば小型のゲーミングPCもおすすめです。ただ、快適に作業出来る恩恵と将来における拡張性を考えるとミドルタワー型のゲーミングPCがおすすめです。

【2020年10月】ゲーミングPCのおすすめランキング【選び方も徹底解説】ゲーミングPCのスペックの選び方、おすすめのメーカー、性能目安、用途別、ランキング別にコスパ重視で厳選して紹介しています。...

最新のゲーミングPCのおすすめはこちらの記事で随時更新しています。用途に合わせたおすすめのゲーミングPCも紹介しています。ミドルレンジのゲーミングPCの紹介もしているのでチェックしてみて下さい。

15万以下で選ぶおすすめのゲーミングPC予算15万円のゲーミングデスクトップPCのおすすめをまとめています。ゲームで重要なグラフィックボードの性能評価もありますので参考にしてみて下さい。...
【2020年】20万以下のおすすめゲーミングPC20万円以下のゲーミングPCのおすすめを紹介します。ゲーミングPCとしては本格的にゲームが快適に行えるのが20万円という価格帯になります。...

10万円~20万円以下で選ぶデスクトップPCのおすすめのゲーミングPCの解説もしています。

15万以下で選ぶおすすめのゲーミングノートPC 15万円以下のゲーミングノートPCのおすすめを紹介します。ゲーミングノートPCとしてはエントリーモデルからミドルスペックのモデルが揃...
20万以下で選ぶおすすめのゲーミングノートPC 20万円以下のゲーミングノートPCのおすすめを紹介します。ゲーミングノートPCとしては本格的にゲームが快適に行えるのが20万円という...

ノートPCの解説はこちらになります。

おすすめピックアップ記事