PCゲームの推奨スペックから選ぶ

ワールドウォーZの推奨スペックとおすすめのゲーミングPC(World War Z)

World War Z(WWZ)はTPS(三人称視点)のシューターゲームです。ソロまたは協力プレイのキャンペーンモード、PvPも用意されています。

キャンペーンはニューヨーク、モスクワ、エルサレム、東京の4つのチャプターに分けられます。プレイ感覚はディビジョンに近いと感じました。とにかく大量の敵が押し寄せるので倒した時の爽快感が高いゲームになっています。

大量に押し寄せるゾンビを爽快に倒したいという方におすすめなゲームです。

販売サイト

『WORLD WAR Z』販売サイトはこちら(エピックゲームズ)

EpicGamesストアで販売されています。価格は3,880円とリーズナブルな設定になっています。

ワールドウォーZの推奨スペック

 必要動作環境推奨動作環境
OSWindows 7以降Windows 10(64ビット)、DX11
CPUIntel Core i3-3220
AMD A10-5700
Intel Core i7-3970(3.5GHz)
GPUNVIDIA GeForce GTX 650Ti
AMD Radeon HD 5870
NVIDIA GeForce GTX 960
AMD Radeon R9 280
メモリ8GB16GB
HDD35GB

参考情報:『WORLD WAR Z』販売サイト

必要スペックでGTX650Ti、推奨でGTX960なので推奨スペックは低いと感じます。推奨のメモリが16GBとなっている点は注意です。

ワールドウォーZのメモリ

メモリは16GB推奨です。16GB指定のゲームもよく見かけます。

ワールドウォーZのグラボ別fps(ベンチマーク)

解像度設定GTX660GTX1660TiRTX2060RTX2080
4K
3840×2160
ウルトラ41 fps46 fps69 fps
46 fps54 fps79 fps
103 fps116 fps153 fps
WQHD
2560×1440
ウルトラ– 77 fps85 fps119 fps
85 fps96 fps134 fps
159 fps173 fps190 fps
フルHD
1920×1080
ウルトラ33 fps106 fps121 fps158 fps
38 fps122 fps137 fps167 fps
80 fps196 fps191 fps194 fps

CPUはCore i7-9700K、メモリは16GB、マザーボードはZ390、グラフィックドライバーは425.31で計測しました。

必要スペックの下限を調査

管理人の手持ちの中で一番性能の低いグラフィックボードのGTX660で試してみました。フルHD×最低の設定にして80fps、最小で60fpsでした。画質設定を上げるとシューティングゲームなので中設定にしても38fpsなのでかなり厳しいです。

推奨スペックを調査

GTX1660TiでフルHD×最高設定のウルトラで106fps、最小で94fpsとかなり余裕があります。推奨スペックとしてはGTX 960が指定されていますが余裕を持ってGTX1060辺りがおすすめです。

4Kの推奨スペックを調査

RTX2080で4K×最高設定のウルトラで69fps、最小で61fpsでしたので4Kの推奨としてはGTX1080Ti / RTX2080 /RTX2080Ti辺りが最適でしょう。

ワールドウォーZにおすすめのゲーミングPC

フルHD / WQHDにおすすめのゲーミングPC

ガレリア XT
OSWindows10
CPUCore i7-8700
グラフィックGTX1660Ti(6GB)
メモリ8GB
ストレージSSD 500GB HDD 1TB
マザーボードH370

GTX1660Ti搭載なので快適にWWZがプレイできるゲーミングPCです。メモリは16GBにカスタマイズするのがおすすめです。

4KにおすすめのゲーミングPC

ガレリア ZG
ガレリアKTケース外観OSWindows10
CPUCore i7-9700K
グラフィックGeForce RTX2080 8GB
メモリ16GB
SSDNVMe SSD 512GB
HDDHDD 3TB
マザーボードZ390

4K解像度でプレイしたい方はRTX2080搭載のゲーミングPCがおすすめです。

おすすめピックアップ記事