価格で選ぶゲーミングPC

【2022年】おすすめのハイエンドゲーミングPC

ハイエンドのゲーミングPCとは?

ハイエンドのゲーミングPCで出来る事やおすすめのハイエンドゲーミングPCを紹介しています。

ハイエンドのゲーミングPCでは何が出来るのか?といった事についてや、ハイエンドゲーミングPCはどんな人におすすめなの?といった疑問に答えています。

ハイエンドのゲーミングPCが気になった方は参考にしてみて下さい。

ハイエンドゲーミングPCとは?

ゲーミングPCは価格帯によって性能が違うので明確に定義されている訳ではありませんが、「エントリーモデル」「ミドルレンジモデル」「ハイエンドモデル」などクラス分けされる事が多いです。

ハイエンドモデルはグラフィックスの項目で「GeForce RTX 3070~RTX 3080 Ti」が該当します。「GeForce RTX 3090」は8K解像度でゲームがプレイできるので、さらにその上のエンスージアスト向けのモデルです。

高性能グラフィックス搭載のハイエンドモデルだと高画質で美麗な画質でゲームを楽しめたり、高フレームレートを出して対戦シューターゲームを快適にプレイしたり、本格的な実況・配信を快適に行う事出来ます。

ハイエンドゲーミングPCのメリットとデメリット

ハイエンドゲーミングPCのメリットとデメリット

ハイエンドゲーミングPCのメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット

  • 最高環境でゲームがプレイ出来る
  • 将来性にも期待出来る

ハイエンドゲーミングPCのメリットは美麗な画質や高解像度、高フレームレートなど最高の環境でゲームがプレイできる事です。さらにスペックが高いので将来性にも期待出来るメリットがあります。

デメリット

  • 価格が高額
  • 消費電力が増える

価格が高額な点と、高性能なパーツが使用されているので消費電力が増える傾向があり、電気代が高くなるデメリットがあります。

ハイエンドの主な用途

ハイエンドの具体的な主な用途は、高解像度やウルトラワイドなどの解像度に依存する用途や、実況・配信などのクリエイティブな用途などがハイエンドに適している用途になります。

トリプルディスプレイ

トリプルディスプレイ

トリプルディスプレイは、横に伸びるので、臨場感や没入感の高い映像体験をする事が可能です。

特に1人称のアクションゲームではトリプルディスプレイだと、横も一緒に動くので単語で表現すると『ワサワサ』と言いますか、周りの環境も一緒に動いているような感覚になります。

例えば1920×1080のフルHD解像度のトリプルディスプレイでは、フルHDが3枚になるので5760×1080の解像度になります。

こういうような環境を構築しようとなると縦の解像度は同じですが、横の解像度が3倍になるので、グラフィックス性能が要求されます。

ウルトラワイド

ウルトラワイド

PCゲームの場合には解像度が自由に設定する事が出来ます。3440×1440解像度など21:9のアスペクト比に対応したゲームタイトルもあります。

ウルトラワイドのメリットは、トリプルディスプレイのように横に長すぎないので普段使いのしやすさや、一画面である程度の事を済ませたいという方、ベゼルが気になるという方にもおすすめです。

デメリットとしては臨場感が強すぎて人によっては酔う事です。逆に言うとそれだけ臨場感がありすぎるという事も言えます。しかし、視野角の調整をすれば酔いは軽減出来るでしょう。

オープンワールドゲームや大作ゲームならウルトラワイドに対応している事が多いです。

 ウルトラワイドにおすすめのゲーミングPC

4K・8K解像度

4K

4K解像度は一般的な解像度のフルHD画質の4倍にあたる画面解像度です。8K解像度は4K解像度の4倍にあたる画面解像度です。

4K解像度や8K解像度は非常に高精細な画質という特徴があります。高解像度でゲームを滑らかに描画する為にはハイエンド製品が最適です。

ゲームに美麗グラフィックスを求める方は高解像度がおすすめです。

 4K解像度におすすめのゲーミングPC

MOD

MOD

画像出典:WesterosCraft

MODはゲームに要素を追加する事が出来るものです。グラフィックスを向上させるものだと性能が必要になります。

フルHD解像度やWQHD解像度で、パフォーマンス重視のグラフィック向上系のMODを探したりすればミドルクラスのゲーミングPCでもタイトルにもよりますが十分対応する事は可能です。

しかし、解像度を4K解像度などの高解像度にする場合にハイエンドゲーミングPCが必要になります。

 MODが導入出来るおすすめPCゲーム

レイトレーシング

レイトレーシングは最先端のリアルなグラフィックスを実現する技術です。

4K解像度やウルトラワイドにリアルタイムレイトレーシングを組み合わせて使用するとハイエンドのゲーミングPCが必要になります。

FPS・TPSゲーム

FPS・TPSゲーム

対戦シューターゲームなどの競技性の高いタイトルでは一瞬の勝負で勝敗が決するのでより滑らかな描画である事が重要視されます。

描画負荷が低い対戦シューターゲームも多いので必ずしもハイエンドPCが必要とも限らないのですが、描画負荷が高いゲームや高フレームレートを出して快適にプレイするという観点からハイエンドゲーミングPCはおすすめです。

 FPS・TPSにおすすめのゲーミングPC

実況・配信

実況・配信

ゲーム実況・配信を本格的にやるならハイエンドのゲーミングPCがおすすめです。

ハイエンドのゲーミングPCはグラフィックスの性能だけでなくCPU性能が高く、メモリの容量が多いもしくはカスタマイズ出来るモデルも多いです。

PCゲームは細かく画質設定を調整出来る特徴があるので、録画・配信する際のゲームの画質を上げてプレイしたい方にもハイエンドのゲーミングPCがおすすめになります。

 ゲーム実況・配信用のおすすめゲーミングPC

ハイエンドゲーミングPCはこんな方におすすめ

  • 高解像度&高画質でゲームをプレイしたい方
  • 長く使うから性能に妥協したくない方
  • ゲーム実況・配信を快適に行いたい方

一般的にはフルHD解像度ならミドルレンジで十分快適にゲームや作業する事は可能です。

高解像度でゲームをプレイしたい方や、ゲーム実況・配信をされる方はハイエンドのゲーミングPCがおすすめです。

おすすめのハイエンドゲーミングPC

ユーザーからの圧倒的支持『GALLERIA』

GALLERIA
GALLERIA Uシリーズ
ガレリアUシリーズ

ガレリアのUシリーズはガレリア専用 SKケースのプレミアム(アルミ)仕様になっているので筐体の高級感を求める方におすすめです。

レビューはこちら公式サイトはこちら

GALLERIA Zシリーズ
ガレリアZシリーズ

ガレリアのZシリーズはシングル最高のスペックを求める方にはおすすめです。商品ラインアップが多く、価格のコストパフォーマンスにも優れるモデルです。

レビューはこちら公式サイトはこちら

プロゲーマー・実況者にも選ばれる『G-Tune』

G-Tune
フラグシップモデル
G-Tuneフルタワー

G-tuneのフラッグシップモデルのフルタワーは、冷却性能が高く、剛性感があります。高級感のあるPCケースを求めている方におすすめです。

レビューはこちら公式サイトはこちら

理想をカタチにしたデザイン
G-Tuneミドルタワー

G-Tuneのミドルタワーは拡張性が高くマットな質感が高評価です。価格のコストパフォーマンスにも優れるモデルです。

レビューはこちら公式サイトはこちら

おすすめピックアップ記事