ゲーム推奨スペック

三国志13の推奨スペックとおすすめPC

2016-01-09_16h20_05_R

今作では全武将プレイが可能になり、三国志の登場人物になり変わって中国大陸を統一していくというのがゲームの目的です。

三国志13の推奨スペックとおすすめのゲーミングPCをご紹介します。

必要スペックと推奨スペック

 必要推奨
OSWindows vista / 7 8.1 / 10
CPUPentium®4 1.6GHz 以上Core2 Duo 2.0GHz 以上
グラフィックVRAM 256MB以上VRAM 512MB以上
メモリ1GB
ストレージ7GB

参考情報:公式サイト

必要スペックはPentium®4 1.6GHz 以上、メモリ1GBが必要とされています。

推奨スペックはCore2 Duo 2.0GHz 以上、メモリ1GBが推奨されています。

スペックに関しての心配はあまりしなくても大丈夫かと思います。

どのくらいのスペックで動くのかという事については下記で低スペックノートPCで検証しているので参考にしてみて下さい。

ゲーム画面にまつわる重要なパーツ

グラフィックボード(GPU)CPUメモリ

ゲームのロード時間にまつわる重要なパーツ

SSD、HDD

ゲーム性能目安

ベンチマーク

低スペックのノートPCでも動く?

2016-02-07_13h57_10

試しに手持ちのパソコンの中で一番スペックが低いノートPCにインストールして起動してみました。

X205TAというCPUがAtomのZ3735Fのスペックです。

さすがに起動すらも厳しいかと思いましたが、起動自体は普通に起動する事が出来ました!

ただ、その後の操作感が著しくもっさりでした…。

さすがにCPUはCore2 Duo以上のスペックが必要かと思います。

Core i5などの性能の高いCPUなら低スペックでもひとまず動くでしょう。

それでも推奨でVRAM 512MB以上となっているので、専用のビデオカード搭載パソコンの方がより良いゲーム体験を得られます。

おすすめのゲーミングPC

GALLERIA RM5C-G60S

GALLERIA RM5C-G60S
ガレリアミニタワーCPUCore i5-12400
グラフィックGTX 1660 SUPER(6GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
ケースミニタワー

公式サイトはこちら

「GALLERIA RM5C-G60S」はGTX 1660 SUPERを搭載しているので、コスパ良くゲームを楽しめます。筐体の質感が良く、前面がLEDで光るゲーミングPCです。

 「GALLERIA RM5R-G60」の実機レビュー GTX 1660搭載

G-Tune HM-B-FGPC

G-Tune HM-B-FGPC
G-TuneミニタワーCPUCore i5-12400F
グラフィックRTX 3060(12GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
ケースミニタワー

公式サイトはこちら

インテル第12世代CPU&高性能グラフィックス「RTX 3060」搭載。全体的なコストパフォーマンスが良いゲーミングPCで、ゲームが快適にプレイ出来るゲーミングPCです。

 「GALLERIA RM5C-R36」の実機レビュー RTX 3060搭載

G-Tune HM-B-3060Ti-FGPC

G-Tune HM-B-3060Ti-FGPC
G-TuneミニタワーCPUCore i7-12700F
グラフィックRTX 3060 Ti(8GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
ケースミニタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

「G-Tune HM-B-3060Ti-FGPC」はRTX 3060 Ti搭載のゲーミングPCです。オンラインゲーム、最新重量級ゲームなど、幅広くゲームを楽しめる性能を持ったゲーミングPCです。

三國志14の推奨スペックとおすすめのゲーミングPC 歴史シミュレーションゲームの金字塔「三國志」シリーズの最新作が三國志14です。 勢力の変化を視覚的により分かりやすくする新システム...
信長の野望・大志の推奨スペックとおすすめのゲーミングPC 信長の野望・大志は戦国時代の大名となって天下統一を目指すシリーズ15作目の歴史シュミレーションゲームの長寿シリーズです。今作では武将...
おすすめピックアップ記事