MENU
はじめてゲームPC
ゲーミングPCやゲーミングノートPCの実機レビューを200台以上行いました。
最新ハードウェアのゲーム検証やベンチマーク検証もしているので、ゲーミングPC選びの参考にしてみて下さい。
はじめてゲームPCおすすめ限定モデル詳しくはこちら

バイオハザードシリーズの推奨スペック早見表

当ページのリンクには広告が含まれています。
バイオハザードシリーズの推奨スペック早見表

このページでは、ゲーミングPCを購入する時にバイオハザードシリーズのスペックを満たしているかどうか気になる方の為に早見表を作成しています。

バイオハザードシリーズのグラフィック比較や、バイオハザードシリーズを快適にプレイ出来るおすすめのゲーミングPCのご紹介もしています。

PC版バイオハザードシリーズをプレイしたい方はチェックしてみて下さい。

目次

バイオハザードシリーズの推奨スペック

スクロールできます
タイトル名推奨CPU推奨GPU推奨メモリ
バイオハザード0 HDリマスターCore 2 Quad 2.7 GhzGTX 5604GB
バイオハザード HDリマスターCore 2 Quad 2.7 GhzGTX 5604GB
バイオハザード RE:2Core i7-3770GTX 10608GB
バイオハザード RE:3Core i7-3770GTX 10608GB
バイオハザード4(2005)Core 2 Quad 2.7 GhzGTX 5604GB
バイオハザード RE:4Core i7 8700GTX 107016GB
レイトレ:RTX 2070
バイオハザード5Core i5-3570GTX 6504GB
バイオハザード6CoreTM2 Quad 2.7 GhzGTX 5604GB
バイオハザード7Core i7-3770GTX 10608GB
バイオハザード8(VILLAGE)Core i7 8700GTX 107016GB
レイトレ:RTX 2070
バイオハザードリベレーションズCore 2 Quad 2.7 GhzGTX 5604GB
バイオハザードリベレーションズ2Core 2 Quad 2.7 GhzGTX 5604GB

ウルトラワイドワイドモニターの対応表

バイオハザードのウルトラワイド対応表
スクロールできます
タイトル名対応可否
バイオハザード0 HDリマスター
バイオハザード HDリマスター
バイオハザード RE:2
バイオハザード RE:3
バイオハザード RE:4
バイオハザード5
バイオハザード6
バイオハザード7
バイオハザード8(VILLAGE)

ウルトラワイドモニターのメリットは、ゲームプレイでの臨場感の向上や、一度に視認出来る情報量が多くなる利点があります。バイオハザードシリーズではリメイク作品とバイオ5/8がウルトラワイドに対応しています。

バイオ0/1/7は横に帯が出るので対応していません。バイオ6は対応しているのですが、表示に難があり画面がおかしい表示になるので△評価としています。

あわせて読みたい
ウルトラワイドモニターにおすすめのゲーミングPC ゲーム用のパソコン(ゲーミングPC)を買いたいけど、普通の人とは違う視点で考えていきたいという方におすすめなのがウルトラワイドです。 ウルトラワイドは、没入感の...

バイオハザードシリーズのスペックの変化

スクロールできます
タイトル推奨CPU推奨GPU推奨メモリ
バイオハザード6Core 2 Quad 2.7 GhzGTX 5604GB
バイオハザード7Core i7-3770GTX 10608GB
バイオハザード8(VILLAGE)Core i7 8700GTX 1070(レイトレ:RTX 2070)16GB

近年のバイオハザードは、バイオハザード7レジデント イービルから「REエンジン」というゲームエンジンが採用されており、バイオハザード6から7で劇的にグラフィックスの向上がありました。それに伴い推奨動作要件も大きく向上しています。

REエンジン

「REエンジン」はバイオハザードシリーズの他にもデビルメイクライ5、モンスターハンターライズ、ストリートファイター6などの作品にも採用されています。

推奨スペックの変化の流れ
  • バイオハザード6⇒バイオハザード7でREエンジンが採用されたため推奨動作要件が向上
  • バイオハザード7⇒バイオハザード8で推奨スペックが微増してレイトレーシング対応
  • バイオハザードRE:2 / RE:3⇒バイオハザードRE:4でバイオ8と同等スペックになった

バイオハザードの最新ゲームの最高画質はVRAM消費が大きい

バイオハザードの最新ゲームの最高画質はVRAM消費が大きい

バイオハザードRE:2以降は、画質を極限まで高めるとPCゲームの中でもトップクラスにVRAMが必要なゲームです。

バイオハザード7までは比較的穏やかなVRAM消費量ですが、バイオハザード RE:2(2019年発売)、バイオハザード RE:3(2020年発売)、バイオハザードヴィレッジ(2021年発売)、バイオハザード RE:4(2023年発売)のMAX画質設定+レイトレーシングの最高画質(対応ソフト)にすると、グラフィックスメモリが14GB程度必要と表示されます。

