MENU
はじめてゲームPC
ゲーミングPCやゲーミングノートPCの実機レビューを200台以上行いました。
最新ハードウェアのゲーム検証やベンチマーク検証もしているので、ゲーミングPC選びの参考にしてみて下さい。
はじめてゲームPCおすすめ限定モデル詳しくはこちら

GGSTの推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

当ページのリンクには広告が含まれています。

GUILTY GEAR -STRIVE-(ギルティギア ストライヴ)は対戦格闘ゲームです。美麗な手描きアニメのようなグラフィックスが特徴的なタイトルで、評価も非常に高いタイトルです。

GUILTY GEAR -STRIVE-の要求スペックは高くないため、推奨スペックとしては低めなタイトルですが、カクカクする方や、動作しない方は実機でどの程度の性能が必要かを検証しているのでチェックしてみて下さい。

GUILTY GEAR -STRIVE-の必要/推奨スペックとおすすめゲーミングPCの情報についてまとめています。

目次

必要スペックと推奨スペック

スクロールできます
必要動作環境推奨動作環境
OSWindows 8 / 10(64ビット)
CPUIntel Core i5-3450
AMD FX-4350
Intel Core i7-3770(3.4GHz)
GPUGeForce GTX 650 Ti
Radeon HD 6870
GeForce GTX 660
メモリ4GB8GB
DirectX1111
ストレージ20GB20GB

参考情報:Steamストアページ

Steamストアページの推奨環境のスペック表です。

CPU

GUILTY GEAR -STRIVE-の推奨動作要件になっている「Core i7-3770」はインテル第3世代CPUです。4コア8スレッドで動作周波数が3.4GHz、ターボブースト時は最大3.90GHzのCPUとなっています。

GUILTY GEAR -STRIVE-には4コア以上のCPUがおすすめになります。古いCPUでも快適に動作すると思われます。

メモリ

GUILTY GEAR -STRIVE-のメモリは推奨で8GBとなっています。実機で確認すると8GB近いメモリ容量が必要なため、8GB搭載モデル以上がおすすめです。

グラフィックス

GUILTY GEAR -STRIVE-のグラフィックスは、「GeForce GTX 660」が推奨動作要件になっています。実機で確認するとフルHD最高画質では、ビデオメモリは3~4GB近いメモリ容量が必要なため、ビデオメモリ4GB以上のモデルがおすすめです。

GGSTの画質比較

最高画質最低画質 

画質設定を上げるとテクスチャや影などの品質が向上します。

GGSTのグラボ別fps

スクロールできます
GPU4K
3840×2160
WQHD
2560×1440
フルHD
1920×1080
RTX 409060 FPS60 FPS60 FPS
RTX 408060 FPS60 FPS60 FPS
RTX 4070 Ti60 FPS60 FPS60 FPS
RTX 308060 FPS60 FPS60 FPS
RTX 3070 Ti60 FPS60 FPS60 FPS
RTX 307060 FPS60 FPS60 FPS
RTX 3060 Ti60 FPS60 FPS60 FPS
RTX 306060 FPS60 FPS60 FPS
RTX 305051 FPS60 FPS60 FPS
GTX 1660 S51 FPS60 FPS60 FPS
GTX 1650 S40 FPS60 FPS60 FPS

構成:Windows11、CPU:Core i9-12900K、メモリ:32GB、ストレージ:NVMe SSD 1TB。最高画質設定。トレーニングモードで、ヘヴィモブセメタリー(必殺技)を入力した際の平均fps。

GUILTY GEAR -STRIVE-でどの程度快適にプレイできるのかをグラフィックスボード別に実際に計測しました。

快適にプレイできる指標となる数値は60fpsで動作させる事です。

FPSは動画やゲームにおける1秒あたりのフレーム数の事で、この数値が高ければ高いほど滑らかな描画になります。

GUILTY GEAR -STRIVE-はMAX60fpsのゲームのため、60fps前後が出ているモデルがおすすめです。

フルHD解像度なら現在販売されているエントリーモデルのゲーミングPCでも快適に動作します。

4K解像度で楽しみたい方はRTX 3060以上を搭載したゲーミングPCなら快適動作です。

設定

ウィンドウモード:フルスクリーン、垂直同期:OFF、一括設定(画質品質)最高、スケーリング解像度:100、アンチエイリアス品質:最高、ポストプロセス品質:最高、テクスチャ品質:最高、シャドウ品質:最高、エフェクト品質:最高、アンチエイリアス処理:MSAA、アンビエントオクルージョン:ON、モーションブラー:OFF。

