ゲーミングPCを買う時の予算の目安

公開日: : 最終更新日:2018/04/14

Pocket

ゲーム用のパソコンという事は普通のパソコンとは予算配分が変わってきます。そして選ぶ要素も違ってきます。普通のパソコンならグラフィックボードというパーツが搭載されていません。このパーツもピンきりですが、性能が高くなると必然的に他のパーツのスペックもアップする必要があるので高くなりがちです。

なので最低限の予算としてゲーミングPCを選ぶなら12万円以上は必要になってきます。後はどのゲームで遊びたいのか、ゲームの他にも動画編集やエンコードなどの重い作業をするのかという事でも予算が変わってきます。

ゲーミングPCの価格帯はいくらくらいが目安? こちらの記事で作業内容によって予算配分が変わるという事を書きました。 実際に購入する予算に合わせておすすめのゲーミングPCを紹介していきます。

実際にみんなはどのくらいの予算でゲーミングPCを見繕っているのか

順位 価格 比率
6位 1~10万 3%
1位 10~15万 37%
3位 15~20万 24%
2位 20~25万 26%
4位 25~30万 6%
5位 30万以上 4%

2018年度の当サイトの台数ランキングになります。10~15万円の価格帯が最も多い37%、次いで20~25万円が26%、15~20万円が24%でほとんど占めています。

台数別では無く金額ベースで集計を取れば結果は違ってくると思いますが、あくまでみんなはどのくらいの価格帯を買っているのか?に焦点を当てているので台数別のランキングとなっています。

価格を考えると15~20万円がランキング2位になるのが普通だと思いますが、20~25万円が2位となっている現状を考えると、PUBGを代表としてバトルロワイアル系のPCゲームが席巻しているのでスペックが高いゲーミングPCが欲しいという方が多いと言える結果です。

10万円以下

10万円以下のゲーム用のパソコンも販売されています。特に初心者にはおすすめの価格帯ではあります。

ここからゲーミングPCというものに慣れていってスペックアップしていってもいいですし、自分にはどの程度のスペックが合っているのかというのを確認するという事も大事ですので、とりあえず低コストのスペックを選ぶというのはおすすめはしませんが、悪い事では無いと思います。

15万円以下

ゲーマー人気が最も高いと言える価格帯になります。元々12万円のゲーミングPCにメモリをカスタマイズして容量をアップしたり、SSDを追加したり容量を増やしたりとカスタマイズするとこの価格帯になりますし、最初からそういうスペックの製品を選ぶと15万円になるという場合もありますし、グラボから選択した結果15万円程度になるパターンも多いです。

20万円以下

この価格帯になるとゲーミングPCはどういうものなのかという事をある程度理解している人に売れている印象です。遊びたいゲームが決まっていてそのスペックに合わせて購入すると結果的に20万円を超えているというパターンです。例えばスカイリムやマインクラフトと言ったMODという自分でカスタマイズする事が出来るゲームは要求スペックも高くなりがちです。

 

MODにも沢山種類があるのですが、スカイリムならENBというグラフィックを大幅に向上させるMODやエロMODやキャラクターを美形にしたりファイナルファンタジーのような美麗なキャラクターにする事も可能です。ヘタしたらそれ以上かもしれません。⇒スカイリム推奨PCを比較ーMOD+ENBを入れても快適に動くPCガイド

140319minecraftether-thumb-636x358-84398

マインクラフトなら影MODという世界全体に影を付けて現実世界に近づけたようなグラフィックで遊ぶ事が可能です。⇒マインクラフトPC版の推奨スペック&MODを入れても快適な推奨スペック

このように遊びたいスペックに合わせたり使い方を把握していると自ずと予算が決まってきます。

Pocket

🔺TOP