MENU
はじめてゲームPC
ゲーミングPCやゲーミングノートPCの実機レビューを200台以上行いました。
最新ハードウェアのゲーム検証やベンチマーク検証もしているので、ゲーミングPC選びの参考にしてみて下さい。
はじめてゲームPCおすすめ限定モデル詳しくはこちら

Red Dead Redemption2の推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

当ページのリンクには広告が含まれています。
Red Dead Redemption2の推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

ロックスター・ゲームスのPC版『レッド・デッド・リデンプション 2(Red Dead Redemption 2)』が2019年11月5日に発売。オープンワールドゲームが好きな方は是非チェックしてみて下さい。

レッド・デッド・リデンプション2の推奨スペックとおすすめのゲーミングPCの紹介をしていきます。

目次

レッド・デッド・リデンプション2の特徴

  • 4K / HDR / 高フレームレート対応
  • マルチモニター対応(複数枚のディスプレイ)
  • ワイドスクリーン対応(ウルトラワイド)

レッド・デッド・リデンプション2は、1899年のアメリカを舞台とした西部劇オープンワールドゲームです。

グラフィックが美麗で、ストーリーの評価も高いゲームです。

レッド・デッド・リデンプション2の推奨スペック

スクロールできます
必要動作環境推奨動作環境
OSWindows 7 – Service Pack 1(6.1.7601)Windows 10 – April 2018 Update(v1803)
CPUIntel i5-2500K
AMD FX-6300
Intel i7-4770K
AMD Ryzen 5 1500X
GPUNVIDIA GeForce GTX 770 (2GB)
AMD Radeon R9 280 (3GB)
Nvidia GeForce GTX 1060(6GB)
AMD Radeon RX 480(4GB)
メモリ8GB12GB
ストレージ150GB150GB

参考情報:rockstargamesの公式サイトの動作環境

レッド・デッド・リデンプション2の必要スペックと推奨スペックを見ていきましょう。

最低限必要なスペック

『単純に動かすだけ』という目安の最低限必要なスペックを見ていきましょう。

レッド・デッド・リデンプション2に必要なスペックに記載されているGTX 770は、3DMark TimeSpyグラフィックススコアで2100前後のスコアなので、現行モデルならGTX 1650でも余裕です。

推奨のおすすめPCスペック

推奨のおすすめPCスペック

『実際にこれくらいの性能があれば快適に動かせる』というのが推奨スペックになります。

必要スペックでは快適にプレイ出来ない事が多いので、推奨動作環境以上の性能がおすすめです。

CPUは「Core i7-4770K(4コアで最大3.9GHz)」「Ryzen 5 1500X(4コアで最大3.7GHz)」となっています。

グラフィックスはGeforce GTX 1060が推奨スペックになります。

現行モデルではGTX 1060と同等クラス以上の性能を持っているのはGTX 1660 SUPER / RTX 3050となります。

レッド・デッド・リデンプション2の画質比較

レッド・デッド・リデンプション2の画質設定は任意で調整するタイプの画質設定になります。ハードウェアの性能に合わせて自動で調整してくます。

今回は最高画質と最低画質の2つの画質を比較しました。

最高画質

最高画質

最高画質になるので、スペックに余裕がある方向けです。かなりスペックが求められますので、最高画質でプレイしたい方はスペックの確保が重要になってきます。

最低画質

最低画質

最低画質はかなり画質が落ちますが、要求スペックが低いのがメリットです。ハードウェアの性能に合わせて画質の調整をしましょう。

グラボ別ベンチマーク比較

レッド・デッド・リデンプション2のグラボ別fps比較を画質設定別に計測しました。

59fps以下には赤色を付けて分かりやすくしています。快適にプレイするなら60fps以上がおすすめです。

最高設定

スクロールできます
GPU4K
3840×2160
WQHD
2560×1440
フルHD
1920×1080
RTX 4090135 FPS146 FPS148 FPS
RTX 408093 FPS122 FPS134 FPS
RTX 4070 Ti73 FPS99 FPS115 FPS
RTX 407059 FPS81 FPS93 FPS
RTX 4060 Ti44 FPS62 FPS73 FPS
RTX 406036 FPS49 FPS57 FPS
RTX 306031 FPS42 FPS48 FPS
RTX 305022 FPS30 FPS34 FPS

最高画質設定で快適にプレイするにはフルHD解像度ならRTX 4060以上、WQHD解像度ならRTX 4060 Ti以上、4K解像度ならRTX 4070以上がおすすめになります。

最低設定

スクロールできます
GPU4K
3840×2160
WQHD
2560×1440
フルHD
1920×1080
RTX 4090154 FPS155 FPS155 FPS
RTX 4080153 FPS155 FPS155 FPS
RTX 4070 Ti143 FPS155 FPS155 FPS
RTX 4070128 FPS155 FPS155 FPS
RTX 4060 Ti91 FPS149 FPS153 FPS
RTX 406078 FPS136 FPS153 FPS
RTX 306071 FPS119 FPS148 FPS
RTX 305051 FPS89 FPS123 FPS

画質は一切こだわらないという方向けの最低設定で快適にプレイするには、フルHD / WQHD解像度なら今回検証したエントリーモデルRTX 3050でもかなり余力がありました。

