ゲーム推奨スペック

メタルギアソリッド5の推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

メタルギアソリッド:ファントムペインは、シリーズ初のオープンワールドを採用し、前作のグラウンドゼロズの200倍を越えるとも言われる広大なMAPが特徴です。

さらに、本編に加えてSIDEOPSのサブミッション、マザーベースと言う武器開発、後方支援、ミッション派遣などの要素が混在したものがあり、敵が侵入してきたり自分が潜入する事も出来るというメタルギアらしいものもあります。

ミッションの自由度はかなり高く、ゴリ押ししたり、スナイパーライフルで狙ったり、様々な兵器を駆使したり、知的に敵を翻弄して鮮やかにミッションをクリアしたり、バディと呼ばれる仲間と共にミッションをクリアしたりと、プレイヤーが思いつく限りの自由度でミッションを攻略する事が可能なゲームデザインとなっています。

必要スペックと推奨スペック

 必要推奨
OSWindows 7 / 8 /10 以上(64ビット)
CPUIntel Core i5-4460 (3.40 GHz) 以上
もしくは4コアCPU以上
Intel Core i7-4790 (3.60 GHz) 以上
もしくは4コアCPU以上
GPUGeForce GTX 650 (2GB)GeForce GTX 760
メモリ4GB8GB
ストレージ28GB

参考情報:Steamストアページ

OSは64ビットが必要です。

必要スペックはCore i5-4460以上、GTX 650、メモリ4GBが必要とされています。グラフィックカードを搭載したゲーミングPCが必要でしょう。

推奨スペックはCore i7-4790以上、GTX 760、メモリ8GBが推奨されています。

ゲーム画面にまつわる重要なパーツ

グラフィックボード(GPU)CPUメモリ

ゲームのロード時間にまつわる重要なパーツ

SSD、HDD

ゲーム性能目安

ベンチマーク

PC版とPS4版の違い

PC版とPS4版の違い
違いまとめ

  • より多くの光源がONになり、影を落とすライトの数が増える
  • 周囲の環境の映りこみ、反射表現を追加する技術
  • フォトリアリスティックに、カメラのレンズで撮ったかのようなボケ表現をPS4よりも向上
  • モデルがより遠くまで表示されるようになり、また、詳細な状態をより遠くまで維持できるように
  • PS4よりも高度なアルゴリズムを用いて表現力をアップ
  • オプションのグラフィック設定で各パラメータを調整することが可能
  • 4K (横3840×縦2160画素) 映像 に対応

Metal Gear Solid V: The Phantom PainのGTX 1050 Ti vs. GTX 1060 vs. GTX 1070 vs. GTX 1080比較動画

MGS5のfps比較

(Graphics settings: High. 解像度: 3840×2160)

4K高設定の比較動画になります。GTX1070以上が適しています。フルHD解像度ならもっと低くても大丈夫です。

おすすめのゲーミングPC

G-Tune PM-B-AF

G-Tune PM-B-AF
G-TuneミニタワーCPUCore i7-10700
グラフィックGTX1660 SUPER(6GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
HDD 2TB
ケースミニタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

当サイト限定のGTX1660 SUPER搭載モデル。コンパクトなサイズが魅力のミニタワー型。最新ゲームをコスパ良く楽しみたい方におすすめです。

ガレリア XA7C-G60S

ガレリア XA7C-G60S
ガレリアSKケースCPUCore i7-10700
グラフィックGTX1660 SUPER(6GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
ケースミドルタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

ミドルタワー型でインテル最新CPUを搭載したGTX1660 SUPER搭載モデルです。コストパフォーマンスが高いゲーミングPCなのでおすすめです。

GeForce GTX 1660 SUPERのベンチマーク

デス・ストランディングの推奨スペックとおすすめのゲーミングPC 小島秀夫監督の最新作「DEATH STRANDING(デス・ストランディング)」の推奨スペックとおすすめPCの情報について書いていま...
METAL GEAR SURVIVEの推奨スペックとおすすめのゲーミングPC METAL GEAR SURVIVE(メタルギアサバイブ)は『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAI...
おすすめピックアップ記事