ゲーミングPCのCPUクーラーを後で自分で変える事は可能?

公開日: :

Pocket

ゲーミングPCと一概に言ってもゲーミングノートPCや小型のゲーミングPCも含まれてしまうので一概には言えないのですが、ミドルタワー型のPCケースの場合には基本的には物理的に干渉しないくらいのスペースが確保してある場合が多いのでその場合には可能です!

例えばドスパラで販売されているガレリア専用KTケースやG-Tuneで販売されているNEXTGEARやMASTER PIECEなどならケース自体が大きいのでCPUクーラーの高さがかなりある場合でもCPUクーラーを自分で交換しようと思っても交換する事は可能な場合がほとんどだと思います。

CPUクーラーの交換の難易度は?

CPUクーラーにも色んな商品が販売されているので一概には言えないのですが、初心者さんでも購入したCPUクーラーの取扱説明書とにらめっこして格闘すればできると個人的には思います。もちろん自己責任になってしまうので心配な方や不安な方は手を出さない方が無難なのは変わりませんが、CPUクーラーを交換して何かトラブルにあったという経験は管理人はした事が無いのでそこまでびびらなくても大丈夫だと個人的には思います。

作業自体の難易度はそこまで高くはないと思いますが、どんなクーラーを取り付けるか次第だと思います。

CPUクーラーのネジの締めすぎには注意が必要

CPUクーラーによっては説明書に締めすぎないで下さいと注意書きがある場合にはその指示に従って作業を行うのがベスト。あまり締めすぎると破損に繋がる可能性もあります。

CPUクーラーの対応可否の確認方法

まずは自分のパソコンのCPUが何を使っているのかというのを把握する必要があります。

CPU-Z

CPU-ZでCPUの情報やソケットの情報を見る事が可能です。

例えばCore i7-8700の場合にはLGA1151と記載されているのでLGA1151という事が分かりますし、Core i7-8700という情報も分かるのでそこでググってもいいかもしれません。

CPUクーラー 通販 価格比較

価格.comのクーラーの人気ランキングをチェックしてみると

執筆時だとこんな感じの画面になります。スペック情報というタブに切り替えるとIntelの対応ソケットという画面が出るので、LGA1151というのが○してあるので対応しているという事になります。

CPUクーラーを交換する時にはグリスも塗る必要がある

CPUクーラーを交換する時には大抵の場合にはおいて2年以上使ったゲーミングPCのCPUクーラーを交換したいという場合が多いと思います。それか新品でゲーミングPCを買ってきて自分でチューニングしたいという方もいらっしゃるとは思いますが、その際にはグリスも塗る必要があります。

グリスの塗り方に関しては米粒2~3粒分程度をセンターに盛るやり方とヘラ等で均等に伸ばすやり方の2つがありますが、初心者さんだと失敗する確率が減るのでセンター盛りがおすすめです。

CPUクーラーを取り外してCPUの真ん中にちょんとグリスを米粒2~3粒ぶんくらいのせてその上からCPUクーラーをかぶせて押し広げるというやり方です。

CPUクーラーのメンテンスも兼ねてやってみるのも手です

CPUクーラーも時間が経つとほこりがたまっているという場合もあります。

これによって冷却性能が落ちるという事も考えられるので定期的なメンテンナスをするのがおすすめです。分解して取り外してエアダスターなどでほこりをふいて飛ばしてしまえばメンテンスとしては十分効果が見込めます。

その際にCPUグリスの塗り直しもしてみましょう。2年くらいでグリスの塗り直しをする事が推奨されています。

ウェットティッシュなどでCPUのグリスを拭き取って上で紹介したやり方でグリスの塗り直しをする事でメンテナンスとしての効果は十分見込めます。

パソコンの分解をしたりパーツ交換をするとメーカー保証やサポート対象外となる行為ですのでご注意下さい。何か問題があっても当サイトは一切の責任を負えません。ご了承下さい。

Pocket

はじめてゲームPCコラボ

セール情報

実機レビューまとめ

価格で選ぶ(デスクトップ)

価格で選ぶ(ノート)

ジャンルで選ぶ

ゲームで選ぶ

パーツの選び方

PCゲーム

🔺TOP