ゲーム推奨スペック

『原神』の推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

『原神』の推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

オープンワールドアクションRPG『原神』の必要スペックと推奨スペック、そしておすすめのゲーミングPCの情報についてまとめています。

必要スペックと推奨スペック

 必要動作環境推奨動作環境
OSWindows 7 SP1 8.1/10(64ビット)
CPUCore i5Core i7及びそれ以上
GPUGeForce GT 1030GeForce GTX1060及びそれ以上
メモリ8GB16GB
DirectX11
ストレージ30GB

参考情報:公式サイト(推奨及び対応可能デバイスについて)

OSは64ビットが必要です。

必要スペックはCPUがCore i5、GeForce GT 1030(ビデオメモリ2GB)、メモリ8GBが必要とされています。グラフィックカードを搭載したゲーミングPCが必要でしょう。

推奨スペックはCore i7及びそれ以上、GTX1060及びそれ以上、メモリ16GBが推奨されています。

ゲーム画面にまつわる重要なパーツ

グラフィックボード(GPU)CPUメモリ

ゲームのロード時間にまつわる重要なパーツ

SSD、HDD

ゲーム性能目安

ベンチマーク

グラボ別fpsの検証

原神は高解像度(4K)や高グラフィックス設定でプレイする事が出来ます。各解像度でどの程度快適にプレイできるのかを実際に計測しました。

快適にプレイできる指標となる数値は60fpsで動作させる事です。では早速見ていきましょう。

4K
4K解像度のグラボ別fps
WQHD
WQHD解像度のグラボ別fps
FHD
フルHD解像度のグラボ別fps

CPUは「Core i9-10900K」を使用しています。ベンチマークモードが無いので「モンド城」周辺で計測しました。

画質に関してはMAX画質設定です。

画質:カスタム(フレームレート:60、垂直同期:オフ、レンダリング精度:1.5、シャドウ品質:高、視覚効果:高、SFX品質:高、総合設定:最高、アンチエイリアス:SMAA、モーションブラーはオフ。)

フレームレートに関しては60fps上限固定となっており、高リフレッシュレートのモニターを使用しても60fps以上出ませんでした。垂直同期をオフにしても60fps上限固定でした。

ウルトラワイド(3440×1440)設定画面
ウルトラワイドのゲーム画像

また、原神はウルトラワイドモニターに対応しています。21:9の横長の画面で楽しむ事が出来ました。

原神はウルトラワイドモニター対応
CPU:Core i9-10900K、GPU:RTX3090、メモリ32GB環境です。解像度は4Kで画質はMAX画質設定。ゲーム開始した瞬間ではありますが、VRAMは3GB程度、CPUは15%程度、メモリ6GB程度でした。

メモリに関してはWindowsの再起動をして、起動しているアプリケーションを全て落として裏で起動しているソフトもタスクマネージャーから削除して6GB程度でした。

裏で起動しているアプリケーションや他のソフトを起動している状態で動作させるとメモリに関しては、もっと多く消費されますので16GBあると安心でしょう。

4KRTX2080 SUPER以上
WQHDRTX2060 SUPER以上
FHDGTX1660 SUPER以上

今回の検証結果をまとめると高グラフィックス設定で快適にプレイしたい方におすすめのグラフィックカードは以上となります。

4K解像度に関してはRTX2080 SUPER以上あると安心です。

WQHDに関してはGTX1650 SUPERとGTX1660 SUPERで極端な数値の乖離があり、何回も検証を行いましたが数値としてこのような結果になりました。余裕を持ってRTX2060 SUPER以上がおすすめです。

フルHD解像度は推奨でGeForce GTX1060及びそれ以上となっています。GTX1660 SUPERはGTX1060を超えるパフォーマンスを持っているのでGTX1660 SUPER搭載モデルがおすすめです。

原神が快適にプレイ出来るおすすめゲーミングPC

原神が快適にプレイ出来るおすすめのゲーミングPCをご紹介します。

G-Tune PM-B-AF

G-Tune PM-B-AF
G-TuneミニタワーCPUCore i7-10700
グラフィックGTX1660 SUPER(6GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
HDD 2TB
ケースミニタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

当サイト限定のGTX1660 SUPER搭載モデル。コンパクトなサイズが魅力のミニタワー型。最新ゲームをコスパ良く楽しみたい方におすすめです。

ガレリア XA7C-G60S

ガレリア XA7C-G60S
ガレリアSKケースCPUCore i7-10700
グラフィックGTX1660 SUPER(6GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
ケースミドルタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

ミドルタワー型でインテル最新CPUを搭載したGTX1660 SUPER搭載モデルです。コストパフォーマンスが高いゲーミングPCなのでおすすめです。

GeForce GTX 1660 SUPERのベンチマーク

G-Tune XM-B-AF

G-Tune XM-B-AF
G-TuneミニタワーCPUCore i7-10700
グラフィックRTX3070(8GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
2TB HDD
ケースミニタワー

公式サイトはこちら

当サイト限定モデルのRTX3070搭載モデル。RTX3070なので最新重量級ゲームを楽しみたい方におすすめのゲーミングPCです。

「G-Tune XM-Z」の実機レビュー RTX3070搭載

ガレリア XA7C-R37

ガレリア XA7C-R37
ガレリアミドルタワーCPUCore i7-10700
グラフィックRTX3070(8GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
ケースミドルタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

最新グラフィックスボードのRTX3070を搭載したモデルです。タイトルによっては4K解像度でも楽しめる高性能モデルです。

GeForce RTX 3070のベンチマーク

BLUE PROTOCOLの推奨スペックとおすすめのゲーミングPC『BLUE PROTOCOL(ブループロトコル)』の必要/推奨スペックとおすすめのゲーミングPCを紹介しています。...
LOST ARK(ロストアーク)の推奨スペックとおすすめPC「LOST ARK」の必要/推奨スペックとグラボ別fps、そしておすすめPCの情報についてまとめています。...
おすすめピックアップ記事