初心者向けのゲーミングPCの選び方

ゲーミングPCはなぜ光るのか?BTOの場合はほとんど光らない

ゲーミングPCやゲーミングデバイスがなんで光るのか理解できないと思う方もいると思います。

主観的な価値観でゲーミングPCやゲーミングデバイスを選んでいけばOKなので光らないゲーミングPCや光らないゲーミングデバイスも売っています。

何か光るの嫌だな―と思われる方はそちらを選択する事も可能です。

なんでゲーミングは光る?

理由としては単純にカッコいいと感じる方が多いからだと思います。ゲーミングPCやゲーミングデバイスを作っているメーカーの方も多分そっちの方が売れるから販売しているという状況はあると思います。

ゲーミングPCの場合には光るゲーミングPCとして売られている事もあるとは思いますが、逆に自分で改造して光らせるといった事をする方もいると思います。

ゲーミングデバイスの場合にはキーボードだと光る事で視認性が上がる場合があるので人によってはバックライトキーボードが欲しいと考えていて、単色だと寂しいから多色がいいという場合もあると思います。

光るゲーミングデバイスはコスパが悪い?

基本的には価格が上がる傾向があります。部材の材料費や開発費が上がると思うのでこれはしょうがない部分もあると思います。

デバイス関連だと価格が高いのに光らないデバイスを探す方が困難では?というくらい価格が上がると光るデバイスが多くなる傾向がありますね。

なのでコスパを考える場合には光らないゲーミングデバイスを探す方がコスパに優れた商品をゲットできる可能性は上がるかもしれません。

ただ、ほとんどの方はそこはあまり意識しない人の方が多いとは思います。

どちらかというと光るかどうかより性能だったり使い勝手を重要視してデバイスを選ぶ人が多いと思うので光るかどうかというのは二の次という感じだと思います。

キーボードとマウスに関してはこちらでまとめています。基本的にはキーボードの場合にはゲーム用途の場合にはメカニカル方式が選ばれる傾向にあるのでメカニカル=ほとんど光るという図式になります。

マウスもキーボードほどでは無いと思いますが5,000円を越えるような製品はロゴが光ったりする場合が多いですね。

光らないようにする事は可能?

(Corsairのキーボードの例:照明効果の下のボタンを切る事でバックライトを無効にする事が可能)

(Razerのマウスの例:ライティングの明るさというボタンを切る事でロゴ等が光らなくなった)

ゲーミングデバイスはソフトによってカラーが調整可能なのでオフにする事で光らせないという事が可能なデバイスも多いと思います。

なので光らせたくないと考えている場合には価格が高くなるデメリットもありますが、高価格帯の方がカラーの光量の調整機能や光らせ方が豊富な傾向にあるのでメリット部分もあります。

光らせたくないという事を明確にしている場合には最初から光らないデバイスを探す方がコスパを考えるとおすすめですね。ただ選択肢が少なくなってしまうデメリットがあります。

光るゲーミングPCはコスパが悪い?

ゲーミングPCの場合だと自作系だと色んなPCパーツが販売されていて高い製品は大抵光る傾向があります。

最近だとマザーボードがピカピカ光ったり、PCケースが光ったり、LEDファンでさらにピカピカ光ったりというような商品も色々登場しているのでそれらを買ってきて自分で改造したりする事も可能だと思います。

コスパという観点だとゲーミングPCの場合には光るゲーミングPCは基本的にはコスパが悪いと思います。

ノートPCの場合には本体とキーボードやモニターが完全に一体になっているので分離する事が出来ない構造上、特にキーボードの場合には暗所での作業で快適と感じる方も多いのでコスパという部分では測れない所もあると思います。

デスクトップPCの場合にはPCデスクの上に置くのか下に置くのかという場合で変わってくると思います。

単純に下に置いた場合には本体を見る機会がほとんど無いと思うので光っても光らなくてもあまり意味が無いのではと個人的には思います。これは完全に個人の自己満足的な部分だと思います。

PCデスクの上に置いた場合には見る機会が多くなるので光る事で本人の満足度が上がるのであれば良いと思います。

結局は本人が満足したらOKという部分だと思うのでコスパで考えると悪いと思いますがそこに付加価値を見いだせるのであれば価格以上の価値があるのかなと思います。

サイコムで光るゲーミングPCの取り扱いがある場合があります。 とにかく光るゲーミングPCが欲しいという方は要チェックですね。

DELL(エイリアンウェア)実機レビューもしましたが、めちゃくちゃ光ります。ノートPCで光るのが欲しいという方はエイリアンウェアのノートPCはおすすめです。

BTOのゲーミングPCはほとんど光らない

特にコスパという部分を重要視するBTOの場合ゲーミングPCでも光らない事がほとんどですね。管理人が実機レビューしたゲーミングPCでむしろ光っているゲーミングPCの方が比率としては少ないと感じます。

言い換えるとほとんど人はそこを求めていないという事なのかもしれません。光るゲーミングPCが欲しい人は自分で改造したりする傾向が強いと感じます。

光るとどうしてもコスパ面で劣ってしまうのでそこよりも性能だったり実用性という部分を重要視する場合にはBTOでゲーミングPCを買うのがコスパでは優れていますね。

光らなくても機能としての部分で特にデスクトップPCの場合には問題になる事は無いのであくまで自己満足や付加価値的な部分を高めるという部分に魅力を感じた場合には選択肢に入れてもOKなのかなと思います。

自分で要らないと思った場合には不要ですし、欲しいと思った場合には自己責任で自分で改造をしたり自作する事で光らせる事は可能だと思います。

デバイスの場合には光る事というよりもその製品の使い心地等で選んで結果的に光ったというパターンも多そうです。

という訳で今回は以上になります。なぜゲーミングPCは光るのかという事をテーマに書いてみましたが、結局は自己満足的な部分が大きいですね。なんとなくカッコいいという感じだと思います。

なので光らせたくないという方は光らないゲーミングPC選びをする事でコスパを重視できる場合が多いのでおすすめです。