PCゲームの推奨スペックから選ぶ

CONTROLの推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

CONTROLはアクションシューティングゲームになります。NVIDIA RTX対応タイトルでレイトレーシングとDLSSに対応しています。実際のゲームで動作確認を行いましたので参考にしてみて下さい。

RTX2060を追加、GTX1660Tiを追加(DLSS使用不可)

レイトレーシングを有効にする事でリアルな照明効果を得る事が可能になります。

レイトレーシングをオフの状態では反射がありませんが、レイトレーシングを有効にすると自身の影がガラスに反射しています。

このようによりリアルな照明効果を得られるのでゲームにより没入して映像体験を向上させる効果が期待できるのがリアルタイムレイトレーシングテクノロジーになります。

テクノロジーの進化によって没入感が高くリッチな映像体験を感じられるソフトがRTX対応タイトルのCONTROLです。

NVIDIA DLSS対応

3840×2160(4K)にレンダリング解像度を2560×1440に設定した際のフレームレート比較が上図となります。

NVIDIA DLSSはレイトレーシング実行時でもパフォーマンスの低下を防ぎます。明瞭さを保ちつつパフォーマンスを向上させる効果が期待できるのがNVIDIA DLSSです。管理人が計測した際には86%パフォーマンスが増加した事を確認しました。

NVIDIA公式サイトにはGPU負荷が高い状況でDLSSを有効にすると最大89%、低解像度を選択すると最大191%増加すると記載があります。

3840×2160(4K)にレンダリング解像度を1920×1080に設定した場合にはパフォーマンスも更に出ますが高画質とパフォーマンスを求める場合には2つのオプションの内高い解像度を選択するのが良いでしょう。

CONTROLにおいて特に超高解像度の場合にはDLSSを選択しないというのは現実的とは言えません。

CONTROLの画質比較

CONTROLの推奨スペック

 最低推奨レイトレーシング
OSWindows 7、64ビットWindows 10、64ビット
CPUIntel Core i5-4690 / AMD FX 4350Intel Core i5-7600K / AMD Ryzen 5 1600X
GPUNVIDIA GeForce GTX 780 / AMD Radeon R9 280XNVIDIA GeForce GTX 1660/1060 / AMD Radeon RX 580 AMD GeForce RTX 2060
メモリ8GB16GB
DirectX1111 / 12
その他の機能ワイドスクリーンサポート21:9 / リマップ可能な操作 / フレームレート上限なし / G-Sync / Freesyncサポート

DirectX 11はレイトレーシングは使用出来ないのでレイトレーシングを体験したい方はDirectX 12を選択しましょう。最初にDirectX 11かDirectX 12かを選択可能な画面が出現するので選べるようになっています。

推奨スペックの情報元はストアページになります。

CONTROL:フルHD解像度のベンチマーク

GPU最高中間最低
RTX2080Ti91 FPS109 FPS171 FPS
RTX2080 SUPER78 FPS100 FPS176 FPS
RTX208080 FPS110 FPS188 FPS
RTX2070 SUPER72 FPS102 FPS171 FPS
RTX207064 FPS91 FPS162 FPS
RTX2060 SUPER64 FPS91 FPS160 FPS
RTX206060 FPS85 FPS168 FPS
GTX1660Ti16 FPS25 FPS107 FPS

ドライバー:GEFORCE GAME READY DRIVER 436.15、DLSS適用

CONTROLにはゲーム内ベンチマークが存在しません。DIRECTORS OFFICEで計測した数値になります。環境はCPU:Core i7-9700K / メモリ16GB。

CONTROLの画質設定は『高・中・低』、レイトレシーングの『高・中・オフ』になります。

  • 一番重いのが高設定+レイトレーシングの高設定になるので最高設定としています。
  • 一番軽いのが低設定+レイトレーシングオフになるのでそちらを最低設定としています。
  • その中間が中設定+レイトレーシング中設定になるので中間設定としています。

最高設定を見てみましょう。RTX20シリーズであればフルHDは快適に動作していましたが、2回目に再度計測した時にはRTX2060だけ数値が出てこなかったので時間を置いて再度計測してみようと思います。(追加完了しました。)戦闘シーンも含んでいるので数値にバラツキがある一度目の計測データはこちらになります。

中間設定は一番おすすめの設定ですが、RTX20シリーズですとパフォーマンスに余裕が感じられます。

最低設定はレイトレーシングがオフになるのでGTX16シリーズやGTX10シリーズでも快適に動作するでしょう。

参考:NVIDIA

NVIDIAさん計測ですとRTX2060で60fps付近で管理人が計測した中間設定の場合には更に20fps前後稼げているのでRTX2060 SUPERであればプレイする際に安心感があるかと思います。

