PCゲームの推奨スペックから選ぶ

ウルフェンシュタイン ヤングブラッドの推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

ウルフェンシュタイン ヤングブラッドは人気FPSシリーズの最新作です。実際のゲームで動作確認を行いましたので参考にしてみて下さい。

販売サイト

ウルフェンシュタイン ヤングブラッドの推奨スペック

 必要動作環境推奨動作環境
OSWin7/8.1/10(64 bit版)Win7/8.1/10(64 bit版)
CPUIntel Core i5-3570/i7-3770
AMD FX-8350/Ryzen 5 1400
Intel Core i7-4770
AMD FX-9370/Ryzen 5 1600X
GPUNVIDIA GeForce GTX 770 4GB
NVIDIA GeForce GTX 1650
AMDの同等モデル
NVIDIA GTX 1060 6GB
NVIDIA GeForce RTX2060
AMDの同等モデル
メモリ8GB16GB
HDD40GB

参考情報:Wolfenstein: Youngblood & Cyberpilot – PC版必要スペックおよび事前ダウンロードに関して

ゲームで重要なビデオカードには必要スペックでGTX770、現行モデルにはGTX1650、推奨でGTX1060の6GB版、現行モデルにはRTX2060となっています。

メモリは16GB推奨ですのでゲーミングPCを選定する場合には16GB搭載機を選ぶか16GBにカスタマイズするのが良いでしょう。

ウルフェンシュタイン ヤングブラッドのスペックについて

CPU

 i5-3570i7-3770i7-4770Ryzen 5 1600X
コア/ スレッド4 / 44 / 84 / 86 / 12
ベース / TB時3.4GHz / 3.8GHz 3.4GHz / 3.9GHz 3.4GHz / 3.9GHz 3.6GHz / 4GHz

リアル4コアで、最大動作周波数が3.8GHz~4GHzのCPUなら大丈夫でしょう。現行ならミドルクラスCPUのCore i5やRyzenのミドルクラスCPUでも快適に動作するでしょう。

CPUの選び方としてビデオカードの交換を想定している場合にはCPU性能が高いとビデオカードの性能を引き出す事も可能ですので性能の高いCPUもおすすめです。

ビデオカード:GTX1650

最新のアーキテクチャのTuringを採用したGTX16シリーズの末弟に位置しているビデオカードになります。ビデオメモリは4GB / GDDR5で消費電力が75Wと低い事から低消費電力のゲーミングPCが欲しいという方や内蔵GPUだけでは非力すぎるのでビデオカードは最低限搭載したいという方に最適なビデオカードと言えます。

【ドスパラ】ガレリア DHの実機レビュー( i5-9400F GTX1650 ) ドスパラさんからガレリア DHの実機をお借りしたのでレビューしていきます。 ガレリアDHの特徴はCPUがCore i5-9400F...

レビューも行っているので参考にしてみて下さい。

ビデオカード:RTX2060

最新のアーキテクチャのTuringを採用したRTX20シリーズの末弟に位置しているビデオカードになります。6GB/ GDDR6でレイトレーシング(グラフィックの変革)専用の『RTコア』が搭載しているのでRTX対応タイトルでのパフォーマンスにもGTX16シリーズよりも期待できます。

AI的な処理でRTコアを補助する『Tensorコア』が搭載し、Tensorコアはアンチエイリアス処理の『DLSS(Deep Learning Super Sampling)』も担当します。

【ドスパラ】ガレリア XVの実機レビュー( i7-8700 RTX2060 ) ドスパラさんからガレリア XV(Core i7-8700 / RTX2060 )の実機をお借りしたのでレビューしていきます。 ガレ...

RTX2060搭載機のレビューはこちらになります。

【ドスパラ】ガレリア XV 2060Superの実機レビュー( i7-8700 RTX2060 SUPER ) ドスパラさんからガレリア XV 2060Super(Core i7-8700 / RTX2060 SUPER )の実機をお借りしたの...

RTX2060 SUPER搭載機のレビューはこちらになります。RTX2060 SUPERはビデオメモリが8GB搭載しているのでグラフィックを高めた設定や高解像度の対応力という部分が魅力的なビデオカードになります。

FPSって何?

以下の内容はフレームレートが理解できないと進むことが困難になるのでサクッと理解しておきましょう。FPS(フレーム・パー・セカンド)=フレームレートの意味なので1秒当たりのフレーム数がどのくらいかという数値になります。

基準値としては60FPSというのが一つの基準になります。60FPSを平均的に出すというのが理想的な環境ですね。

PCゲームでFPSを表示させる4つの方法 PCゲームではパソコンのスペックによってFPS値が変動するので、今どのくらい快適にゲームが動作しているのかという指標としてフレームレ...

自分の持っているパソコンでフレームレートを表示させて確認したりする場合のやり方も書いているので参考にしてみて下さい。

ウルフェンシュタイン ヤングブラッドのグラボ別fps(ベンチマーク)

計測機材や方法

検証機材のスペック

ベンチマークPC構成
OSWindows10 Home
CPUCore i7-9700K
CPUクーラーサイズ 虎徹 MarkII SCKTT-2000
CPUグリスAINEX シルバーグリス [AS-05]
マザーボードASUS ROG STRIX Z390-F GAMING
メモリCarsair CMK32GX4M2A2666C16
ストレージCulucial MX500 CT500MX500SSD1
Seagate ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]
電源ユニットANTEC NeoECO Gold NE750G
PCケースProjet-M 日本製 検証用まな板 PM-TESTBOARD

計測設定

設定
画質マイン・レーベン!
スクリーンモードフルスクリーン
垂直同期オフ
モーションブラーオフ
アンチエイリアスTSSAA(8TX)
計測場所MISSION1:ヴィンクラー将軍:ツェッペリンでヴィクラーを探せのボス(ヴィンクラー将軍)との戦闘中のフレームレート

フルHD×最高設定(マインレーベン!)

推奨スペックのRTX2060なら144Hzのゲーミングモニターを用いて144fpsを出して快適にプレイできるでしょう。

4K×最高設定(マインレーベン!)

場所や敵によってはフレームレートが下がる場面もあると思われるので少し余裕を持って選定したとしてもRTX2070 SUPER辺りあれば4K解像度でも大丈夫でしょう。

おすすめのゲーミングPC

【2019年最新】今本当に買うべきおすすめのゲーミングPC ゲーミングPCをいざ買おうと思っても”色々な製品があり過ぎて”「自分に最適なゲーミングPCが選べない」と感じている方に、今本当に買う...

こちらで詳しく書いているので参考にしてみて下さい。エントリークラスのゲーミングPCでもウルフェンシュタイン ヤングブラッドは動作するでしょう。他のゲームも快適に動作させたいという場合にはGTX1660Ti搭載機がおすすめです。

レイトレーシング対応のグラフィックの美麗さや4K解像度の美麗な画質にこだわりたい方はハイエンドのゲーミングPCをおすすめします。

NVIDIA GeForce RTX20シリーズのスペック・性能ベンチマーク比較 GeForce RTX 20シリーズのRTX2080Ti、RTX2080、RTX2070 SUPER、RTX2070、RTX2060...

少し世代が古いビデオカードを使っている方はグラボ交換をするとパフォーマンスはアップする場合も多いでしょう。ビデオカードの交換をされる方はこちらの記事もおすすめです。

おすすめピックアップ記事