おすすめツール

PCゲームのフレームレートを上げる方法

ゲーミングPCを買ったらやる事と同じかもしれませんが、基本的なパフォーマンス向上の設定についてまとめています。

OSのアップデート

WindowsのOSのアップデートはWindows10の場合には左下の『Windowsキー』を押し、『設定』→『更新とセキュリティ』→『更新プログラムのチェック』でアップデートを行えます。

手動ではこちらからダウンロードする事が可能です。

GeForce Experienceのドライバー更新

グラフィックボードのドライバーは最新にしましょう。GeForce Experienceを導入しておくとアップデートするのに楽になるので導入をおすすめします。

GEFORCE EXPERIENCEのダウンロードはこちら

左上のドライバーというタブに切り替えて『更新プログラムの確認』を押す事でアップデートがあれば自動で適用されます。

電源オプションから高パフォーマンス

『コントロールパネル』→『ハードウェアとサウンド』→『電源オプション』→『高パフォーマンス』

コントロールパネルは左下の検索窓にコントロールパネルと入力すれば出てきます。もしくは検索窓に電源と入力すれば電源オプションをそのまま選択頂く事も可能です。

パフォーマンス最大化を優先

Windowsデスクトップ画面で右クリック『NVIDIAコントロールパネル』→『3D設定の管理』→『電源管理モード:パフォーマンス最大化を優先』

 

フレームレートを上げるお手軽な方法はビデオカード交換

もしパフォーマンス不足を感じているのであればビデオカードの交換をするのが最もお手軽で確実な方法です。CPUを交換するとよりフレームレートが出ますが、他のパーツも交換していかなければならないので、性能に不満を感じたらビデオカードを交換して2年程度延命し、ゲーミングPCを購入するというサイクルがおすすめになります。

OC版等の場合にはパフォーマンスも多少出ますが、消費電力も飛躍的に増える商品も多いので定格かちょっとだけOCされている商品をおすすめします。GPUの性能限界までOCされている場合には上位グレードと同等の消費電力なのに上位グレードの定格の方が圧倒的にパフォーマンスが上という状況も有りえてしまうのでビデオカード選定には商品の価格だけでなくその辺りも念頭に置きながら選ぶのが良いでしょう。

番外編

基本的なパフォーマンス向上の設定は以上になりますが、自分で改造して失敗したというパターンの対処法も記載しておきます。

冷却が十分かはしっかりと確認しよう!

ゲーミングPCはパーツで構成されています。その中でもCPUとGPUが発熱の高いパーツとして知られています。

GPUには専用のファンが搭載されているので間違いようがありませんが、CPUは自分でCPUクーラーを取り付け、もしくは交換したり、ケースファンも改造した場合には取り付けという部分で間違えてしまうという場合が稀にあります。

その結果として冷却が足りていないと著しくパフォーマンスが低下します。

例えばCPUクーラーの取り付けが間違えており、CPUが全く冷却されていない状況があると仮定すると恐らくゲーム中に突然ゲームが落ちる、もしくはゲームでのフレームレートが著しく低下するかのどちらかだと思います。

特に重量級ゲームのような高グラフィックスが要求されてるゲームをプレイした場合にはスペックは足りているのにゲームがうまく起動しない、落ちるという場合もあるでしょう。

その場合にはエアフローがきちんとなっているかどうかを確認してみて下さい。CPUクーラーのファンの位置は正常かどうか、ケースファンの向きは正しいかどうかという点に注意して冷却がしっかりと出来ているかどうかの確認はした方がいいです。

温度が高くてパフォーマンスが低下するのであればサーマルスロットリングが発生しているかもしれません。サーマルスロットリングが発生しているかどうかを確認するツールとしてはHWiNFOがあります。

HWiNFOのダウンロードはこちら

ベンチマークを回したりしてその時にサーマルスロットリングが発生しているかどうかを確認してみるというのも有効な方法です。

ベンチマークについてはこちらでまとめているのでチェックしてみて下さい。

サーマルスロットリングについて

CPU温度が100℃に達すると誤動作や破壊の危険性が高まりますが、安全機構が備わっており、動作クロックを下げる、駆動電圧を下げる、動作を間欠的にする、最終的にシャットダウンするという手順を取ります。サマールスロットリングがあるので安心して使えるのですがパフォーマンスの観点からは下がるので冷却が重要視されるという事ですね。

空冷のクーラーでも十分な冷却効果はありますが、より冷却を求める場合には水冷が最大の効果になります。

CPUクーラーも時間が経つとほこりがたまっているという場合もあります。

これによって冷却性能が落ちるという事も考えられるので定期的なメンテンナスをするのがおすすめです。分解して取り外してエアダスターなどでほこりをふいて飛ばしてしまえばメンテンスとしては十分効果が見込めます。

その際にCPUグリスの塗り直しもしてみましょう。2年くらいでグリスの塗り直しをする事が推奨されています。

冷却を高める事でフレームレートも安定的に出るという事になるので冷却効果を高める事はパフォーマンスの観点からも、製品寿命を伸ばすという観点からも非常におすすめになります。

小ネタ

ベンチマークだとスコアが微妙に向上するメモリの設定編です。設定で苦戦したので備忘録的に書いておきます。これをやってもフレームレートが向上する事を体感する事はほぼ出来ないでしょう。

X.M.Pメモリーは製品それぞれに最適な設定が記録されているのでX.M.Pを有効にすれば適用されます。

メモリにも種類がある?DDR4のメモリは何が違うの?

メモリに関してはドスパラさんの記事が参考になるので一読をおすすめします。

これに至るまでになぜかCSMとセキュアブートで苦戦していました。

UEFI BIOSでドライブがブートメニューに表示されない・認識しない場合

大変参考になったので同様につまずいた方はこちらの記事を参考にしてみて下さい。SSDが認識しなくなるという場合もこれをクリアしないとダメな気がします。Windowsが起動しなくなってしまうのでシステムエラーでWindowsが落ちていたのですが、上記設定で解決しました。

1333×2なので2666MHzという事でメモリの設定が出来たという小ネタでした。メモリの設定ができる方はメモリの設定も済ませるのが良いでしょう。

おすすめピックアップ記事