MENU
はじめてゲームPC
ゲーミングPCやゲーミングノートPCの実機レビューを200台以上行いました。
最新ハードウェアのゲーム検証やベンチマーク検証もしているので、ゲーミングPC選びの参考にしてみて下さい。
はじめてゲームPCおすすめ限定モデル詳しくはこちら

Detroit:Become Humanの推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

当ページのリンクには広告が含まれています。
Detroit:Become Humanの推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

Detroit:Become Human(デトロイト ビカム ヒューマン)は、PS4で発売された評価の高いアクションアドベンチャーゲームです。

Detroit:Become Humanの推奨スペック情報とグラボ別fps、そしておすすめのゲーミングPCの紹介をしていきます。

目次

Detroit:Become Humanの特徴

  • 2038年のデトロイトが舞台
  • PC向けに最適化
  • 4K解像度対応
  • 60FPS対応(フレームレートのアンロックも可能)

舞台は2038年のデトロイト。アンドロイドが人間と同等の外見や知性を持ち、社会にとって必要不可欠な存在となった少し未来のお話です。

アンドロイドによって職を奪われた方による反アンドロイド感情や、アンドロイドを嫌悪する人もいる社会的な問題を抱えている世界観です。

Detroit:Become Humanの特徴

そんな中で変異体と呼ばれるアンドロイドは、自らの意思を持ったかのような行動をしはじめました。

プレイヤーは3体のアンドロイドを通じてさまざまなエピソードを体験していきます。プレイヤーの判断によって物語は分岐し、結末にも大きな影響を与えます。

推奨スペック

スクロールできます
必要動作環境推奨動作環境
OSWindows 10 64ビット
CPUCore i5-2300
AMD FX-8350
Core i5-6600
AMD Ryzen 3 1300 X
メモリ8GB12GB
GPUNVIDIA GeForce GTX 780
Radeon HD 7950
NVIDIA GeForce GTX 1060
Radeon RX 580
ストレージ55GB
Detroit:Become Humanの必要/推奨スペック

参考情報:ストアページの動作環境

推奨スペックは以上になります。CPUやGPUに関してはゲーム内設定によるので、高い画質設定や解像度にする場合にはより上位のCPUやグラフィックカードもおすすめです。

OSに関してはWindows 10がサポートされています。Windows11でも確認しましたが、動作していました。

CPU

60FPS115FPS
60FPSの使用率115FPSの使用率

CPUはCore i5がおすすめです。試しにCore i5-12400F(6コア12スレッドで最大4.4GHz)とRTX 3060Ti構成で試してみると快適でした。

制限解除すると100%張り付きになってしまうのですが、同時に何か処理をさせなければ問題無いとは思います。

CPU使用率に余裕を持ちたい方や、フレームレートをより出したい方はコア数が多いCore i7やCore i9を選択しても良いと思います。

推奨ではCore i5-6600(4コア4スレッドで最大3.9GHz)が推奨されています。

メモリ

メモリ

フルHD最高設定だとメモリはゲーム開始時から9.3GBが使用されていました。メモリは16GB搭載モデル以上がおすすめです。

グラボ別fps

グラボ別fps
解像度RTX 4080RTX 4070RTX 4060 Ti
4K
3840×2160
127 FPS87 FPS61 FPS
WQHD
2560×1440
140 FPS139 FPS111 FPS
フルHD
1920×1080
138 FPS138 FPS134 FPS
解像度RTX3080RTX3070TiRTX3060
4K
3840×2160
81 FPS69 FPS41 FPS
WQHD
2560×1440
132 FPS110 FPS70 FPS
フルHD
1920×1080
138 FPS138 FPS93 FPS
解像度RTX2080TiRTX2080 SRTX2070 S
4K
3840×2160
50 FPS41 FPS34 FPS
WQHD
2560×1440
74 FPS66 FPS55 FPS
フルHD
1920×1080
76 FPS74 FPS68 FPS
解像度RTX2060GTX1660TiGTX1650
4K
3840×2160
27 FPS22 FPS5 FPS
WQHD
2560×1440
46 FPS35 FPS23 FPS
フルHD
1920×1080
60 FPS52 FPS31 FPS
Detroit:Become Humanのグラボ別fps

チャプター:色あふれる世界にてムービーシーン終了後の道を歩いた際の平均フレームレート。画質設定最高画質設定。RTX 40 / RTX30 シリーズの環境:CPU:Core i9-12900K、メモリ32GB。RTX20シリーズ&GTX16シリーズの環境:CPU:Core i7-9700K、メモリ16GB。