VRAMはグラフィクスボード専用のメモリの事です。⇒グラフィックスボードの詳細はこちら

グラフィックス自動設定

MAX設定だと消費量が大きいので「画面品質重視」「バランス重視」にすれば6GB程度のVRAMで十分足ります。

画面品質重視設定でも十分綺麗ですが、限界突破やレイトレーシングの最高画質で楽しみたい方はVRAM容量の大きいグラフィックスボードを選定するのも良いでしょう。

MAX画質と画面重視設定の画質比較

MAX画質

MAX画質

画面品質重視

画面品質重視

最低画質

最低画質

バイオハザードRE:4で最高画質(限界突破以上の画質)と画面品質重視設定で比較しました。FSR(AMD FidelityFX Super Resolution)はオフに設定しています。

シーンによっても違いがあると思いますが、今回は古城で撮影しています。

MAX画質は画質にこだわる方におすすめの設定になります。

画面品質重視はMAX画質と比較すると、レオンの髪色が違うのは顕著に分かりますが、他の部分は陰影が少し劣っている気がする程度なので、そこまで画質にこだわらないという方は画面品質重視設定で十分だと思います。

最低画質は画面が荒く、プレイしていても気になるのでおすすめ出来ない画質設定です。

バイオハザードシリーズのグラフィック比較

PC版バイオハザードシリーズのグラフィックを比較しました。画質は全て最高画質(MAX設定)になります。FSRはオフに設定しています。

バイオハザード HDリマスター

バイオハザード HDリマスター

バイオハザード HDリマスターは、第1作『バイオハザード』のHDリマスター作品です。2014年11月27日にPS3 / Xbox 360版が発売され2015年1月20日にPC版が発売されています。

バイオハザードは1996年にPlayStationで発売されたゲームですが、HDリマスター版が発売されていますので今遊んでも普通にプレイ出来ます。

昔のゲームを今プレイすると液晶モニターだと文字が読みづらい等がありますが、HDリマスター化されて美麗になっているので、プレイに支障は無いです。

また、バイオハザードはストーリーが繋がっているので、発売順からプレイするのがおすすめです。

おすすめ順

1⇒2⇒3⇒0⇒4⇒5⇒リベレーションズ⇒6⇒リベレーションズ2⇒7⇒ヴィレッジ

バイオハザード6

バイオハザード6

バイオハザード6は、2012年10月4日にPS3 / Xbox 360版が発売。2013年3月22日にPC版が発売されました。

バイオハザード5/6は10年以上前に発売されたゲームなので、バイオハザードRE:4のエイダと見比べると少し古いゲームという印象を受けます。家庭用ゲーム機で言えば2世代前のグラフィックスになります。

バイオハザードRE:2

バイオハザードRE:2

バイオハザードRE2は、2019年1月25日にPC / PS4 / Xbox Oneで発売されています。

バイオハザード7 / 8 / RE:2 / RE:3 / RE4はゲームエンジンが変更されて「REエンジン」が採用されているので大きくグラフィックスの水準が向上しています。

バイオハザードRE:4

バイオハザードRE:4

バイオハザードRE:4は、2023年3月24日にPC / PS5 / PS4 / Xbox Series X|Sで発売されています。

バイオハザードヴィレッジとバイオハザードRE:4は、GTX 1060からGTX 1070に推奨GPUが上がっているので、少しグラフィックも良くなっているような気がします。

レイトレーシングにも対応しているので、最新ゲームのグラフィックを堪能したい方は「バイオハザードRE:4」「バイオハザード ヴィレッジ」のプレイがおすすめになります。

バイオハザード ヴィレッジ

一人称視点

一人称視点

三人称視点

三人称視点

グラフィックとは関係無いポイントですが、画面の見え方がバイオハザード7から大きく変わっています。

バイオハザード6までは三人称視点でしたが、画面の見え方が7から一人称視点に変更されました。

ただ、バイオハザード ヴィレッジでは「ウィンターズ エクスパンション」内にサードパーソンモードが収録されており、三人称視点でプレイ可能です。

バイオハザードシリーズを快適にプレイするにはどの程度のスペックが必要?

