20万以下で選ぶおすすめのゲーミングPC

公開日: : 最終更新日:2016/12/20

Pocket

200000

このページでは15万円~20万円の間の価格帯の商品の中で、特におすすめする商品を紹介していきます。

20万円以下という価格について

20万円以下というのはゲーミングPCの中ではどのくらいの位置に君臨するのか?というのが分からない方もいると思うので簡単に言うと、ハイエンドと呼ばれるグラフィックボードを搭載したゲーミングPCに手が届きます。

高性能のグラフィックボードを積んだ商品を購入する事が出来ますし、逆にワンランク下げて他のパーツをより高品質な製品にグレードアップする事も出来ます。

20万円以上だと最強・最高のマシンを購入する事が可能ですが、20万円以下で十分実用性のあるゲーミングPCは購入可能です。

価格を削ると何かを取捨選択しなければなりませんが、この価格帯であればその必要は無いです。問題はそのスペックをあなたが使いこなせるかどうかです。

20万円でも安心出来ないPCゲームの深さ

これだけ高性能だとゲーミングPC以外の要素が深く関わってきます。具体的には4Kモニター、144Hzなどのゲーミングモニター、VRなどです。これらがあって初めて性能を実感する事が可能なスペックになります。

普段お使いのモニターがフルHD(1920×1080)の60Hzだとこの価格帯ならばほぼどんなゲームも快適に動作しますが、逆に言うとオーバースペックになり性能を使い果たせません。

なので4Kは最新のゲームだとまだまだ性能不足でどれだけ性能があっても安心出来ませんし、144Hzを使い果たすには144FPSを常時叩き出すスペックが必要になります。VRもタイトル次第なので超大作タイトルが出た時にどうなるかはまだまだ未知数です。

これらの要素があるので性能はどれだけあっても使う人にとっては足りないというのが本音です。

現状この価格帯で選ぶべきスペックは?

現在販売される商品の中で性能順で言うのならGTX1080>GTX1070と続いていきますが、この価格帯で選ぶならこの2つのどれかかと思います。GTX1080の上にTAITAN Xがありますが、高すぎるので除外です。

この両者なら当然GTX1080が性能が高く価格も落ち着いてきた感があるのでおすすめです。

それか、GTX1070にして他のパーツをより高品質にした商品がおすすめです。この両者を以下でおすすめ商品として紹介しています。

グラッフィクボードの性能比較

グラフィックボード性能比較(3Dmark) スコア
GTX960
6,543
GTX970
9,974
GTX980
11,326
GTX980Ti
13,616
GTX1060
11,029
GTX1070
14,443
GTX1080
17,216

最新世代の1000番台のGPUは圧倒的な性能にも関わらず価格は前世代のグラフィックボードよりも抑えられている上位互換です。今から購入される方は迷いなく最新世代のGPUが搭載されている商品を購入しましょう。

20万円以下のおすすめのゲーミングPC

NEXTGEAR i650PA7-SP2(マウスコンピューター)

NEXTGEAR i650PA7-SP2(マウスコンピューター)
ng2_80b OS Windows10
CPU Core i7-6700K
グラフィック GTX1080(8GB)
メモリ 16GB
ストレージ 480GB HDD 3TB
マザー Z170(ATX)
電源 700W(80PLUS BRONZE)

最新のハイエンドのGTX1080を搭載し、FPS系のグラフィックが重いようなゲームをラクラク処理出来るスペックを備えています。FPS値を稼いでゲーミングモニターを使い、より良い環境で勝負したいという方におすすめです。

ガレリアZF

ガレリアZF(ドスパラ)
ガレリアZF
kt_410 OS Windows10
CPU Core i7-6700K
グラフィック GTX1070(8GB)
メモリ 16GB
ストレージ NVMe SSD 256GB HDD 3TB
マザー Z170(ATX)
電源 500W(80PLUS BRONZE)

最新のパーツ構成に次世代SSDのNVMeを搭載、ガレリアのZシリーズは標準で静音パックまんぞくコースが付属しているのでCPUファン周りにカスタマイズの必要は無いのでそのままのデフォルト構成で購入しても失敗がありません。

予算に合わせてGTX1080搭載モデルやGTX1060搭載モデルの販売もあるので用途に応じて選択して下さい。でも個人的にはGTX1070がバランスの取れた性能と価格なのでおすすめです。

Pocket

🔺TOP