ゲーム推奨スペック

バカンスゲーム《DOAXVV》の推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

2017年11月15日リリースの「DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation」(デッド オア アライブ エクストリーム ヴィーナス バケーション)は女の子たちと仲良くなって、「ヴィーナスフェス」を盛り上げるという内容になっています。基本プレイ無料で始められるので気になった方はチェックしてみて下さい。

基本無料ゲームではありますが、要求スペックが高いのが本作の特徴になります。設定に関しては細かく決める事が可能なので推奨動作要件を満たさないパソコンでもリスク0で始められるので興味のある方は試しにプレイしてみるというのがおすすめです。

DOAXVVの始め方

DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation(DMM GAMES)

DMMゲームプレイヤーをインストールしてゲームをプレイするという流れになります。

DOAXVVの推奨スペック

推奨環境最低動作環境
OSWindows® 7/8.1/10 64bit 日本語版
フレームレート毎秒60フレーム/30フレーム切り替え可能毎秒30フレーム
メモリ2GB 以上
CPU / ビデオカード■毎秒60フレーム設定時
・Intel Core i7-2600 / AMD RADEON R7 370 2GB
Intel Core i7-2600 / NVIDIA GeForce GTX 1050 2GB
・Intel Core i3-3225 / NVIDIA GeForce GTX 960 2GB
・(解像度3840×2160設定時のみ)
 NVIDIA GeForce GTX 1080 Ti 11GB

■毎秒30フレーム設定時
・Intel Core i5-3470 / AMD RADEON R7 260X 2GB
・(解像度3840×2160設定時のみ)
 AMD RADEON R9 380X 4GB

■ビデオカード有り
・Intel Celeron E3400 / NVIDIA GeForce GT 630 2GB

■ビデオカード無し
Intel Core i3-3220 / 内蔵GPU(Intel Graphics 2500)

※ビデオカードはDirectX11対応
※上記より高性能なビデオカードの場合は、記載されているより低スペックなCPUでも快適にプレイできる可能性があります。
 また、推奨環境より高品質のセッティングに変更可能です。
※解像度3840×2160設定時は VRAM 4GB 以上のビデオカードが必要です。
 またお楽しみいただくためには4K対応モニターが必要です。
モニタ解像度1920×1080 / 3840×2160960×540 以上
ハードディスク20.0 GB 以上の空き容量10.0 GB 以上の空き容量
モデル品質低(やわらかエンジンLite)

「尻や太ももの挙動」「着くずれ表現」「日焼け表現」「肌の紅潮表現」「高度な肌表現」「高度な変形表現」に対応しないやわらかエンジンLite※可能な限り設定を下げた画像
モデル品質高(やわらかエンジン2.0)

「尻や太ももの挙動」「着くずれ表現」「日焼け表現」「肌の紅潮表現」「高度な肌表現」「高度な変形表現」に対応したやわらかエンジン2.0※可能な限り設定を上げた画像

DOAXVVの設定

フレームレートに大きく関係する設定項目は解像度とモデル品質だと思います。なのでここを下げてしまえば低スペックのパソコンでも動作は満たすと考えられます。

逆にリッチな映像体験をしたい方は4Kやモデル品質を高設定(やわらかエンジン2.0)にする事で表現が増えるのでより楽しみたい方は高性能なゲーミングPCが必要になってくると考えられます。

  • ダイナミックシャドウは影の表現
  • SSAO(Screen Space Ambient Occlusion)アンビエントオクルージョンは周辺光の表現です。
  • アンチエイリアシングはギザギザを無くす表現です。
  • 被写界深度は被写体に焦点が当たって背景がボケたような表現になります。
  • 同時表示数に関してはスペックの関係でゲームがプレイ出来ないという方に用意された設定のようです。

DOAXVVを4Kでプレイした場合の参考画像

4Kをリサイズした画像になります。

等倍で切り取った画像になります。DOAXVVの場合には4Kでプレイした場合でもメニュー等が小さくならない表示でプレイ可能です。凄い美麗さです。

DOAXVVが快適にプレイ可能なスペック

DOAXVVでは普通のパソコンでも動作するくらいには動作要件が引き下げられたので今パソコンを持っている方であればとにかく一度試してみるというのがおすすめです。

もうちょっと良い画質でプレイしたいなと思ったのであればゲーミングPCをチェックしてみて下さい。

GTX1650

GTX1650だとDOAXVVをかなり快適にプレイ可能でした。最高画質設定でも非常に快適に動作しています。

DOAXVVで快適にフレームレートを確保しつつ、やわらかエンジン2.0を楽しみたいという方におすすめなのがGTX1650以上を搭載したゲーミングPCがおすすめです。

DOAXVVを4Kでプレイ可能なスペック

4KだとDOAXVVはどの程度の性能があれば快適に動作するのか検証してみました。

GTX1650

左上に『D3D11』と記載されているのが確認できるでしょうか?こちらがフレームレートになります。DOAXVVは60FPSキャップとなっております。

GTX1650だと30fps程度ならプレイ可能ですが、もっさりとした動作感を感じました。

RTX2060

RTX2060だとかなり快適にプレイ出来ました。描画も滑らかに高画質でDOAXVVをプレイするにはある程度の性能が必要になってきます。

推奨ではGTX1080Tiの表記がありますが、さすがにオーバースペックでしょう。4Kの実機で動作確認した結果、たまに56fpsなど落ちますが、概ねRTX2060で60FPS張り付きです。

動きの激しいゲームでは無いのでRTX2060前後がおすすめです。コスパ重視ならGTX1660 SUPER、RTX2060の後継モデルのRTX3060搭載機以上なら更に快適動作するでしょう。

おすすめのゲーミングPC

Lightning AH5

Lightning AH5
CPURyzen 5 3500
グラフィックGTX 1650(4GB)
メモリ8GB
ストレージ512GB NVMe SSD
ケースミニタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

ミニタワー型のGTX1650搭載モデルです。ライトにゲームを楽しみたい方におすすめのエントリーモデルです。

GeForce GTX 1650のベンチマーク

GALLERIA RM5R-G60

GALLERIA RM5R-G60
ガレリアミニタワーCPURyzen 5 3500
グラフィックGTX 1660(6GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
ケースミニタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

リーズナブルな価格で気軽にゲームをはじめたい方におすすめのコスパ重視のゲーミングPCです。

GeForce GTX 1660のベンチマーク

G-Tune HM-B-AF

G-Tune HM-B-AF
G-TuneミニタワーCPUCore i7-10700
グラフィックRTX 3060(8GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
ケースミニタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

当サイト限定のRTX3060搭載モデル。コンパクトなサイズが魅力のミニタワー型。最新ゲームをコスパ良く楽しみたい方におすすめです。

GeForce RTX 3060のベンチマーク

ウマ娘の必要スペックとおすすめのゲーミングPC ウマ娘 プリティーダービーはCygamesの競走馬擬人化タイトルです。ハイクオリティな3Dグラフィックスのキャラクターが魅力的なタイ...
『原神』の推奨スペックとおすすめのゲーミングPC オープンワールドアクションRPG『原神』の必要スペックと推奨スペック、そしておすすめのゲーミングPCの情報についてまとめています。 ...
おすすめピックアップ記事