フルHDにおすすめのゲーミングPC

ガレリア ZV
OSWindows10
CPUCore i7-9700K
グラフィックRTX2060 SUPER(8GB)
メモリ16GB
ストレージSSD 500GB HDD 2TB
マザーZ390

CONTROL:WQHD解像度のベンチマーク

GPU最高中間最低
RTX2080Ti70 FPS94 FPS152 FPS
RTX2080 SUPER58 FPS77 FPS156 FPS
RTX208057 FPS83 FPS153 FPS
RTX2070 SUPER52 FPS74 FPS147 FPS
RTX207046 FPS65 FPS130 FPS
RTX2060 SUPER45 FPS65 FPS127 FPS
RTX206040 FPS59 FPS116 FPS
GTX1660Ti9 FPS15 FPS67 FPS

ドライバー:GEFORCE GAME READY DRIVER 436.15、DLSS適用

最高設定と中間設定のフレームレート計測になります。管理人が計測した場所では上記のようなフレームレートとなりました。環境はCPU:Core i7-9700K / メモリ16GB。戦闘シーンも含む一度目の計測データはこちら

参考:NVIDIA

NVIDIAさん計測ですとRTX2070 SUPERで60fps付近で管理人が計測した中間設定の場合には更に20fps前後稼げているのでRTX2070 SUPERであればプレイする際に安心感があるかと思います。

WQHDにおすすめのゲーミングPC

ガレリア XF
ガレリアKTケース外観OSWindows10
CPUCore i7-9700
グラフィックRTX2070 SUPER(8GB)
メモリ16GB
ストレージSSD 512GB HDD 2TB
マザーボードB365

NEXTGEAR i690PA4-SP
OSWindows10
CPUCore i7-9700K
グラフィックRTX2070 SUPER(8GB)
メモリ16GB
ストレージM.2 SSD 256B HDD 1TB
マザーZ390

CONTROL:4K解像度のベンチマーク

GPU最高中間最低
RTX2080Ti41 FPS57 FPS104 FPS
RTX2080 SUPER34 FPS49 FPS90 FPS
RTX208033 FPS48 FPS89 FPS
RTX2070 SUPER29 FPS43 FPS82 FPS
RTX207026 FPS36 FPS69 FPS
RTX2060 SUPER25 FPS36 FPS69 FPS
RTX206022 FPS33 FPS60 FPS
GTX1660Ti1 FPS5 FPS23 FPS

ドライバー:GEFORCE GAME READY DRIVER 436.15、DLSS適用

最高設定だとRTX2080Tiでも厳しいです。中間設定にして4K×DLSSでギリギリ60fps近いパフォーマンスとなります。環境はCPU:Core i7-9700K / メモリ16GB。戦闘シーンも含む一度目の計測データはこちら

参考:NVIDIA

4KでNVIDIAさんが計測した数値も掲載しておきます。RTX2080Tiのパフォーマンスの伸びが凄いですね。

画質よりパフォーマンスを重視してDLSSの解像度を1920×1080に落とすとNVIDIAさんの言う通り大幅なパフォーマンスアップが期待出来ます。レイトレシーングをオフにする事でこちらも大幅なパフォーマンスアップができます。

4K:レイトレーシングのパフォーマンス比較

4K+DLSS(2560×1440)高設定+レイトレ高高設定+レイトレオフ
47 fps78 fps
中設定+レイトレ中中設定+レイトレオフ
65 fps97 fps
低設定+レイトレオフ
124 fps

RTX2080Tiで比較してみるとレイトレーシングを無効にすると最大65%のパフォーマンス向上が見られました。

4K:DLSSのパフォーマンス比較

4K DLSS(1920×1080)高設定+レイトレ高
78 fps
中設定+レイトレ中
94 fps
低設定+レイトレオフ
184 fps

DLSSのレンダリング解像度をフルHDに落とすとWQHDと比較して最大65%のパフォーマンス向上が見られました。低設定+レイトレオフでレンダリング解像度をフルHDにした場合には4K解像度で184 fpsとなりますが、画質もある程度確保し、パフォーマンスも求める場合には4K+DLSS(2560×1440)中設定+レイトレ中が最適解でしょう。

4KにおすすめのゲーミングPC

ガレリア ZZ i9-9900K
ガレリアKTケース外観OSWindows10
CPUCore i9-9900KF
グラフィックGeForce RTX2080 Ti(11GB)
メモリ16GB
ストレージNVMe SSD 500GB HDD 3TB
マザーボードZ390

NEXTGEAR i690PA3-SP2
OSWindows10
CPUCore i9-9900K
グラフィックRTX2080Ti(11GB)
メモリ32GB
ストレージNVMe SSD 512GB HDD 2TB
マザーZ390

おすすめピックアップ記事