戦国時代の歴史シミュレーションゲームのおすすめ

公開日: : 最終更新日:2016/03/17

Pocket

戦国時代のゲームと言えば『信長の野望』『太閤立志伝』『無双』がジャンルとしては確立されています。シミュレーションゲームのおすすめなので無双系は外してありますが、人気がある信長の野望系列と太閤立志伝について軽く解説します。

信長の野望シリーズの特徴としては城盗りだったり、国盗りだったり他国を制圧する事に重きを置いているという点が一番の面白さだと思います。

太閤立志伝シリーズの特徴としては戦国時代にタイムスリップして脳内妄想するゲームだと思っています。

どちらも戦国時代の雰囲気はたっぷりと堪能する事が出来るのでこれからやってみたいという方は信長の野望なら最新作の『信長の野望・創造 with PK』を、太閤立志伝なら最新作の『太閤立志伝V』をプレイするのがおすすめです。

それから信長の野望なら評価が高い『信長の野望・革新』などに手を出していくのがいいのではと思います。

シミュレーションゲーム

信長の野望シリーズ

武将風雲録

SnapCrab_NoName_2015-8-1_20-10-4_No-00

シリーズ第4作目。コーエーの“あなたの好きな「信長の野望」を教えてください”アンケートで1位です。現在では3DSの信長の野望が現行機でプレイ出来る武将風雲録です。⇒Amazon

蒼天録

SnapCrab_NoName_2015-8-1_19-27-13_No-00

シリーズ第10作目。蒼天録はシリーズで唯一武将プレイ可能で、更に追加シナリオで戦国時代でもかなり初期の1495年「駿河の梟雄」1507年「三人の養子」などのシナリオがあるので戦国時代の初期の武将で遊びたいという人は蒼天録はおすすめです。⇒Amazon

天下創世

SnapCrab_NoName_2015-8-1_19-43-38_No-00

シリーズ第11作目。天下創世と言ったら内政ですね。PKでは領地エディターなんてのもあります。内政が好きならおすすめです。⇒Amazon

革新

SnapCrab_NoName_2015-7-16_11-59-17_No-00_R

シリーズ第12作目。バランスが良くて評価が高いのは革新です。武将の個性が際立ち、難易度もヒリヒリ感を感じられ、技術要素があるので勢力間での差別化があってとにかく目まぐるしく操作する必要があるので難易度が高いですが、今までの信長シリーズとは違う面白さがあります。コーエーの“あなたの好きな「信長の野望」を教えてください”アンケートでも2位になっていました。⇒Amazon

創造

71B0qPGxAAL._SL1059__R

シリーズ第14作目。ガンガン城を奪っていくのが好きなら創造がおすすめです。難易度を上げると挟撃したり外交に気を配ったり、一回限り(貯めるのにある程度時間がかかる)の朝廷工作などの工夫が必要になっていて敵の城を攻め落とす事に喜びを感じる人にはおすすめです。更にグラフィックが相当綺麗になっているので最新の戦国SLGをやりたいという方にもおすすめです。⇒Amazon

創造についての記事はコチラ

信長の野望シリーズについて

yukimura

信長の野望(PC版)だとグラ変更ツールがあります。画像は革新PKでの真田幸村の画像を変更したものになります。同じコーエーから戦国無双の真田幸村、バサラの真田幸村なーんて事も出来ます。有名なのはただてる氏の戦国時代にポケモン646匹をぶち込んでみた実況があります。

天下統一シリーズ

SnapCrab_NoName_2015-8-1_23-24-28_No-00

硬派な歴史SLG。人気なのは『天下統一 -相剋の果て-』のバリューパック⇒Amazon

内容については⇒【切込隊長】「天下統一 -相剋の果て-」プレイレポート――ああ,やんぬるかな姉小路家が参考になります。

トータルウォー:ショーグン2

SnapCrab_NoName_2015-8-2_10-11-4_No-00_R

洋ゲーなので全体的に外国人が作りました感がプンプン画面から漂ってくるのですが、このゲームは合戦がリアルで部隊を動かしながら戦えますし、攻城戦もかなり本格的なので実際に戦っている雰囲気が楽しめます。DLC版だと幕末もありますが、日本版では遊べないので注意が必要です⇒Amazon

