ゲーミングPCはコスパが高いのか?

公開日: :

Pocket

computer-640695_1280_R

ここではどのゲーミングPCがコスパがいいという事を精査するという内容では無くて、そもそもゲーミングPCはコスパいい代物なのか?という事を書いていきます。まず、コスパというとはコストパフォーマンスの事で、日本語で言うと費用対効果という事になります。その費用に対してその効果が高い場合はコストパフォーマンスが高いという事になります。

ゲーミングPCの利点としては高グラフィックスの性能が要求されるゲームが快適にプレイ出来るという唯一無二の付加価値がゲーミングPCにはあるので他の一般的なパソコンとは全く違う性質を持っています。この点だけでもゲーミングPCというのは非常に優れていますが、法外に価格が高いというものでもありません。むしろ安い位だと思います。

市場に出ているパソコンのパーツを買ってきて自分で自作するよりも最近はドスパラやマウスコンピューターのゲーミングPCを注文した方が安いケースの方が多いです。そういう意味においてゲーミングPCはコスパが高いと言えます。

月額計算にすると分かりやすい

とは言っても安くてもゲーミングPCは10万円以上はする製品が多く、一般的な趣味に比べると高いと感じる人もいるかと思います。人気なのは20万円前後で本格的に趣味として捉えている人は40万円の製品を購入する人も別に珍しくありませんし、購入する人は相当数います。ですが、そういう人はそこに価値をきちんと見いだせている人、というか使用用途がかなり明確的な人が多いです。なのでここでは一般的な人気のレンジ(範囲)である20万円の価格で月額計算していきます。

ゲーミングPCは何年戦える?で大体5年程度で買い換える人が多いという話しをしましたが、5年使うという計算でやっていきますが、人によってはもっと短い人もいれば長い人もいると思うのであくまで目安程度に留めておいて下さい。

1ヶ月は12ヶ月なので5年だと12×5=60ヶ月ですね。20万÷60=3,333.33333…なので約3,333円とします。月額に計算するとこの金額という事になります。

この月/3,333円をどう感じるのかという事でゲーミングPCがコスパが高いのか安いのかというのが人によっての基準になります。月に3,333円使う代わりに高性能なグラフィックスでゲームをプレイ出来る事に喜びを感じるなら安いと思われるかもしれませんし、そこまでいらないよという人は少し価格を抑えた製品選びをするほうがコスパは高くなると思います。

さらに言うならプレイする時間的なものも左右されるのですが、現実ではそこまでシンプルにはいきません。お金がある人は=時間がない。お金がない人は=時間があるという構図になるのが一般的だからです。これは極端な言い回しになってしまいましたが、要は社会人で仕事をしている人はゲームに時間的なリソースを割くのが難しいという事です。逆に学生などの時間的なリソースが豊富にある人は逆にお金が無いという事になるのでプレイ時間を考えた時には一概にプレイしている時間が長いから高スペックのパソコンを購入した方がいいという短絡的な結論にはならないのですが、結構プレイしているなと感じているのなら高スペックのゲーミングPCを購入する価値は十分にあると言えます。

ゲーミングPCはゲームも出来るパソコン

最後に忘れてはならない要素としてゲーミンPCはゲームも出来るパソコンという事です。仕事で使うことも可能ですし、ゲーミングPCの高いスペックを活かしてクリエイター活動のような事も出来ますし、ゲームが好きならゲームブログや攻略ブログを使ってお金を稼ぐ事も可能です。

さらにゲーム実況も最近は公式が認めているケースが多く、ゲームによってですが昔は限りなくブラックでしたが、完全にホワイトに変化しつつあります。海外ではゲーム実況で数億円稼いでいるYouTuberもいるのでそういうのに挑戦してみるのもいいかしれません。日本でもゲーム実況は動画コンテンツの中で最大勢力です。

そこまでしなくてもゲーム以外でも活用法は無数にあるので、一般の人でも簡単に享受する事が可能で恩恵はすぐに実感できるでしょう。それらも含むと元はすぐに取れるかと思います。

Pocket

🔺TOP