快適性の基準値としては60fpsになります。ゲーム中のフレームレートの変動が非常に大きいので少し重い数値が出るポイントで計測しました。

  • フルHD解像度/60fpsならRTX 2060以上がおすすめです。
  • 4K解像度/60fpsならRTX 3070以上がおすすめです。

おすすめのゲーミングPC

Detroit:Become HumanにおすすめのゲーミングPCをご紹介します。

NEXTGEAR JG-A5G60

NEXTGEARミニタワー
スペック
CPURyzen 5 4500
グラフィックRTX 4060(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー

「NEXTGEAR JG-A5G60」は、CPUに「Ryzen 5 4500」を搭載し、最新の高性能グラフィクス「GeForce RTX 4060」を採用。レビュー数が200件を超える人気のモデルです。

ゲームではグラフィックスボードの性能が快適性に直結するため、コストを落として最大限ゲームを楽しみたい方におすすめのモデルです。

NEXTGEAR JG-A7G6T

NEXTGEARミニタワー
スペック
CPURyzen 7 5700X
グラフィックRTX 4060 Ti(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー

「NEXTGEAR JG-A7G6T」は、CPUに「Ryzen 7 5700X」を搭載し、最新の高性能グラフィクス「GeForce RTX 4060 Ti」を採用。レビュー数が400件を超える人気のモデルです。

高いコストパフォーマンスが魅力のゲーミングPCです。新色のホワイトカラーモデルはこちら

GALLERIA XA7R-R47

ガレリアミドルタワー
スペック
CPURyzen 7 5700X
グラフィックRTX 4070(12GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミドルタワー

「GALLERIA XA7R-R47」は、ガレリアのミドルタワー型モデルです。ガレリアの新筐体は正面部分がLEDで光り、斜めのコンソールパネルも使いやすいです。

CPUに性能重視モデル「Ryzen 7 5700X」を搭載&高性能グラフィクス「GeForce RTX 4070」搭載で快適にゲームを楽しめます。

「GALLERIA XA7C-R47S」の実機レビュー|RTX 4070 SUPER搭載

G-Tune DG-I7G7S

G-Tuneミニタワー
スペック
CPUCore i7-14700F
グラフィックRTX 4070 SUPER(12GB)
メモリ32GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー

「G-Tune DG-I7G7S」は、高解像度でプレイしたい方にもおすすめのGeForce RTX 4070 SUPERを搭載した高性能ゲーミングPCです。

最新のインテル第14世代「Core i7-14700F」&メモリ32GBで快適に重量級ゲームを楽しめます。ケースはブラックとホワイトモデルの2色展開で、カスタマイズでLEDの色も選択可能です。

「G-Tune DG-I7G7S」はマウスコンピュータースタッフもおすすめするゲーミングPCです。

GALLERIA XA7C-R47TS

スペック
CPUCore i7-14700F
グラフィックRTX 4070 Ti SUPER(16GB)
メモリ32GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミドルタワー

「GALLERIA XA7C-R47TS」は、CPUに性能重視モデル「Core i7-14700F」を搭載し、高性能グラフィクス「GeForce RTX 4070Ti SUPER」を採用。ビデオメモリ16GB搭載で4K解像度の重量級ゲームも快適です。

FPS / TPSゲームを高fpsで楽しみたい方や、4K解像度でゲームを楽しみたい方にもおすすめのゲーミングPCです。

「GALLERIA XA7R-R47TS 7800X3D搭載」の実機レビュー|RTX 4070 Ti SUPER搭載

Detroit:Become Humanはウルトラワイドに対応している?

デフォルトでは対応していないです。

自己責任になりますが、MODを使用する事でウルトラワイドに対応する事は可能です。気になる方はチェックしてみて下さい。

FPS制限の解除について

Detroit:Become Humanではフレームレートが30fps、60fpsに固定する事ができます。また、VSYNCの項目もあります。30fps、60fpsの選択になっているのでデフォルトの状態では最大フレームレートは60fpsとなります。

Detroit:Become Humanをインストールしたフォルダの中に『GraphicsOptionJSON』というファイルがあります。それをメモ帳等で開き、『FRAME RATE LIMIT』の横にある数値を変更する事でフレームレートリミットを解除する事ができます。

0は30fps、1は60fps、2は90fps、3は144fps、4は無制限フレームレートとなるので4を入力する事で制限を解除する事が可能です。ただ、実際には変更されていてもインゲームの映像のグラフィックスオプションではそのままの数値となります。

あわせて読みたい
『サイバーパンク2077』の推奨スペックとおすすめゲーミングPC オープンワールドアクションアドベンチャー『サイバーパンク2077(Cyberpunk 2077)』の必要スペックと推奨スペック、グラボ別fpsの検証、そしておすすめのゲーミングPC...
あわせて読みたい
ニーア オートマタの推奨スペックとおすすめのゲーミングPC NieR:Automata(ニーア オートマタ)は前作のニーア ゲシュタルト/レプリカントのDルートのその後の世界を描いた作品となっています。 NieR:Automataの必要/推奨スペッ...
目次