天下人

12

PS2で発売されたRTSっぽいゲームでステジクリア型なので終盤ダレる事がないです。⇒Amazon

決戦シリーズ

SnapCrab_NoName_2015-8-2_11-2-11_No-00

コーエーのRTSっぽいゲームで、ハードはPS2になります。シリーズで時代設定が違っていて1が関ヶ原、2が三国志、3が織田信長です。3の兵種で忍者が出た時はテンション上がりました。⇒Amazon

太閤立志伝シリーズ

SnapCrab_NoName_2015-8-2_11-13-22_No-00

太閤立志伝シリーズは5まであります。3~5まではプレイ済みですが、人気なのは5です。太閤立志伝シリーズは武将個人にスポットを当ててプレイ出来るのが特徴です。

戦国時代で全武将プレイが可能な作品としては貴重なので人気シリーズとして続編が熱望されています。

太閤立志伝5はPC.PS2.PSPでプレイ可能です。PSPのソフトを現行機のPSvitaでプレイする事も可能です。でもPC版がおすすめ⇒Amazon

太閤立志伝は武将のなりきりプレイが基本なので脳内妄想が出来る人ならかなり楽しめると思います。

太閤立志伝のPC版がなぜおすすめかというと、PS2版/PSP版にはないイベントコンバーターという機能がある点とサクサク感がPC版の方が上だからです。でも公式的には武将がPS2版/PSP版の方が色々追加されていたりするのですが、自由度という点においてはPC版の方がおすすめです。買うなら中古だとイベコンが使えない可能性があるので新品で購入して下さい。

もしPS2版/PSP版を買うならDL版のPSP版をPSストアで購入してからPSvitaなりで遊ぶとかなり快適に遊べます。読み込み音が無いですしロードも速いです。でもPC版を知っているともどかしさというのは付きまといます。

太閤立志伝5が起動出来ないという場合の対処法

SecDrvChangeShell(secdrv.sys ON/OFF 切り替えツール)

こちらのツールをダウンロードして起動した状態で太閤立志伝5を立ち上げると起動出来ます。遊び終わった後はもう一度『SecDrvChangeShell.exe』をダブルクリックする事で終了します。

タワーディフェンス

ショーグンディフェンダー

SnapCrab_NoName_2015-8-1_18-8-2_No-00

戦国時代系のタワーディフェンスってあまり無いと思うので貴重です。アプリなのですが、結構ハマります。待ち時間とか通勤などで暇な時にプレイするといいかもです。⇒iPhone

和風建築シミュレーション

戦国時代とかを楽しんでいると和風建築にも興味が湧いてくる人もいるかと思います。なので和風建築が出来るゲームも紹介します。(MOD導入が前提のゲームもあります。)

シムシティ(2013)

Spark_2014-11-13_19-11-29

和風建築の作成模様はこちらが参考になります⇒YouTube

外国の方が作成したと思われる和風建築動画ですが、シムシティ(2013)の狭いマップをうまく使って城と城下町を再現していますね。⇒Amazon

ザ・シムズ3

ザ・シムズ3では建築物1つに対しての扱いになるのですが、自分の家を和風建築にする事が可能になるのでそこで自分のキャラを生活させる事が可能です。⇒Amazon

和風建築の作成模様はこちらが参考になります⇒YouTube

シティーズスカイライン

SnapCrab_NoName_2015-8-1_12-54-53_No-00_R

まだ発売されて間もないので和風建築系のMODが少ないですが、今後に期待という意味も込めて。ゲームとしての完成度は素晴らしいです。

Cities: Skylines(シティーズ:スカイラインズ)の推奨スペック

番外編

戦極姫シリーズ

SnapCrab_NoName_2015-8-2_11-47-13_No-00

天下統一のシステムにギャルゲー要素を取り入れた作品。このサイトでは控えますが、PC版はアダルトになります。⇒Amazon

刀剣乱舞

SnapCrab_NoName_2015-8-2_11-45-15_No-00

DMMの刀剣育成シミュレーションゲーム。戦国武将の刀とかが出てくるのと今話題なので掲載。⇒刀剣乱舞公式サイト

Pocket

🔺TOP