ゲーム推奨スペック

Cities: Skylinesの推奨スペックとおすすめPC

ss_7b5debf98dc58d28c2f7f909e7b99124e59b5291.1920x1080_R

Cities: Skylines(シティーズ:スカイラインズ)は、街作りゲームで有名なシムシティに取って代わって最も完成度の高い街作りシミュレーションゲームと言っても過言では無い出来になっています。

本体の出来の良さに加えてMODコミュニティの充実もあり、更にDLCも販売されているので非常に長く楽しむ事が可能です。

MODというと少し難しそうだなと感じる方もいるかもしれませんが、Cities: SkylinesではMOD導入の敷居が非常に低く、「Readme.txt」を読み込んだり解説してくれるサイトを渡り歩く心配もありません。

Steamのworkshopに並んでいるコンテンツの中からサブスクライブというボタンを押すだけで適用出来てしまう簡単さです。

2019/10/15日に実機検証を追加しました。

Cities: SkylinesはMOD導入が楽すぎる

シムシティ4などでMODを導入したり他のゲームでMODを導入した事がある人はあまりの手軽さにかなり驚くかと思います。

Steamのワークショップで導入したいMODをワンクリックすると導入完了。後はコンテンツマネージャーでチェックを入れれば完了です。まるで公式のDLCを適用しているくらいの簡単さです。

SnapCrab_NoName_2015-8-2_16-31-49_No-00_R

Steamのワークショップでも人気なGTA5のMAPを再現したセーブデータが配布されてるので早速見てみましたが、かなり再現されていました。

電気がつながっていなかったり、色々垂れ流してあるので景観的には微妙ですが、山とか一人称視点で登ってみたりして遊んだり出来ます。

MAPだけでは無く建物やシステム変更系のMODなど色々あるので飽きてきたら色々自分でコンテンツを追加出来る魅力があります。

Cities: Skylinesの必要スペック

OSWindows XP/Vista/7/8/8.1 (64ビット) 
CPUCore 2 Duo, 3.0GHz or AMD Athlon 64 X2 6400+, 3.2GHz
メモリ4GB
グラフィックNVIDIA GeForce GTX 260(VRAM 512MB )以上

必要スペックは最低限の設定でこのくらいの性能なら動くというものですが、普通に楽しもうとすると限界値が早すぎるのでこれはおすすめしません。

Cities: Skylinesの推奨スペック

OSWindows 7/8 (64ビット)  
CPUCore i5-3470, 3.20GHz or AMD FX-6300, 3.5Ghz
メモリ6GB
グラフィックNVIDIA GeForce GTX 660(2GB) 以上

推奨スペックはこの通りですが、シンプルにこれだけ見ると要求スペックは現在のPCスペックを考えると高くないです。

GTX660は4世代前のグラフィックボードなので4~5年前のミドルスペックのゲーミングPCなら快適にプレイできます。

ただ、100万人の大都市を目指すとか人口が多い街を作ろうとするとかなり厳しい印象があります。特にDLCで雪が降るSnowfallというDLCがありますが、そちらでプレイするとかなり重くなります。

ゲーム画面にまつわる重要なパーツ

グラフィックボード(GPU)CPUメモリ

ゲームのロード時間にまつわる重要なパーツ

SSD、HDD

ゲーム性能目安

ベンチマーク

推奨スペックのGTX660で実際にプレイしてみた

あくまで最高画質の話になりますが、ビデオメモリ2GBになるので完全に超過していてカクついていました。

CPUはCore i7-9700Kを使っているので参考にならないかもしれませんが、使用率としては非常に余裕があります。

メモリはVRAMが上乗せされているのもありますが、16GB搭載機の場合には9GBを超えてきます。

実機で検証

このシティーズ:スカイラインズというゲームは少し特殊なタイトルという印象があります。ベンチマークが無いのは良いとして、素直にベンチマークが取得しずらかったので参考程度に見てみて下さい。

設定

最高設定にして計測しました。

計測方法

近くで32fps

遠くで69fps

距離によってフレームレートが変動している事が確認できるかと思います。ですので両方計測しようと思いました。

フレームレートを計測

計測位置GTX660GTX1660TiRTX2060 SRTX2080Ti
35697474
14323334

CPUはCore i7-9700Kです。順序としてはGTX1660Tiで計測し、RTX2060 SUPERで取得した際に数値が伸びないので違和感がありました。

なのでシングル最強クラスのスペックのRTX2080Tiを使用してみると変化が無いので最高設定の場合はこれが上限値なのかなという気がしました。

そして次にもっと性能の低いグラボを使用しました。推奨スペックにも記載があるGTX660です。そちらで計測すると半分程度までフレームレートが低下しました。

ですのでコスパを考えるとGTX1660Tiで十分でしょう。MODでグラフィック向上系を導入される方はGTX1660Tiだとビデオメモリが5GB超えでしたのでほとんど余裕がありませんでした。

なので余裕を持った選び方をしたい方はビデオメモリの容量が多いRTX2060 SUPER以上を搭載したモデルをおすすめします。

おすすめのゲーミングPC

スペックの選び方については上記を参考にしてみて下さい。おすすめのゲーミングもご紹介します。

ガレリア

『BREAK THE NOMAL』をコンセプトに2020年に筐体が一新。新筐体は正面部分が光ります。

 

詳細はこちら 公式はこちら

G-Tune

ゲーマーの意見を採用した筐体でメンテナンス性の高さや質感が良い点がおすすめです。

 

詳細はこちら 公式はこちら

ゲームタイトル別推奨スペック早見表 このページでは、ゲーミングPCを購入する時に自分がプレイしたいタイトルのスペックを満たしているかどうか気になる方の為に早見表を作成し...

過去の検証記録

100万人都市だとGTX1070でも23FPS…

クリックで拡大します。100万人に達しているのを確認して頂いて、左上にFPS値で23と表記されているかと思われます。

アップするとFPS値がガクンと下がるゲームですが、GTX1070でもカクつく時があります。

遠目で俯瞰してプレイすると45FPSくらいにはなるのでガッツリやり込みたいという方はある程度の性能は欲しいという印象ですね。

DLCのSnowfallを適用すると5万人都市でも23FPSまで下がります。余裕を持ったゲーミングPC選びがおすすめです。

Microsoft Flight Simulatorの推奨スペックとおすすめPC Microsoft Flight Simulatorはリアルなグラフィックの魅力が際立つ、フライトシュミレーターです。超弩級のグラフ...
Planet Coaster(プラネット・コースター)の推奨スペックとおすすめPC プラネットコースターは遊園地を作れるシミュレーションゲームです。ジェットコースターは自作で作っていく事が可能で、しかも乗り物は主観視...
おすすめピックアップ記事