ゲーム推奨スペック

Cities: Skylinesの推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

Cities: Skylinesの推奨スペックとおすすめPC

Cities: Skylines(シティーズ:スカイラインズ)は、評価の高い都市建設シミュレーションゲームです。

Cities: Skylinesの推奨スペック情報とグラボ別fps、そしておすすめのゲーミングPCの紹介をしていきます。

Cities: Skylinesの特徴

  • 都市建設シミュレーションゲーム
  • Steamのワークショップに対応(MOD導入が可能)
  • ウルトラワイド対応

Cities: Skylinesは現代の都市を建設するシミュレーションゲームです。水道や電気、交通などの市民の生活を支えるものを整えたり、市民の教育レベルを上げたりする事が出来ます。

自由な都市開発ができるので、街の景観デザインにもこだわる事が出来ます。MOD導入してさらにこだわりの都市開発をする事も可能です。

ウルトラワイド対応

また、Cities: Skylinesはウルトラワイドに対応しています。

推奨スペック

 必要推奨
OSWindows 7 / 8 / 10Windows 10
CPUCore i7-930
FX 6350
Core i7-2700K
Ryzen 7 2700X
メモリ8GB16GB
GPUGeForce GTS 450
AMD R7 250
Intel Iris Xe G7
GeForce GTX 580 
Radeon RX 560
ストレージ4GB

参考情報:Steamストアページ

推奨スペックは以上になります。CPUやGPUに関してはゲーム内設定によるので、高い画質設定や解像度にする場合にはより上位のCPUやグラフィックカードもおすすめです。

OSに関してはWindows 10がサポートされています。Windows11でも確認しましたが、動作していました。

CPU

CPU

CPUは、Core i5-12400F(6コア12スレッドで最大4.4GHz)とRTX 3080Ti構成で試してみるとCPU使用率が25%程度で快適でした。

GPUCPU1920×1080
RTX3080Tii9-12900K
68
i7-12700K
63
i5-12400F
50

人口38万人都市で計測。俯瞰視点でカメラ視点を動かした際のフレームレート比較。環境:GPU:RTX 3080Ti、メモリ32GB。

グラフィックスボードとの組み合わせにもよりますが、CPUはフレームレートがより出るという効果もあります。

フレームレートをより出したい方は、Core i7やCore i9を選択しても良いと思います。

推奨ではCore i7 2700K(4コア8スレッドで最大3.9GHz)かRyzen 7 2700X(8コア16スレッドで最大4.3GHz)が推奨されています。

メモリ

メモリ

フルHD最高設定だとメモリはゲーム開始時から10.8GBが使用されていました。メモリは16GB搭載モデル以上がおすすめです。

グラフィックス

グラフィックス

フルHD最高設定だと、ビデオメモリは人口38万人都市で6.8GB程度使用されていました。GTX 1650 SUPERのビデオメモリが4GBで、検証した際に最高画質だと少し重い動作感がありました。最高画質でも6GBあれば快適に動くと思います。

推奨ではGTX 580(1.5GB)かRadeon RX 560(4GB)が推奨されています。

グラボ別fps

シティーズ:スカイラインズは距離によってfpsが変動します。

近くで32fps遠くで69fps
Cities: Skylinesのfps計測:近Cities: Skylinesのfps計測:遠

正確に表現すると近い距離というより、建物などを画面上で多数表示させた時に描画処理が重くなるという印象です。

実際にプレイするとここまで近い距離&このカメラ視点でプレイする事は少ないです。ある程度距離がある状態で建設などをする事が多いと思いますので、今回はある程度距離がある状態のフレームレート計測を行いました。

Cities: Skylines
GPU4K
3840×2160
フルHD
1920×1080
RTX 3090Ti67 FPS68 FPS
RTX 3080Ti60 FPS68 FPS
RTX 3070Ti60 FPS66 FPS
RTX 3060Ti60 FPS65 FPS
RTX 306060 FPS64 FPS
RTX 305043 FPS60 FPS
GTX 1650S26 FPS57 FPS

人口38万人都市。俯瞰視点でカメラ視点を動かした際のフレームレート比較。画質設定:最高画質設定。環境:CPU:Core i9-12900K、メモリ32GB。

快適性の基準値としては60fpsになります。

  • フルHD解像度/60fpsならRTX 3050 / GTX 1660 SUPER以上がおすすめです。
  • 4K解像度/60fpsならRTX 3060以上がおすすめです。

おすすめのゲーミングPC

G-Tune HM-B-FGPC

G-Tune HM-B-FGPC
G-TuneミニタワーCPUCore i5-12400F
グラフィックRTX 3060(12GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
ケースミニタワー

公式サイトはこちら

インテル第12世代CPU&高性能グラフィックス「RTX 3060」搭載。全体的なコストパフォーマンスが良いゲーミングPCで、ゲームが快適にプレイ出来るゲーミングPCです。

 「GALLERIA RM5C-R36」の実機レビュー RTX 3060搭載

G-Tune HM-B-3060Ti-FGPC

G-Tune HM-B-3060Ti-FGPC
G-TuneミニタワーCPUCore i7-12700F
グラフィックRTX 3060 Ti(8GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
ケースミニタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

「G-Tune HM-B-3060Ti-FGPC」はRTX 3060 Ti搭載のゲーミングPCです。オンラインゲーム、最新重量級ゲームなど、幅広くゲームを楽しめる性能を持ったゲーミングPCです。

GALLERIA XA7C-R37

GALLERIA XA7C-R37
ガレリアSKケースCPUCore i7-12700
グラフィックRTX 3070(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミドルタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

「GALLERIA XA7C-R37」は、最新のRTX 3070を搭載したガレリアの高性能ゲーミングPCです。重量級のシミュレーションゲームを楽しみたい方におすすめのゲーミングPCです。

Microsoft Flight Simulatorの推奨スペックとおすすめPC Microsoft Flight Simulatorはリアルなグラフィックの魅力が際立つ、フライトシュミレーターです。超弩級のグラフ...
Planet Coaster(プラネット・コースター)の推奨スペックとおすすめPCPlanet Coaster(プラネット・コースター)の必要/推奨スペックとおすすめPCについてまとめています。...
おすすめピックアップ記事