ゲーム推奨スペック

三国志13の推奨スペックとおすすめPC

2016-01-09_16h20_05_R

今作では全武将プレイが可能になり、三国志の登場人物になり変わって中国大陸を統一していくというのがゲームの目的です。

肝心のスペックは、三国志13は要求スペックがかなり低いです。

三国志や信長の野望は毎回スペックが低いのが常習化しているので今作も例に漏れず低スペックのパソコンでも遊ぶことが可能です。

Windows版動作環境

OSWindows Vista / 7 / 8 / 8.1 / 10 日本語版
CPUPentium4 1.6GHz以上
推奨:Core2 Duo 2.0GHz以上
メモリ1GB以上
HDD7GB以上
ディスプレイ1024×768 ピクセル以上または1280×720ピクセル以上表示可能なディスプレイ
ビデオカードDirectX9.0cに完全対応したもの
シェーダーモデル3.0必須/VRAM 256MB以上
推奨:VRAM 512MB以上
サウンドボード16ビットステレオ48KHzのWAVEファイルが再生可能なサウンドボード
その他の必要な環境ネットワーク接続環境
DVD-ROM ドライブ(パッケージ版のみ)

登録等はSteamで行いプレイする仕様なのでゲーマーなら問題無いという感じです。

最近のゲーミングPCを用意する必要は無く、数年前のパソコンでも起動するスペックなのでスペックに関しての心配はあまりしなくても大丈夫かと思います。

どのくらいのスペックで動くのかという事については下記で低スペックノートPCで検証しているので参考にしてみて下さい。

ゲーム画面にまつわる重要なパーツ

グラフィックボード(GPU)CPUメモリ

ゲームのロード時間にまつわる重要なパーツ

SSD、HDD

低スペックのノートPCでも動く?

2016-02-07_13h57_10

試しに手持ちのパソコンの中で一番スペックが低いノートPCにインストールして起動してみました。

X205TAというCPUがAtomのZ3735Fのスペックです。

さすがに起動すらも厳しいかと思いましたが、起動自体は普通に起動する事が出来ました!

ただ、その後の操作感が著しくもっさりでした…。

さすがにCPUはCore2 Duo以上のスペックが必要かと思います。

Core i5などの性能の高いCPUなら低スペックでもひとまず動くでしょう。

それでも推奨:VRAM 512MB以上となっているので専用のビデオカード搭載パソコンの方がより良いゲーム体験を得られます!

おすすめのゲーミングPC

ガレリア RM5C-G60S
ガレリアミニタワーCPUCore i5-10400F
グラフィックGTX1660 SUPER(6GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
ケースミニタワー

公式サイトはこちら

リーズナブルな価格で気軽にゲームをはじめたいという方に「ガレリア RM5C-G60S」はおすすめです。

GTX1660 SUPER搭載で人気ゲームも楽しめる高コスパが魅力。全体的に買い得感が高い『コスパ重視なゲーミングPC』です。

「ガレリア RM5R-G60S」の実機レビュー ドスパラさんから『ガレリア RM5R-G60S』の実機をお借りしたのでレビューしていきます。 「ガレリア RM5R-G60S」の特...
G-Tune PL-B
G-Tuneハンドル付きミニタワーCPUCore i5-9400
グラフィックGTX1650 SUPER(4GB)
メモリ8GB
ストレージ256GB NVMe SSD / HDD 1TB
ケースハンドル付きミニタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

ビデオメモリが4GBなので重量級はパワー不足ですが、ライトなゲームを中心に楽しみたい方におすすめのGTX1650 SUPER搭載モデルです。

G-Tune PL-Bはハンドル付きのミニタワーなのでコンパクトなサイズと筐体の質感の高さが魅力的です。

おすすめピックアップ記事