ゲーム推奨スペック

【バイオ8】バイオハザードヴィレッジの推奨スペックとおすすめPC

バイオハザードヴィレッジの推奨スペックとおすすめPC

「バイオハザード8/バイオハザードヴィレッジ」の必要スペックと推奨スペックとおすすめゲーミングPCの情報についてまとめています。

また、実機を用いてどの程度のスペックがあればバイオ8が快適に動かせるの?といった事についてもまとめています。

必要スペックと推奨スペック

 必要推奨
OSWindows 10(64ビット)
CPUIntel Core i5-7500
AMD Ryzen 3 1200
Intel Core i7 8700
AMD Ryzen 5 3600
GPUGeForce GTX 1050 Ti
Radeon RX 560X
GeForce GTX 1070
Radeon RX 5700
レイトレーシングGeForce RTX 2060
Radeon RX 6700 XT
GeForce RTX 2070
Radeon RX 6700 XT
メモリ8GB16GB
DirectX12
グラフィック設定パフォーマンス重視画面品質重視
解像度/FPS1920x1080(フルHD)
60fps
1920x1080(フルHD)
60fps

参考情報:Steamストアページ

OSは64ビットが必要です。

必要スペックはパフォーマンス重視設定でGTX1050Ti(ビデオメモリ4GB)が指定されています。レイトレーシングの下限はRTX2060以上が必要と記載があります。

推奨スペックは画面品質重視設定でGTX 1070が指定されています。レイトレーシングはRTX2070以上が推奨です。

ゲーム画面にまつわる重要なパーツ

グラフィックボード(GPU)CPUメモリ

ゲームのロード時間にまつわる重要なパーツ

SSD、HDD

ゲーム性能目安

ベンチマーク

ウルトラワイド対応

21:9に対応

ウルトラワイド対応

横に長くなるので臨場感アップ

臨場感高まるウルトラワイド

ウルトラワイドモニターと呼ばれる横に長いアスペクト比21:9に対応していました。「3840×1600」解像度にも対応しています。

その他にもHDR(ハイダイナミックレンジ)にも対応しています。HDRは人間の目で見た時のような明るさに近い、リアルな描写を表現する技術です。対応モニターが必要です。

グラボ別fps

バイオハザード8(バイオハザードヴィレッジ)でどの程度快適にプレイできるのかを実際に計測しました。

快適にプレイできる指標となる数値は60fpsで動作させる事です。ゲーミングモニターをお持ちの方は高fpsを出せばより滑らかな描画で楽しむ事も出来ます。

では早速見ていきましょう。

フルHD解像度

GPUフルHD(1920×1080)
RTX 3090
222
167
RTX 3080
222
157
RTX 3070
221
118
RTX 3060 Ti
199
90
RTX 3060
157
79
GTX 1660 SUPER
102
GTX 1650 SUPER
53

■最大設定 ■レイトレ

CPUはCore i9-11900K、メモリは32GB、ストレージはSSD 1TBモデルを使用しています。画質は最大の設定、計測場所は村です。

推奨でGTX1070が指定されています。性能的に近いGTX1660 SUPER搭載モデルがおすすめです。

レイトレーシングは最先端のリアルなグラフィックスを実現する技術です。推奨ではRTX2070が指定されています。性能的に近いRTX3060以上を搭載したモデルがおすすめです。

4K解像度

GPU4K(3840×2160)
RTX 3090
127
96
RTX 3080
112
88
RTX 3070
91
67
RTX 3060 Ti
74
56
RTX 3060
54
43
GTX 1660 SUPER
36
GTX 1650 SUPER
20

■最大設定 ■レイトレ

4K解像度(3840×2160)は負荷が非常に大きくなるので高性能なグラフィックスボードが必要です。4K解像度でレイトレーシングを楽しみたい方はRTX3070以上がおすすめです。

