PCゲームの推奨スペックから選ぶ

NieR:Automata(ニーア オートマタ)の推奨スペック

NieR:Automata(ニーア オートマタ)は前作のニーア ゲシュタルト/レプリカントのDルートのその後の世界を描いた作品となっています。

基本的には前作をプレイしていなくても楽しめる作品になっていますが、前作を未プレイという方はゲシュタルト/レプリカントをプレイするのがいいかと思います。

PS4版ではノーマルの場合とPS4 PROだとグラフィックスや解像度に変化がありましたが、PC版にはそのような事が無いのでお使いのPCのスペック依存になります。

NieR:Automataの特徴

ニーア オートマタはアクションが非常に秀逸です。またキャラクターデザインも非常に作り込まれているので操作していて楽しいと感じる方が多いと評判です。ストーリーは前作のカルト的な人気を踏襲して今作でも健在です。また、サウンドも今作も良質なBGMが多いです。

NieR:Automataの推奨スペック

NieR:Automata
 必要動作環境推奨動作環境
OSWindows 7, Windows 8.1, Windows 10(各64ビット)
CPUIntel Core i3 2100 以上
AMD A8-6500 以上
Intel Core i5 4670 以上
AMD A10-7850K 以上
メモリ4GB8GB
ストレージ60GB以上
グラフィックカードNVIDIA GeForce GTX 770 VRAM 2GB 以上
AMD Radeon R9 270X VRAM 2GB 以上
NVIDIA GeForce GTX 980 VRAM 4GB 以上
AMD Radeon R9 380X VRAM 4GB 以上
DirectX11
解像度1280×7201920×1080

参照;ニーア オートマタの推奨スペック

NieR:Automataのベンチマーク

GPU4K
3840×2160
WQHD
2560×1440
フルHD
1920×1080
RTX2080Ti58 FPS58 FPS58 FPS
RTX2080 SUPER50 FPS58 FPS58 FPS
RTX208048 FPS58 FPS58 FPS
RTX2070 SUPER44 FPS58 FPS58 FPS
RTX207038 FPS58 FPS58 FPS
RTX2060 SUPER37 FPS58 FPS58 FPS
RTX206036 FPS58 FPS58 FPS

画質設定:HIGH、レジスタンスキャンプ周辺のフレームレートになります。ドライバー:GEFORCE GAME READY DRIVER 436.15、CPU:Core i7-9700K、メモリ:16GB

MOD未使用ですと60FPS上限になるので計測すると58FPS(正確には58.8fps~58.9fps)という数値になりましたが実際には60FPS張り付きと考えてもらってOKです。場所によって変動もあると思いますので参考程度にみて下さい。

RTX20シリーズが発売されたのでHIGH設定で4Kでプレイしてみましたが最高画質でプレイする場合にはRTX2080Tiが必要という検証結果でした。SSDはNVMe SSDにインストールして計測を行いました。

【2019年最新】今本当に買うべきおすすめのゲーミングPC ゲーミングPCをいざ買おうと思っても”色々な製品があり過ぎて”「自分に最適なゲーミングPCが選べない」と感じている方に、今本当に買う...

おすすめのゲーミングPCはこちらです。以下は過去の検証記録となっています。

MODに関して

MODに関しては「Reshade」というグラフィックを変更するタイプの物とフレームレートを変更する「Far」の2つを試してみました。動作検証にはGTX1070搭載PCを採用しています。

Reshade

バニラ
Reshade例1
Reshade例2

Reshade例2に関してはやり過ぎてる感がありますが、Reshade例1くらいだとHDR化した!みたいな感覚に陥って新鮮な気持ちでプレイする事が可能でした。デフォルトの退廃感もいいですが、Reshade導入するとグラフィック表現の幅が広がるのでおすすめです。

Far

Farを導入するとフレームレートの上限がデフォルトで60FPSですが、フレームレートリミッターという項目を0にする事で無制限にする事が可能です。また、Lightningという項目の設定をウルトラ~オフに変更する事でFPS値が大幅に変わります。FPS値をとにかく稼ぎたい方は下げるのがいいでしょう。

PS4版をプレイ済みだけれどもPC版を購入する意義

ハード解像度FPS
PC3840×216060FPS(MOD使用で無制限)
PS4pro1920×108060FPS
PS41600×90060FPS

PC版では解像度が4Kに対応していますが4K解像度についてはサポート対象外となりますとSteamのストアページに記載があります。

突然カクつきが発生する理由について

カクつく理由はストレージかもしれません。HDDからSSDに変えるとカクつきがかなり解消されます。理想的にはNVMe SSDがおすすめです。

過去の検証

2018/04:4Kはどのくらい重い?

解像度最小最大平均
4K213626
WQHD476156
FHD506158

Core i7-8700K&GTX1080&16GBメモリ(DDR4)&SSD環境で画質プリセットはHIGHの状態でそれぞれの解像度の変化のニーアオートマタのフレームレートを計測。

おすすめピックアップ記事