ゲーム推奨スペック

信長の野望・創造 戦国立志伝の推奨スペックとおすすめPC

senrisshi_R

信長の野望の創造 戦国立志伝は、基本的なゲームシステムは創造に準拠しており、その中で武将プレイ、城主プレイ、軍団長プレイが追加されているという特徴があります。

また、内政が大きく変更されて従来の創造よりボリュームがあります。

そんな信長の野望・創造 戦国立志伝の推奨スペックとおすすめPCをご紹介します。

PC版信長の野望・創造 戦国立志伝の推奨スペック

本体CPUPentium4 1.6GHz以上
【推奨】 Core2 Duo 2.0GHz以上
OSVista/7/8.1/10(32bit/64bit) 日本語版
メモリ1GB以上 (64bitOSの場合は2GB)
ハードディスク5GB以上
DVD-ROMドライブDVD-ROMドライブ必要
※ダウンロード版では必要ありません
ディスプレイ1024×768 ピクセル以上または1280×720ピクセル以上表示可能なディスプレイ
ビデオカードDirectX 9.0cに完全対応したもの
シェーダーモデル3.0必須
VRAM 128MB以上
【推奨】 VRAM 512MB以上
ネットワーク環境ネットワーク接続環境必須 (ブロードバンド接続環境推奨)

参考情報:公式サイト

スペック要求としては高くないです。ゲーミングPCなら快適に動作します。

グラフィックボードが搭載していないパソコンに関しては動作は厳しいかもしれません。動作はするけど、カクカクしたりする可能性があるのでグラフィックボードを搭載したゲーミングPCでプレイしましょう。

メモリの使用率

2016-03-26_12h48_38

信長の野望・創造 戦国立志伝を立ち上げた状態で他にはタスクマネージャーのみの起動で、DDR3のメモリで3.1GBの使用率です。

おすすめのゲーミングPC

GALLERIA RM5C-G60S

GALLERIA RM5C-G60S
ガレリアミニタワーCPUCore i5-12400
グラフィックGTX 1660 SUPER(6GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
ケースミニタワー

公式サイトはこちら

「GALLERIA RM5C-G60S」はGTX 1660 SUPERを搭載しているので、コスパ良くゲームを楽しめます。筐体の質感が良く、前面がLEDで光るゲーミングPCです。

 「GALLERIA RM5R-G60」の実機レビュー GTX 1660搭載

G-Tune HM-B-FGPC

G-Tune HM-B-FGPC
G-TuneミニタワーCPUCore i7-11700F
グラフィックRTX 3060(12GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

当サイト限定の「G-Tune HM-B-FGPC」は最新グラフィックスRTX 3060搭載モデルです。RTX 3060は重量級ゲームも快適に楽しめるモデルです。

信長の野望・大志の推奨スペックとおすすめのゲーミングPC 信長の野望・大志は戦国時代の大名となって天下統一を目指すシリーズ15作目の歴史シュミレーションゲームの長寿シリーズです。今作では武将...
三國志14の推奨スペックとおすすめのゲーミングPC 歴史シミュレーションゲームの金字塔「三國志」シリーズの最新作が三國志14です。 勢力の変化を視覚的により分かりやすくする新システム...
おすすめピックアップ記事