ゲーム推奨スペック

NieR:Automata(ニーア オートマタ)の推奨スペックとおすすめPC

NieR:Automata(ニーア オートマタ)は前作のニーア ゲシュタルト/レプリカントのDルートのその後の世界を描いた作品となっています。

基本的には前作をプレイしていなくても楽しめる作品になっていますが、前作を未プレイという方はゲシュタルト/レプリカントをプレイするのもおすすめです。

NieR:Automataの特徴

ニーア オートマタはアクションが非常に秀逸です。またキャラクターデザインも非常に作り込まれているので操作していて楽しいと感じる方が多いと評判です。ストーリーは前作のカルト的な人気を踏襲して今作でも健在です。また、サウンドも今作も良質なBGMが多いです。

NieR:Automataの推奨スペック

NieR:Automata
 必要動作環境推奨動作環境
OSWindows 7, Windows 8.1, Windows 10(各64ビット)
CPUIntel Core i3 2100 以上
AMD A8-6500 以上
Intel Core i5 4670 以上
AMD A10-7850K 以上
メモリ4GB8GB
ストレージ60GB以上
グラフィックカードNVIDIA GeForce GTX 770 VRAM 2GB 以上
AMD Radeon R9 270X VRAM 2GB 以上
NVIDIA GeForce GTX 980 VRAM 4GB 以上
AMD Radeon R9 380X VRAM 4GB 以上
DirectX11
解像度1280×7201920×1080

参考情報:Steam

最低スペックではGTX770(ビデオメモリ2GB以上)となっています。最低限ビデオカードを搭載したパソコンが必要になります。

推奨スペックとしては、CPUは4コア4スレッドのCore i5 4670 以上、GPUはGTX 980が指定されています。VRAMに関しては4GB以上。

NieR:Automataのベンチマーク

4K

WQHD

FHD

クリックで拡大します。画質設定:HIGH、レジスタンスキャンプ周辺のフレームレートになります。

PCゲームでは60fpsで動作するという事が快適に動く指標となっています。上記の表で58fps出ているグラフィックカード搭載機であれば快適にニーアオートマタが動作する指標となります。

 4K解像度で快適な動作を期待したい方におすすめはRTX2080Tiです。

 フルHD解像度で快適な動作を期待したい方におすすめはGTX1650 SUPER以上のGPUです。

NieR:AutomataにおすすめのゲーミングPC

フルHD60FPSに好適なゲーム性能

G-Tune PM-B-AF
CPUCore i7-9700
グラフィックGTX1660 SUPER(6GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD 2TB HDD
ケースミニタワー(MicroATX)

レビューはこちら公式サイトはこちら

ガレリア XA7C-G60S
CPUCore i7-10700
グラフィックGTX1660 SUPER(6GB)
メモリ16GB
ストレージNVMe SSD 512GB
ケースミドルタワー(ATX)

公式サイトはこちら

まとめ

ゲームにおいて最も重要なグラフィックボードの性能目安です。数値は製品によって誤差があるので参考程度に見てみて下さい。

ニーアオートマタは現行のミドルクラスであれば快適に動作します。高解像度でプレイしたい方はハイエンドクラスがおすすめです。

CODE VEIN(コードヴェイン)の推奨スペックとベンチマーク 『CODE VEIN(コードヴェイン)』の推奨スペック情報と実機ベンチマーク、そしておすすめのゲーミングPCの紹介をしていきます。コ...
【MHWI】アイスボーンの推奨スペックとおすすめPC モンハンワールドはカプコン史上初のグローバル出荷本数が1,400万本を突破したハンティングアクションゲームです。 PC(Steam...
MMORPG「黒い砂漠」のおすすめPCスペック キャラのカスタマイズだけで日が暮れる。。。 黒い砂漠ってどんなゲーム? 5月8日にオープンサービスが開始されたゲームです。2...
おすすめピックアップ記事