4K解像度ならRTX 3060以上で快適に動作します。

ゲーム内ベンチマークを実行した際の平均フレームレート。NVIDIA DLSS:クオリティ設定。CPU:Core i9-12900K、メモリ32GB。

おすすめグラボまとめ

解像度画質グラボ
4K最高RTX 4070
最低RTX 3060
WQHD最高RTX 4060 Ti
最低RTX 3050
フルHD最高RTX 4060
最低RTX 3050

フルHD解像度なら少し画質調整すればRTX 4060 Tiまで無くても、RTX 4060でも十分綺麗な画質でプレイ出来るのでおすすめです。

WQHD解像度ならRTX 4060 Ti程度の性能がおすすめで、4KではRTX 4070以上あれば綺麗な画質で快適にレッド・デッド・リデンプション2が楽しめます。

最低画質は、今回検証した中で最も性能が低いRTX 3050を記載していますが推奨要件にあるGTX 770より性能の高いGTX 1650でも快適に動作すると思われます。

ただ、レッド・デッド・リデンプション2はNVIDIA DLSSに対応していますので、これから購入される方はNVIDIA RTX 30シリーズや40シリーズの購入をおすすめします。

おすすめのゲーミングPC

レッド・デッド・リデンプション2におすすめのゲーミングPCをご紹介します。

G-Tune DG-I5G60(ホワイトカラーモデル)

G-Tuneミニタワー
スペック
CPUCore i5-14400F
グラフィックRTX 4060(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー

このリンクからお得に購入できる特別価格モデルとなっています。詳細はこちら

「G-Tune DG-I5G60」は、インテル第14世代CPU&高性能グラフィックス「RTX 4060」搭載。

G-Tuneのミニタワー型モデルのホワイトカラー採用モデルとなっています。ケースには標準でガラスサイドパネル&青色のLEDファンが搭載。

G-Tune DG-I5G60(ホワイトカラーモデル)」は、アスキーベストバイアワード2023 デスクトップ部門受賞モデルになります。

「G-Tune DG-I5G6T」の実機レビュー|ホワイトケース&青色LED

NEXTGEAR JG-A7G6T

NEXTGEARミニタワー
スペック
CPURyzen 7 5700X
グラフィックRTX 4060 Ti(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー

「NEXTGEAR JG-A7G6T」は、CPUに「Ryzen 7 5700X」を搭載し、最新の高性能グラフィクス「GeForce RTX 4060 Ti」を採用。

高いコストパフォーマンスが魅力のゲーミングPCです。新色のホワイトカラーモデルはこちら

GALLERIA RA7C-R46T

ガレリアミドルタワー
スペック
CPUCore i7-14700F
グラフィックRTX 4060 Ti(8GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
ケースミドルタワー

「GALLERIA RA7C-R46T」は、GALLERIAのミドルタワー型のゲーミングPCです。ガレリアの新筐体は正面部分がLEDで光り、斜めのコンソールパネルも使いやすいです。

グラフィックスは、高性能グラフィックス「RTX 4060 Ti」搭載で、重量級ゲームも快適に楽しめる性能が魅力的です。

「GALLERIA XA7C-R46T」の実機レビュー RTX4060Ti搭載

G-Tune DG-I7G70

スペック
CPUCore i7-13700F
グラフィックRTX 4070(12GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー
強化ガラスサイドパネル

「G-Tune DG-I7G70」は、CPUに「Core i7-13700F」を搭載し、ゲームで重要なグラフィックスボードにはNVIDIAの「GeForce RTX 4070」を搭載。当サイト限定モデルでお得な価格になっています。

WQHD解像度の重量級ゲームも快適に楽しめる性能で、タイトルによっては4K解像度でゲームも楽しめます。

「G-Tune DG-I7G70」はマウスコンピュータースタッフもおすすめする超目玉パソコンです。

G-Tune DG-I7G7S

G-Tuneミニタワー
スペック
CPUCore i7-14700F
グラフィックRTX 4070 SUPER(12GB)
メモリ32GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー

「G-Tune DG-I7G7S」は、GeForce RTX 4070 SUPERを搭載した高性能ゲーミングPCです。WQHD解像度でゲームを楽しみたい方におすすめのモデルです。

最新のインテル第14世代「Core i7-14700F」&メモリ32GBで快適にゲームを楽しめます。ケースはブラックとホワイトモデルの2色展開で、カスタマイズでLEDの色も選択可能です。

GALLERIA RA7C-R47T

スペック
CPUCore i7-14700F
グラフィックRTX 4070 Ti(12GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
ケースミドルタワー

「GALLERIA RA7C-R47T」は、CPUに性能重視モデル「Core i7-14700F」を搭載し、高性能グラフィクス「GeForce RTX 4070Ti」を採用。

FPS / TPSゲームを高fpsで楽しみたい方や、DLSS活用の4K解像度でゲームを楽しみたい方にもおすすめのゲーミングPCです。

GALLERIA XA7C-R47T(RTX4070Ti搭載)の実機レビューはこちら

あわせて読みたい
『サイバーパンク2077』の推奨スペックとおすすめゲーミングPC オープンワールドアクションアドベンチャー『サイバーパンク2077(Cyberpunk 2077)』の必要スペックと推奨スペック、グラボ別fpsの検証、そしておすすめのゲーミングPC...
あわせて読みたい
Starfieldの推奨スペックとおすすめのゲーミングPC SFオープンワールド「Starfield」は、「The Elder Scrolls V: Skyrim」や「Fallout 4」で有名なベセスダの25年ぶりの新作ゲームです。 太陽系の外へと旅立った人類の壮...
目次