MENU
価格で選ぶゲーミングムPC

10万以下のおすすめゲーミングPC

100000

ゲーミングPCの一般的な相場は15万円前後が一般的ではありますが、予算的な問題やそこまでお金はかけたくないという方も多いかと思います。

もちろん安物買いの銭失いは避けなければいけませんが、10万円という予算内で最善手となる製品を厳選して快適にPCゲームを楽しめる製品を紹介していきます。

コスパを極限まで上げる為に削れる5つの要素

1.ケースのサイズ

まず削るべき要素としてはPCケースにはサイズがあるのですが、フルタワー、ミドルタワー、ミニタワーと呼ばれるケースのサイズです。

  • ミドルタワーは一般的なゲーミングPCのサイズ(冷却性能に優れフルタワーほど大きくないので圧迫感が少ない)
  • ミニタワーはミドルタワーを一回り小さくしたサイズ

ここで価格を抑えるにはミニタワーの製品を選びましょう。その方が大抵は安く抑える事が可能です。ドスパラならガレリアKTMケース、マウスコンピューターならLITTLEGEAR/NEXTGEAR-MICROシリーズに搭載されているケースがそれに当たります。

デメリットとしては、ミニタワーの多くがマザーボードにMicro-ATXもしくはMini-ITXを採用しているので、拡張性という意味合いでは少なくなります。

全くPC内部を将来的にもいじらないというような場合はミニタワーでもゲーム自体のプレイにはそこまで影響し無いので削るポイントとしてケースが上げられます。

2.メモリの容量

メモリの容量も8GBと16GBとでは価格が違うので削りたい所です。基本的には最低でも8GBは必須ですが、16GBだと価格がはね上がるので8GBを狙います。 本音で言えば16GBは欲しいです。

3.ストレージは悩み所

ストレージはSSDに変える事でサクサク感が向上するので出来ればSSD搭載機を選択したい所ではありますが、価格が高くなるので妥協できるのならHDDだと安く済みます。ただここがネックでカクつくゲームもあります。

個人的にはここは妥協しない方が満足度は高い傾向にあると最近は強く感じています。スマホやタブレットの普及でサクサクとコンピューターが動くという事に慣れている人が多いのでSSDが非搭載のPCは現状ですとかなりもっさり感を感じてしまう方が多いのでは無いかというのが理由になります。

4.CPUに関して

CPUに関しては予算の関係上Core i5やRyzenを狙っていきましょう。

5.グラボに関して

グラボに関しては最新の製品を何とか狙いたい所です。というのもゲーム性能というのはグラフィックボードの性能がダイレクトで直結します。なので価格が許すならばより上位のグラフィックボードが搭載されたゲーミングPCが望ましいのですが、ワンランク上のグラフィックボードだけで価格も跳ね上がります。

ゲームPCの場合は基本的にグラフィックボードの価格=ゲームPCの価格と言い換えてもいい位ダイレクトに直結しています。

予算の範囲内の中でより上位の製品が搭載されているグラフィックボードを選択する事で後で後悔するという事が無くなります。

グラッフィクボードの性能比較

GPU3DMARK Fire Strike(GraphicsScore)
GTX1660Ti
16113
GTX1660
13359
GTX1060
12924
GTX1650
8956
GTX1050Ti
7430
GTX1050
6836

性能は基本的に現在の相場だと選択肢としてはエントリーモデルかミドルレンジの下位グレードあたりになるかと思います。

ビデオカードから選定する場合にはGTX1660~GTX1650辺りが相場でしょう。ハイエンド、ミドルに関してはTuringに移行が完了していますが、執筆時ですとまだエントリー~ローミドルはPascalが存命でGTX1050、GTX 1060を見かけます。

10万円オーバーで見える世界

個人的には前世代のGTX1070に匹敵するパフォーマンスを見せるGTX1660Tiは魅力的に見えますので予算を少しオーバーしてもOKであればGTX1660Tiを狙っていくのが良いでしょう。

その上となるとRTX2060ですが、その差や出来る事の利用用途の違いという部分に関しては以下の記事で解説しているので参考にしてみて下さい。

RTX2060とGTX1660Tiはどっちが買い?性能比較ベンチマーク付き RTX2060とGTX1660Tiの両方を持っているので実際のゲームにおける性能比較や特徴についてまとめています。RTX2060とG...

人気のシューターゲームで快適にプレイしたいという方も多いでしょうからGTX1660Tiに関してはシューターゲームに特化して記事を書いているのでこちらも併せて参考にしてみるのも良いでしょう。

GTX1660TiでFPSゲームの快適性を検証!【ゲーム別fps付き】 今回はPCゲームの中でも人気が高いジャンルである『FPS』『TPS』と言ったシューターゲームに焦点を当ててGTX1660Tiの性能は...

GTX1660について

1660はTuringですのでDirectX 12のゲームと相性が良いです。GTX1060は前世代ですがコスパが高いと評判のミドルクラスの定番ビデオカードとなりますが、今だと新しい世代のビデオカードが登場しているのでTuring世代のGTX16シリーズの方が良いかと思います。

GTX1650について

GTX1650は補助電源無しで動作する製品があるのと消費電力が低い点がメリットです。TDPが75Wですので低消費電力で動作するゲーミングPCが欲しいというニーズに合致する場合には狙っても良いでしょう。

または内蔵GPUだけでは非力すぎるのでゲームも少しやりたいというライトゲーマーの方におすすめです。

ドスパラの10万円以下のおすすめのゲーミングPC

ドスパラの特徴は配送が迅速で圧倒的に人気を誇るBTOメーカーです。

Ryzen 5 2600×GTX1660Ti搭載

ガレリア RT5
OSWindows10
CPURyzen 5 2600
グラフィックGTX1660Ti(6GB)
メモリ8GB
ストレージSSD 240GB HDD 1TB
マザーボードB350

Ryzen 5 2600は6コア12スレッドで最大3.9GHzになります。ビデオカードがGTX1660TiでSSD搭載しているので重量級も視野に入ります。

G-Tuneの10万円以下のおすすめのゲーミングPC

マウスコンピューター(G-Tune)の特徴はサポートが24時間365日対応かつ対応の質も良いから安心

Ryzen 5 3600X×GTX1660Ti搭載

NEXTGEAR-MICRO im610SA4-SMM
OSWindows10
CPURyzen 5 3600X
グラフィックGTX1660(6GB)
メモリ8GB
ストレージM.2 SSD 512GB
マザーボードB450

Ryzen 5 3600Xは6コア12スレッドで最大4.4GHz、GTX1660搭載でSSD 512GB搭載しているモデルになります。HDDが非搭載なのでカスタマイズもおすすめです。

あわせて読みたい

おすすめピックアップ記事