Windows10について

公開日: :

Pocket

Windows10がゲーミングPCショップでも扱うようになったのですが、これからゲーミングPCを買うという人は不安もあると思うので使い方を紹介しながらWindows10は結構使いやすいという事をリポート。

Windows10だとこうなる

スタート画面

SnapCrab_NoName_2015-8-10_11-13-10_No-00_081015_013637_PM

まずWindows10で最初に目につくのがスタート画面です。Windows8ではスタートメニューが無くストアアプリを全面に押し出したタブレットやスマホユーザー向けのデザインだったのが、Windows10ではスタート画面が従来のものとWindows8のタイル状のアイコンが統合したようなUIが特徴で、これもカスタマイズ出来るのでかなり使い勝手が向上したように思います。

Windows8でシャットダウンのやり方がわかりづらかった人も今回のスタートメニューから終了できるようになったのは嬉しい変更だと思います。

スマホとPCの連携強化

WindowsPhoneはもちろんの事ですが、他OSとの連携も強化されています。専用アプリが最初からインストールされています。

IEに変わってWindowsedge

インターネットエキスプローラー(IE)に変わりWindows10ではWindowsedgeというブラウザが登場した。このブラウザの特徴としてChromeまででは無いもののそこそこ速いという事。 ウェブブラウザ上にそのまま手書きでメモが書けて保存する事が出来る事。 ウェブブラウザ上にある広告などで読みづらいページを読みやすくレイアウトを変える機能が搭載されていたりする。 Chromeやファイアフォックスと互換性が高いので拡張機能を流用する事が可能になる。

仮想デスクトップ機能で効率アップ

SnapCrab_NoName_2015-8-10_13-54-48_No-00

複数のウィンドウを開いているとどこに何があるというのが分からなくて手探りでファイルを開けたりしている人も多いと思いますが、Windows10では仮想デスクトップ機能があるのでWindowsキー+TABをおすと上記画面のようになる。

新しいデスクトップを作りたい時は右下の新しいデスクトップという所を押せばまた新しいデスクトップが追加されるという直感的にも分かりやすいシステム。

これでファイルをある程度まとめて管理出来るのでWindowsキー+TABを押せばすぐに目的の物が見つけられるので効率がアップする。

スナップ機能が4分割に対応したりストアアプリのウィンドウ化が対応に

SnapCrab_NoName_2015-8-10_13-58-7_No-00

Windows8にアップグレードしてこのスナップ機能が結構邪魔だと感じていたのであまり恩恵は個人的には感じなかったのですが、Windows8のノートPCを購入した際に便利だと感じました。ですが今回のは4分割という事で逆に大画面で高解像度の4K対応などのPCや4K液晶をお持ちの方には便利な機能に進化したような印象を受けます。

そしてストアアプリがウィンドウ化に対応したので、通常のソフトと同じように使えるようになっています。

Windows10にアップグレードする際の注意点

無料期間が1年間という事には注意が必要

Windows7とWindows8ユーザーは7月29日から1年間は無料でWindows10にアップグレードする事が出来ます。実際にアップグレードしましたが、特に難しい要素は無く、簡単にアップグレードする事が出来ました。ですが周辺機器が対応していないという事はあり得るので注意が必要です。

Windows10の推奨スペック
CPU 1GHz~
メモリ 1GB(32bit)/2GB(64bit)
HDD 16GB(32bit)/20GB(64bit)
解像度 1024×660

Windows10にアップグレードする前に推奨環境かどうかは実際にアップグレードした際に表示されました。

Pocket

🔺TOP