ゲーム推奨スペック

OUTRIDERSの推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

OUTRIDERSの推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

三人称視点のCOOPシューティングゲーム「OUTRIDERS」の必要/推奨スペックとグラボ別のfps、そしておすすめのゲーミングPCについてまとめています。

必要スペックと推奨スペック

 必要推奨
OSWindows 10(64ビット)
CPUCore i5-3470
AMD FX-8350
Core i7-7700K
Ryzen 5 2600X
GPUGeForce GTX 750Ti
Radeon R9 270x
GeForce GTX 1070(8GB)
Radeon RX Vega 56(8GB)
メモリ8GB16GB
DirectX1112
ストレージ70GB
解像度720p / 60FPS1080p / 60FPS

参考情報:Steamストアページ

OSは64ビットが必要です。

必要スペックはCore i5-3470、GeForce GTX 750Ti、メモリ8GBが必要とされています。グラフィックカードを搭載したゲーミングPCが必要でしょう。

推奨スペックはCore i7-7700K、GTX 1070(8GB)、メモリ16GBが推奨されています。フルHD画質で高設定の推奨スペックとなっています。

ゲーム画面にまつわる重要なパーツ

グラフィックボード(GPU)CPUメモリ

ゲームのロード時間にまつわる重要なパーツ

SSD、HDD

ゲーム性能目安

ベンチマーク

NVIDIA DLSS対応

NVIDIA DLSS(Deep Learning Super Sampling)はAIの力を利用してフレームレートや画質を向上させるテクノロジーです。

NVIDIA DLSSを利用するためにはNVIDIA RTXグラフィックスボードが必要になります。

NVIDIA DLSS

NVIDIA DLSSのパフォーマンステストをしました。RTX3070を使用して4K解像度のウルトラ設定でプレイした際のパフォーマンス比較となっています。

NVIDIA DLSSにはオプションがあり、クオリティが一番重い設定で、ウルトラパフォーマンスが一番軽い設定です。今回は一番重いクオリティと中間のパフォーマンス設定で比較しています。

NVIDIA DLSSを有効にするとかなりFPSが向上しました。

ウルトラワイド対応

ウルトラワイド対応

ウルトラワイドにも対応しています。3840×1600解像度にも対応していました。

グラボ別fpsの検証

OUTRIDERSでどの程度快適にプレイできるのかを実際に計測しました。快適にプレイできる指標となる数値は60fpsで動作させる事です。

フルHD解像度のおすすめスペック

GPUフルHD(1920×1080)最高設定
RTX3090
158
RTX3080
150
RTX3070
137
RTX3060Ti
116
RTX3060
87
GTX1660 SUPER
61
GTX1650 SUPER
45

CPUはCore i7-11700K、メモリは32GB、ストレージはSSD 1TBモデルを使用しています。画質は最高画質設定(ウルトラ)、DirectX 12、NVIDIA DLSSをオフ。計測場所は第一都市です。

フルHD解像度では設定を下げてフレームレートを確保する事も出来ますが、高画質でプレイしたい方はGTX1660 SUPER以上のグラフィックスカードがおすすめです。

4K解像度のおすすめスペック

GPU4K(3840×2160)最高設定
RTX3090
70
RTX3080
65
RTX3070
51
RTX3060Ti
42
RTX3060
32
GTX1660 SUPER
30
GTX1650 SUPER
24

4K解像度(3840×2160)でおすすめのグラフィックスボードはRTX3070以上がおすすめです。

場所によって重いシーンもありますが、NVIDIA DLSSにも対応しているので4K解像度でもRTX3070以上であれば快適にプレイする事が出来るでしょう。

 ウルトラ
OSWindows 10(64ビット)
CPUCore i7-10700K
Ryzen 7 3700X
GPUGeForce RTX 3080(10GB)
Radeon RX 6800XT
メモリ16GB
DirectX12
ストレージ70GB
解像度2160p / 60FPS

参考情報:Twitter

ちなみに、公式では4K解像度のウルトラで快適にプレイするには、CPUがCore i7-10700K、グラフィックスボードにはGeForce RTX 3080が必要とされています。

4K解像度のゲーミングPC環境を構築予定なら、余裕を持ってRTX3080以上のゲーミングPCを選定するのもおすすめです。

おすすめのゲーミングPC

G-Tune PM-B-AF
G-TuneミニタワーCPUCore i7-10700
グラフィックGTX1660 SUPER(6GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
HDD 2TB
ケースミニタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

当サイト限定のGTX1660 SUPER搭載の「G-Tune PM-B-AF」。最新ゲームをコスパ良く楽しみたい方におすすめです。

ガレリア XA7C-R37
ガレリアミドルタワーCPUCore i7-11700
グラフィックRTX3070(8GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
ケースミドルタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

最新グラフィックスボードのRTX3070を搭載したモデルです。最新重量級ゲームでも快適に楽しみたい方におすすめのモデルです。

G-Tune XM-B-AF
G-TuneミニタワーCPUCore i7-10700
グラフィックRTX3070(8GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
2TB HDD
ケースミニタワー

公式サイトはこちら

当サイト限定モデルのRTX3070搭載モデル。こちらもRTX3070搭載なので最新重量級ゲームを楽しみたい方におすすめのゲーミングPCです。

「G-Tune XM-Z」の実機レビュー RTX3070搭載

ガレリア ZA9C-R38
ガレリア ZA9C-R38CPUCore i9-11900K
グラフィックRTX 3080(10GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミドルタワー

公式サイトはこちら

ミドルタワー型の人気のゲーミングPCがガレリアのZシリーズです。最新の重量級ゲームも4K解像度や高画質設定で楽しめるハイエンドモデルです。

「ガレリア UA9C-R38」の実機レビュー RTX3080搭載

おすすめのゲーミングノートPC

ガレリア GR2060RGF-T
ガレリア GR2060RGF-TCPURyzen 7 4800H
グラフィックRTX 2060(6GB)
メモリ16GB
SSD512GB NVMe SSD
液晶15.6型 フルHD
(120Hz)
重量約1.9kg

レビューはこちら公式サイトはこちら

ガレリア GCL2060RGF-TはRTX2060が搭載しているので最新ゲームを楽しみたい方におすすめのスペックです。

G-Tune E5-D
G-Tune E5-DCPURyzen 5 3500
グラフィックRTX 2060(6GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB SSD NVMe対応
液晶15.6型 フルHD
(144Hz)
重量約2.71kg

レビューはこちら公式サイトはこちら

G-Tune E5-Dは高速リフレッシュレート144Hz対応モデル。RTX2060を搭載しているので重量級ゲームも楽しめる高スペックが魅力です。

おすすめピックアップ記事