グラフィックボードから選ぶ

GeForce GTX 1650搭載のおすすめゲーミングPC

GeForce GTX 1650はエントリーモデルのTuring世代GPUになります。GeForce GTX 1650の立ち位置としては、TDPが75Wなので低消費電力のゲーミングPCが欲しいという方や内蔵GPUだけでは非力すぎるのでビデオカードは最低限搭載したいという方に最適と言えます。

GeForce GTX 1650のスペック

GPUGTX 1650
アーキテクチャTURING
CUDAコア数896
ベースクロック1485 MHz
ブーストクロック1665 MHz
メモリ4GB / GDDR5
メモリ速度8 Gbps
メモリバス幅128bit
消費電力75W
補助電源なし

GeForce GTX 1650の性能をチェック

FireStrike

GPU3DMARK Fire Strike(GraphicsScore)
RTX2060
19030
GTX1070
17664
GTX1660Ti
15845
GTX1660
13359
GTX1060(6GB)
12124
GTX1060(3GB)
11802
GTX1650
8956
GTX1050Ti
7510

Direct X11の代表的なベンチマークソフトの3DMARK FireStrikeのグラフィックススコアを比較してチェックしてみました。GTX1660はGTX1050Tiを超える数値になります。

TimeSpy

GPU3DMARK TimeSpy(GraphicsScore)
RTX2060
7543
GTX1070
5860
GTX1660Ti
6151
GTX1660
5370
GTX1060(6GB)
4134
GTX1060(3GB)
3863
GTX1650
3427
GTX1050Ti
2325

Direct X12の代表的なベンチマークソフトの3DMARK TimeSpyのグラフィックススコアを比較してチェックしてみました。最新のアーキテクチャーのTuringなのでGTX1650は前世代のGTX10シリーズのPascalと比較するとパフォーマンスのアップに期待出来ます。

GTX1650とGTX1060だとFireStrikeだと差がかなりあるのが見て取れますが、TimeSpyになると越えてはいませんが差が縮小しています。

GeForce GTX 1650搭載のおすすめのゲーミングPC

ガレリア DH
OSWindows10 Home 64ビット
CPUCore i5-8500
グラフィックGeForce GTX1650(4GB)
メモリ8GB
ストレージHDD 1TB
マザーボードH310

フルHDの軽量級~中程度が快適にプレイできるパフォーマンスになります。HDDのみとなっているのでSSDを追加カスタマイズする事を強くおすすめします。

GeForce GTX 1650のベンチマーク GeForce GTX 1650のゲーム性能をベンチマークや実際のゲームで動かしてどの位快適に動作可能なのかをチェックしました。計測...
おすすめピックアップ記事