ゲーミングPCの選び方

ゲーミングPCを選ぶ基準を初心者の方でも分かりやすく解説

ゲーミングPCを選ぶ基準

「ゲーミングPCを買いたいけど選ぶ基準がよく分からない」という方にゲーミングPCを選ぶ基準を解説していきます。

初心者の方でも分かる簡単なスペックの選び方の基準について

パソコンはPCケースの中にパーツが色々入っています。CPU、メモリ、グラフィックボード、SSD、HDD、マザーボード、光学ドライブが主なパーツです。

画質にする影響するパーツ

この中でゲームに直結する最重要なパーツはグラフィックボード(GPU)です。

画質にする影響するパーツ

グラフィックボードって何?という方も多いでしょう。簡単に説明すると「ゲームがカクカクする…」「画質が悪いぞ」など画面のならめらかさや画質に影響するパーツです。

なので、ゲームでは最重要になるのです。この画面のなめらかさや画質にはCPUも影響します。CPU性能が高いとグラフィックボードの性能をしっかりと引き出す事が可能です。

メモリは容量が足りないと最悪ゲームが落ちてしまう事もあります。基本的には16GBあれば現状のゲームでは問題ないでしょう。

ゲーム画面にまつわる重要なパーツ

グラフィックボード(GPU)CPUメモリ

ゲームのロード時間を短縮するパーツ

ロード時間を短縮するパーツ

ゲームのロード時間などに直結するパーツがデータを保存するパーツです。SSDとHDDというパーツがありますが、SSDが高速道路だとしたらHDDは一般道のようなイメージですね。

高速道路の速度と一般道の速度は全然違うので体感としてロード時間が速いと快適にゲームがプレイ可能です。

ゲームのロード時間にまつわる重要なパーツ

SSD、HDD

PCケースについて

PCケースについて

パソコンのパーツのグラフィックスボードとCPUは高負荷をかけると高温度になります。そのため高性能なパソコンでは冷却が重要になります。

冷却性能はPCのケースのサイズが大きいほど高い傾向があります。負荷の低い用途や短時間ならノートPCや小型のモデルが適していますが、長時間ゲームをプレイする方はミドルタワー型やフルタワー型が適しています。

例えば車を例にすると、ちょっとしたお買い物をする程度の用途では軽自動車やコンパクトカーなどサイズの小さいモデルの方が取り回ししやすいですが、長距離運転するとなるとセダンやSUV、家族が多いならミニバンなどが適していますね。

それと同じように負荷の低い用途や短時間ならノートPCや小型のモデルがおすすめで、長時間ゲームをプレイする方は冷却性能の高いミドルタワー型やフルタワー型がおすすめです。

ゲーミングPCメーカーの選び方の基準について

メーカーの選び方の基準について

BTOメーカーではゲーミングPCブランドを各社出しているのでその中から選ぶとゲームに最適化してあるゲーミングPCが販売されているのでおすすめです。

基準としてはコストパフォーマンスが優れているショップや会社がしっかりとしているショップ、または自分が知っているショップで購入するのがおすすめです。

特に人気があるのがドスパラ(ガレリア)、マウスコンピューター(G-Tune)、パソコン工房です。いずれもコスパや品質が高いゲーミングPCを多数揃えている人気ゲーミングブランドです。

ネット通販だとセールで安く購入する事が出来る場合もあり、店舗よりお得に購入する事が可能な場合があるので価格をチェックしてみるのがいいでしょう。

最新のセールでおすすめのゲーミングPCはこちらでまとめているので参考にしてみて下さい。

どれがオススメ?ゲーミングPCが買えるBTOショップを徹底比較 パソコンを安く買う場合にお得な購入方法がBTOショップでパソコンを購入するという方法になります。 商品の価格という部分で注目すると...

まとめ

今回はゲーミングPCを選ぶ基準という事に焦点を当てて重要な点について解説していきました。

スペック面ではグラフィックボードの選び方が重要です。ゲーム性能のほとんどが決まってしまうので、まずはグラフィックボードの性能をどこにするのかというのが重要でしょう。

BTOではそのグラフィックボードを元に最適な構成で商品として販売されている事が多いのでグラフィックボードを基準として選定しましょう。

おすすめピックアップ記事