グラフィックボードから選ぶ

【2020年】GTX 1650搭載のおすすめゲーミングPC

GeForce GTX 1650はエントリーモデルのTuring世代GPUになります。

GeForce GTX 1650の立ち位置としては、TDPが75Wなので低消費電力のゲーミングPCが欲しいという方や内蔵GPUだけでは非力すぎるのでビデオカードは最低限搭載したいという方に最適です。

GeForce GTX 1650の性能をチェック

GTX1650はGTX16シリーズの末弟の性能になります。

製品名FF14「漆黒のヴィランズ」ベンチマーク
GALLERIA RT5(GTX1660 SUPER)
12745
Magnate MH(GTX1650)
9235
Magnate IM(内蔵グラフィックス)
1101

それでもGPUが搭載しているのと、していないのでは雲泥の差です。

GeForce GTX 1650のベンチマーク GeForce GTX 1650のゲーム性能をベンチマークや実際のゲームで動かしてどの位快適に動作可能なのかをチェックしました。計測...

具体的な性能についてはこちらで解説しています。

グラフィックボードのスペック比較

GPUGTX1660GTX1650 SUPERGTX1650
アーキテクチャTuring
メモリ6GB GDDR54GB GDDR64GB GDDR5

GTX1650 SUPERとGTX1650のビデオメモリの容量は4GBになります。重量級ゲームの対応力は弱いですが、軽~中程度のゲームでは快適に動作する点が魅力です。

GTX 1650搭載のおすすめのゲーミングPC

ガレリア DH
CPUCore i5-9400
グラフィックGeForce GTX1650(4GB)
メモリ8GB
ストレージSSD 無し / 1TB HDD

レビューはこちら価格・詳細はこちら

フルHDの軽量級~中程度が快適にプレイできるパフォーマンスになります。HDDのみとなっているのでSSDを追加カスタマイズするのがおすすめです。

ガレリア RH5
CPURyzen 5 3500
グラフィックGeForce GTX1650(4GB)
メモリ8GB
ストレージ256GB NVMe SSD / 1TB HDD

レビューはこちら価格・詳細はこちら

Ryzen 5 3500搭載なのでコストパフォーマンスが高いモデルです。

グラボ別おすすめゲーミングPC

おすすめピックアップ記事