PCゲームの推奨スペックから選ぶ

METAL GEAR SURVIVE(メタルギアサバイブ)の推奨スペック

メタルギアサバイブは『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』のスピンオフに当たる作品で、ベースはMGS5ですが飢えや渇きなどのサバイバル要素が特徴的な作品になっています。

異世界に飛ばされてそこで異形の生物(ゾンビ的な存在)になった元人間と戦ったりしながらミッションをこなす流れになっています。

こんな感じで敵が出てくるので戦ったり、逃げたり、隠れたり、侵入したりMGS5よりもサバイバルに特化されているので空腹値がゴリゴリ減って死にそうになったり、汚染された水を飲んで病気になって戦闘中に嘔吐したりしてと、難易度が高いです。

霧があって中に入るにはガスマスクが必要なんですが、中に入ると視界が悪く更に緊張感が上がりこの世界の厳しさを痛感します。難易度が高いですが、そこが面白いというユーザーも多いと思うので気になった方はプレイしてみて下さい。

メタルギアサバイブの推奨スペック

 必要推奨
OSWindows 7×64, Windows 8×64, Windows 10×64 (64-bit OS 必須)Windows 7×64, Windows 8×64, Windows 10×64 (64-bit OS 必須)
CPUIntel Core i5-4460 (3.40 GHz)Intel Core i7-4790 (3.60GHz) 
メモリ4GB8GB
GPUNVIDIA GeForce GTX 650 (2GB) NVIDIA GeForce GTX 960
DirectXVersion 11Version 11
HDD20GB20GB

64bitが必須で推奨だとCPUがHaswell Refresh世代なので第4世代辺りという事で執筆時で4年前の最上位級のハイエンドCPUが推奨となっています。GTX960という事で現世代の1000番台を使用されている方はかなり余裕があると思います。

実際にGTX1060でベンチマークを取ってみた

METAL GEAR SURVIVEのチュートリアルをこなしてベースキャンプ辺りを散策しつつ10分間Frapsで計測しました。画質設定はモーションブラーだけオフにしてそれ以外は可能な限り最高設定でプレイしています。

驚愕の進化を遂げた《 NEXTGEAR-NOTE i5550 》シリーズの実機&性能レビュー【G-Tune】

G-Tuneのi5550シリーズのレビュー時に計測したデータとなっています。最新環境なのでGTX1060でも最高設定にしても60FPS張り付きで快適にプレイ可能です。メタルギアサバイブはそこまで重いソフトでは無く、PC版でも特に目立った欠点が無いのでFPS値も稼ぎやすく遊びやすいと思います。

実機レビューでFPSをチェック

製品名GPU解像度設定FPS
ガレリアZTGTX10603840×2160可能な限り設定最大29
1920×108060※1

※1:FPS上限

メタルギアサバイブが快適にプレイ可能なおすすめのゲーミングPC

NEXTGEAR-MICRO im610SA1-C
OSWindows10
CPUCore i5-8500
グラフィックNVIDIA GeForce GTX 1060(3GB)
メモリ8GB
ストレージSSD 240GB HDD 1TB
電源500W
ガレリアXT
OSWindows10 64bit
CPUCore i7-8700
グラフィックNVIDIA GeForce GTX 1060(6GB)
メモリ8GB
ストレージSSD 640GB HDD 1TB
電源500W