8K解像度

GPU8K(7680×4320)
RTX 3090
39
29
RTX 3080
31
13

■最大設定 ■レイトレ

8K表示には4K液晶でDSRを使用しています。8K解像度(7680×4320)は負荷が極めて大きくなるので最高性能のグラフィックスボードが必要です。

8K解像度

RTX3080ではビデオメモリの容量的にかなり重く、今回の画質設定においてはプレイが困難になるシーンもありました。

ビデオメモリの容量が足りなくなるとゲーム中にカクついたり重くなる場合が多いです。

RTX 3090だとかなりスムーズにプレイ出来ていたので8K解像度でプレイしたい方はRTX 3090 / RTX 3090 Ti搭載モデルがおすすめです。

おすすめのゲーミングPC

バイオハザードヴィレッジにおすすめのゲーミングPCを紹介します。

  • フルHD解像度:GTX 1660 SUPER / RTX 3060(レイトレ対応)がおすすめ
  • 4K解像度:RTX 3070以上がおすすめ

今回の検証結果のおすすめの要件はこちらになります。

GALLERIA RM5C-G60S

GALLERIA RM5C-G60S
ガレリアミニタワーCPUCore i5-12400
グラフィックGTX 1660 SUPER(6GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
ケースミニタワー

公式サイトはこちら

「GALLERIA RM5C-G60S」はGTX 1660 SUPERを搭載しているので、コスパ良くゲームを楽しめます。筐体の質感が良く、前面がLEDで光るゲーミングPCです。

 「GALLERIA RM5R-G60」の実機レビュー GTX 1660搭載

G-Tune HM-B-FGPC

G-Tune HM-B-FGPC
G-TuneミニタワーCPUCore i7-11700F
グラフィックRTX 3060(12GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

当サイト限定の「G-Tune HM-B-FGPC」は最新グラフィックスRTX 3060搭載モデルです。RTX 3060は重量級ゲームも快適に楽しめるモデルです。

 G-TuneセールでおすすめのゲーミングPC

マウスコンピューターは定期的にセールを開催しています。セール対象商品もコスパ良いのでチェックしてみて下さい。

GALLERIA XA7C-R37

ガレリア XA7C-R37
ガレリアミドルタワーCPUCore i7-12700
グラフィックRTX 3070(8GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
ケースミドルタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

「GALLERIA XA7C-R37」は、高性能グラフィックスの「GeForce RTX 3070」を搭載したモデルなので、最新ゲームを本格的に楽しみたい方におすすめのゲーミングPCです。

GALLERIA ZA7C-R38

GALLERIA ZA7C-R38
ガレリア ZA9C-R38CPUCore i7-12700K
グラフィックRTX 3080(10GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミドルタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

ミドルタワー型の人気のゲーミングPCがガレリアのZシリーズです。RTX 3080は4K解像度でゲームがプレイ出来る圧倒的パフォーマンスが魅力です。

おすすめのゲーミングノートPC

ゲーミングノートPCはGTX1660Ti以上のグラフィックス性能を持つモデルがおすすめです。

GALLERIA XL7C-R36

GALLERIA XL7C-R36
ガレリア XL7C-R36CPUCore i7-11800H
グラフィックRTX 3060(6GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
液晶15.6型 フルHD
(144Hz)
動作時間約 5.0時間
重量約 2.1kg

レビューはこちら公式サイトはこちら

「ガレリア XL7C-R36」は最新グラフィックス「GeForce RTX 3060」搭載。最新ゲームを快適に楽しみたい方におすすめのスペックです。

まとめ

「バイオハザード8/バイオハザードヴィレッジ」の推奨スペックとおすすめのゲーミングPCをまとめました。

バイオ8をコスパ良く楽しみたい方はGTX 1660 SUPERがおすすめです。

滑らかな描画でゲームを楽しみたい方はRTX 3060以上だとかなり高fpsが出ます。

高解像度で楽しみたい方はRTX 3070以上がおすすめです。

BIOHAZARD RE:3の推奨スペックとおすすめのゲーミングPC バイオハザード RE:3はバイオハザード3のリメイク作品になります。ゲームが販売されたので実際に実機で動作確認をしています。 また...
おすすめピックアップ記事