3DMARK TimeSpy Graphics Score
RTX 4090
36699
RTX 4080
27866
RTX 4070 Ti
22440
RTX 4070
18160
RTX 4060 Ti
13392
RTX 4060
10570
RTX 2070
8534
RTX 3060
8530
RTX 3050
6095
GTX 1070
6041
GTX 1660 SUPER
5977
GTX 1650
3427

バイオハザードシリーズ最新作の「バイオハザード ヴィレッジ」と「バイオハザードRE:4」の推奨スペックにGTX 1070が推奨GPUとして記載されていますので、RTX 3050 / GTX 1660 SUPER程度のグラフィックス性能があれば快適に楽します。

レイトレーシングも楽しみたい方はRTX 2070が推奨GPUとして記載されていますので、現行モデルならRTX 4060程度の性能があれば非常に快適に楽しめます。

あわせて読みたい
【バイオ8】バイオハザードヴィレッジの推奨スペックとおすすめPC 「バイオハザード8/バイオハザードヴィレッジ」の必要スペックと推奨スペックとおすすめゲーミングPCの情報についてまとめています。 また、実機を用いてどの程度のスペ...
あわせて読みたい
バイオハザード RE:4の推奨スペックとおすすめのゲーミングPC バイオハザード RE:4は、2005年に発売されたシリーズ屈指の人気作品「バイオハザード 4」のリメイク作品です。 注目度が高い作品となっているので、シリーズファンのみ...

バイオハザードシリーズにおすすめのゲーミングPC

バイオハザードシリーズにおすすめのゲーミングPCをご紹介します。

GALLERIA RM5C-R46T

ガレリアミニタワー
スペック
CPUCore i5-14400F
グラフィックRTX 4060 Ti(8GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
ケースミニタワー

「GALLERIA RM5C-R46T」は、コストパフォーマンスに優れるインテル第14世代CPU「Core i5-14400F」&「GeForce RTX 4060 Ti」を搭載。

気軽にゲームを始めたい方や、コストパフォーマンスを重視したい方におすすめのモデルです。

NEXTGEAR JG-A7G6T

NEXTGEARミニタワー
スペック
CPURyzen 7 5700X
グラフィックRTX 4060 Ti(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー

「NEXTGEAR JG-A7G6T」は、CPUに「Ryzen 7 5700X」を搭載し、最新の高性能グラフィクス「GeForce RTX 4060 Ti」を採用。

高いコストパフォーマンスが魅力のゲーミングPCです。新色のホワイトカラーモデルはこちら

G-Tune DG-I7G7S

G-Tuneミニタワー
スペック
CPUCore i7-14700F
グラフィックRTX 4070 SUPER(12GB)
メモリ32GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー

「G-Tune DG-I7G7S」は、高解像度でプレイしたい方にもおすすめのGeForce RTX 4070 SUPERを搭載した高性能ゲーミングPCです。

最新のインテル第14世代「Core i7-14700F」&メモリ32GBで快適に重量級ゲームを楽しめます。ケースはブラックとホワイトモデルの2色展開で、カスタマイズでLEDの色も選択可能です。

「G-Tune DG-I7G7S」はマウスコンピュータースタッフもおすすめするゲーミングPCです。

GALLERIA XA7C-R47S

GALLERIA XA7C-R47S
スペック
CPUCore i7-14700F
グラフィックRTX 4070 SUPER(12GB)
メモリ32GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミドルタワー

「GALLERIA XA7C-R47S」は、ガレリアのミドルタワー型のゲーミングPCです。ケース前面がLEDで光る点が特徴的です。

GeForce RTX 4070 SUPERを搭載しているので重量級ゲームも快適に動作します。タイトルによっては4K解像度でも快適に楽しめます。

GALLERIA ZA9C-R49

GALLERIA XA7C-R36T
スペック
CPUCore i9-14900KF
グラフィックRTX 4090(24GB)
メモリ32GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミドルタワー

「GALLERIA ZA9C-R49」は、インテル第14世代の最上位クラス「Core i9-14900KF」&最新のハイエンドグラフィクス「RTX 4090」搭載。4K/8K解像度の重量級ゲームも快適に楽しめる性能を持っています。

RTX 4090はビデオメモリが24GB搭載しているので、VRAM消費が大きい最新のバイオハザードを最高画質で快適に楽しみたい方におすすめのゲーミングPCです。

あわせて読みたい
「GALLERIA ZA9C-R4x 動画配信向けモデル」の実機レビュー RTX4090搭載 サードウェーブさんから「GALLERIA ZA9C-R4x 動画配信向けモデル」の実機をお借りしたのでレビューをしていきます。 「GALLERIA ZA9C-R4x」は、CPUに「Core i9-13900KF...
目次