おすすめツール

ゲームを放置するなら電源とスリープの設定は「なし」がおすすめ

PCゲームを放置してしまい、セーブをし忘れて6時間分のゲームデータを失ってしまった経験をしたのでその対処方法を共有致します。

電源とスリープの設定からなしにする方法

最初に対処方法を書くと「設定」→「システム」→「電源とスリープ」から画面とスリープをオフにします。

画面のディスプレイが切れた時や、スリープ時に長時間放置すると白い画面になってしまってフリーズしたような症状になる場合があります。

この状態になってしまうとオートセーブが無いゲームの場合にはデータのロストは免れなくなり、長時間のゲームプレイが水の泡となってしまいます。

画面フリーズの具体例

ライザのアトリエで30分ほど離席した時にこの問題に気付きました。

ダウンロード版という事もあり複数台のPCで環境を変えながらプレイしていた時に、たまたまリビングの4K環境のPCで設定を「なしにしていなかった」のでこのような症状になりました。20分でディスプレイが切れる設定に…。

Xbox Oneのコントローラーでワイヤレス接続していたのでそちらの問題もあるかと動作確認も行いましたが、上記の設定で「なし」にして2時間放置しましたが、何も問題が起きなかったので画面のディスプレイとスリープの設定を解除すれば「フリーズしてしまう問題は無い」と思います。

まとめ

長時間プレイしていると離席はしたくなると思いますので休日にゲームを長時間プレイするゲーマーはその時だけでも「ディスプレイとスリープの設定をなし」にするのがおすすめです。

ゲーミングPC買ったら入れておきたいおすすめのソフト ゲーミングPC買ったら入れておきたいおすすめのソフトを紹介していきます。無料のソフトが中心ですが管理人が使っている有料のソフトも少数...
おすすめピックアップ記事