周辺機器の選び方

無線LANアダプタのおすすめ!BTOパソコン・自作パソコンに最適

BTOパソコンや自作パソコンを購入した際に無線でインターネットを繋ぐ際に必要になるのが無線LANアダプタです。家に無線LANの環境がある必要がありますが、無線LANアダプタや無線LANカードを購入すれば無線でパソコンのインターネットが使えるようになります。

無線LANの規格をチェック

規格周波数帯最大通信速度
IEEE802.11a5GHz54Mbps
IEEE802.11b2.4GHz11Mbps
IEEE802.11g2.4GHz54Mbps
IEEE802.11n2.4GHz/5GHz600Mbps
IEEE802.11ac5GHz6.9Gbps
IEEE802.11ax2.4GHz/5GHz9.6Gbp

無線LANの規格は国際的な標準規格である『IEEE802.11』に対応した製品で、これがいわゆるWi-Fiになります。「11a,11b,11g,11n,11ac,11ax」が現在規格としてあります。

なので「Wi-Fiが欲しい!」と思っても様々な規格があるのでどの規格に対応しているのかどうかを確認しておかないと速度が出ないという事になります。

互換性が無い周波数帯域

無線LANの規格をチェックする上で欠かせないのが周波数帯の理解です。

  • 2.4GHz帯=11b、11g、11n/g
  • 5GHz帯=11a、11a/a、11ac

になります。2.4GHz帯は『電子レンジなどの家電製品やBluetoothの電波干渉を受けやすい』ですが『壁や床などの障害物に強く』、5GHz帯は電波干渉を受けにくいですが、障害物に弱いという特徴があります。

同一の周波数帯を使用している規格の場合には速度の遅い方が優先されます。

これからはWi-Fi ○○に

IEEE802.11 acとかIEEE802.11 axとか言われても分からん。という方も多いでしょうからWi-Fi Allianceが2019年から「Wi-Fi 6」など分かりやすい世代の概念を導入するようです。

  • 11n=Wi-Fi 4
  • 11ac=Wi-Fi 5
  • 11ax=Wi-Fi 6

という具合に数字が大きければ最新の規格だなという事が分かるようになります。

おすすめの無線LANアダプタ

執筆時現在11axに対応したルーターは少なく、無線LANカードやアダプタも見かけないので11acに対応した無線LANアダプタがおすすめです。

WN-AC433UMK

インターフェイスUSB 2.0
アンテナ タイプ内蔵アンテナ
無線規格11ac、11n、11a
周波数範囲5GHz帯
伝送速度11ac:433Mbps(最大値)
11n:150Mbps(最大値)
11a:54Mbps(最大値)

11acに対応した超小型のアダプタになります。ノートPCに挿入する際に便利です。

Archer T2U Nano

インターフェイスUSB 2.0
アンテナ タイプ全方向型アンテナ
無線規格11ac、 11a、11n、11g、11b
周波数範囲5GHz帯、2.4GHz帯
伝送速度5GHz
11ac: 最大 433Mbps(最大値)
11n: 最大 150Mbps(最大値)
11a: 最大 54Mbps(最大値)
2.4GHz
11n: 最大 200Mbps(最大値)
11g: 最大54Mbps(最大値)
11b: 最大11Mbps(最大値)

こちらも超小型の無線LANアダプタです。ノートPCに挿入する際に便利なサイズになります。5GHz帯と2.4GHz帯を使えるのが良いですね。

Archer T4U

インターフェイスUSB 3.0
アンテナ タイプ全方向型
無線規格11ac、 11a、11n、11g、11b
周波数範囲5GHz帯、2.4GHz帯
伝送速度5GHz
11ac: 最大867Mbps(最大値)
11n: 最大300Mbps(最大値)
11a: 最大54Mbps(最大値)
2.4GHz
11n: 最大400Mbps(最大値)
11g: 最大54Mbps(最大値)
11b: 最大11Mbps(最大値)

高速な11ac対応で速度を求める方におすすめの無線LANアダプタです。

Archer T9UH

インターフェイスUSB 3.0
アンテナ タイプ全方向型
無線規格11ac、 11a、11n、11g、11b
周波数範囲5GHz帯、2.4GHz帯
伝送速度5GHz:
11ac: 1300Mbps(最大値)
11n: 450Mbps(最大値)
11a: 54Mbps(最大値)
2.4GHz:
11n: 600Mbps(最大値)
11g: 54Mbps(最大値)
11b: 11Mbps(最大値)

管理人も実際に使っているのがArcher T9UHです。クレードルが付属し、5GHz帯の1,300Mbps(理論値)での接続が可能なUSB接続の無線LANアダプタです。

クレードルが付属しているのでデスクトップPCで固定された無線環境が欲しいという方にピッタリ。

実例を出すと、サブPCの場所が離れており、有線LANを引くのに距離があるので無線LANアダプタで対応しております。固定のインターネット回線を引いている方なら無線でも速度はかなり出るのでおすすめです。

設定は非常に簡単です。ドライバを入れて5GHz帯をWindows側から選択するだけで終わります。

Archer T9E

インターフェイスPCI エクスプレス
アンテナ タイプ全方向型
無線規格11ac、 11a、11n、11g、11b
周波数範囲5GHz帯、2.4GHz帯
伝送速度5GHz
11ac:最大1300Mbps(ダイナミック)
11a:最大54Mbps(ダイナミック)
2.4GHz
11n:最大600Mbps(ダイナミック)
11g:最大54Mbps(ダイナミック)
11b:最大11Mbps(ダイナミック)

無線LANアダプタでは無く、無線LANカードとなっています。なのでPCの中のマザーボードに装着するタイプになります。5GHz帯の1,300Mbps(理論値)での接続が可能な高速無線LANカードとなっております。

まとめ

ノートPCの場合には無線機能が内蔵されている場合がほとんどなので買った時から無線が使える場合が多いですね。ただ、壊れてしまって無線機能が使えなくなってしまったという場合にノートPCでも無線LANアダプタというのは有効なアイテムです。

また、デスクトップPCの場合には無線LAN機能が高価格帯のマザーボードで対応してたりしますが、BTOで購入した場合や超ハイエンド自作以外だと無線LAN機能が付いていない場合が多いのでアダプタを別途購入して追加アップグレードするのがおすすめです。

おすすめピックアップ記事