GGSTにおすすめのゲーミングPC

NEXTGEAR JG-A5G60

NEXTGEARミニタワー
スペック
CPURyzen 5 4500
グラフィックRTX 4060(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー

「NEXTGEAR JG-A5G60」は、CPUに「Ryzen 5 4500」を搭載し、最新の高性能グラフィクス「GeForce RTX 4060」を採用。レビュー数が200件を超える人気のモデルです。

ゲームではグラフィックスボードの性能が快適性に直結するため、コストを落として最大限ゲームを楽しみたい方におすすめのモデルです。

NEXTGEAR JG-A7G60

NEXTGEARミニタワー
スペック
CPURyzen 7 5700X
グラフィックRTX 4060(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー

「NEXTGEAR JG-A7G60」は、CPUに「Ryzen 7 5700X」&「RTX 4060」搭載のゲーミングPCです。口コミレビュー数が100件を超える人気のモデルです。

ゲーミングに必要なスペックを搭載しつつ、価格は最新CPU搭載モデルと比較するとリーズナブルなので、CPU性能も重視してゲーミングPCを選びたい方におすすめです。

GALLERIA RM5C-R46

GALLERIA RM5C-R36
スペック
CPUCore i5-14400F
グラフィックRTX 4060(8GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
ケースミニタワー

「GALLERIA RM5C-R46」は、インテル第14世代CPU&高性能グラフィックス「RTX 4060」搭載。

最新ゲームを楽しみたい方におすすめの性能です。これからゲームを始める初心者の方にもおすすめのゲーミングPCです。

G-Tune DG-I5G60(ホワイトカラーモデル)

G-Tuneミニタワー
スペック
CPUCore i5-14400F
グラフィックRTX 4060(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー

このリンクからお得に購入できる特別価格モデルとなっています。詳細はこちら

「G-Tune DG-I5G60」は、インテル第14世代CPU&高性能グラフィックス「RTX 4060」搭載。

G-Tuneのミニタワー型モデルのホワイトカラー採用モデルとなっています。ケースには標準でガラスサイドパネル&青色のLEDファンが搭載。

G-Tune DG-I5G60(ホワイトカラーモデル)」は、アスキーベストバイアワード2023 デスクトップ部門受賞モデルになります。

GGSTにおすすめのゲーミングノートPC

GALLERIA RL7C-R35-5N

スペック
CPUCore i7-13620H
グラフィックRTX 3050(6GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
液晶15.6型 1920×1080
フルHD(165Hz)
重量約2.1kg

「GALLERIA RL5C-R35-5N」は、エントリーゲーミングノートPCです。「RTX 3050(6GB)」搭載で、人気ゲームやホーム用途で使えるノートPCです。はじめてのゲーミングノートPCにおすすめです。

G-Tune E5-I7G60BK-A

スペック
CPUCore i7-13650HX
グラフィックRTX 4060(8GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
液晶15.3型 2,560×1,600
WQXGA(240Hz)
重量約2.09kg

「G-Tune E5-I7G60BK-A」は、薄型軽量のWQXGAと240Hz液晶搭載のハイスペックゲーミングノートPCです。高精細なWQXGA解像度かつ、240Hzで遅延の少ないゲームプレイが可能です。

あわせて読みたい
ストリートファイター6の推奨スペックとおすすめのゲーミングPC ストリートファイターシリーズ最新作「ストリートファイター6」の推奨スペックとおすすめのゲーミングPCをご紹介します。 ストリートファイター6は2023年6月2日に発売予...
目次