PCゲームの推奨スペックから選ぶ

CoD:MWの推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

CoD:MW(コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア)のスペック情報と快適にプレイできるおすすめのゲーミングPCを紹介します

CoD:MWの販売サイト

ゲーム情報

追い求めたものは究極の体験・・・。 PC版のみで味わえる4K画質対応、フレームレート制限なし、のCall of Duty®: Modern Warfare®

  • 4K解像度対応
  • ウルトラワイド対応
  • 複数画面対応
  • 無制限フレームレート
  • PC専用の詳細設定

必要・推奨スペック

 必要動作環境推奨動作環境
OSWindows 7 64ビット(SP1)
Windows 10 64ビット
Windows 10 64ビットの最新アップデート
CPUIntel Core i3-4340
AMD FX-6300
Core i5-2500K
AMD Ryzen R5 1600X
GPUNVIDIA GeForce GTX 670
NVIDIA GeForce GTX 1650
AMD Radeon HD 7950
NVIDIA GeForce GTX 970
NVIDIA GeForce GTX 1660
AMD Radeon R9 390
AMD Radeon RX 580
VRAM2GB4GB
メモリ8GB12GB
ストレージ175 GB
Direct XDirectX 12.0互換システム

参考情報:Call of Duty: Modern Warfareの動作環境

最低必要なスペック、ある程度快適にプレイ出来る事が見込める推奨スペックは以上になります。スペックとしてはそこまで高く無いで印象ですが、ストレージの容量が175GBとなっているので容量としてはかなり必要になるでしょう。

競技用の推奨スペック

 競技用ウルトラ
OSWindows 10 64ビットの最新アップデート
CPUIntel Core i7-8700K
AMD Ryzen 1800X
Core i7-9700K
AMD Ryzen 2700X
GPUNVIDIA GeForce GTX 1080
NVIDIA GeForce RTX 2070 SUPER
AMD Radeon HD 7950
GeForce RTX 2080
VRAM8GB
メモリ16GB
ストレージ175 GB
Direct XDirectX 12.0互換システム

参考情報:Call of Duty: Modern Warfareの公式サイト

ウルトラ仕様ですとCPUはCore i7-9700K、グラフィックボードはRTX2080、メモリは16GBとなっております。現行のハイスペックなゲーミングPCが必要でしょう。

4K解像度の推奨スペック

 ULTRA RTX
OSWindows 10 64ビットの最新アップデート
CPUCore i7-9700K
AMD Ryzen 2700X
GPUNVIDIA GeForce RTX 2080 SUPER
メモリ16GB
ストレージ175 GB

参考情報:activisionの公式サイト

4K解像度でレイトレーシングを実行して高FPSを確保できる推奨スペックが以上になります。

CoD:MWのベンチマーク比較

環境は全て私物のテスト機で製品版のコール オブ デューティ モダン・ウォーフェアにて行っております。

最高設定+レイトレーシングオン

GPU4K
3840×2160
フルHD
1920×1080
RTX2080Ti57 FPS120 FPS
RTX2080 SUPER47 FPS110 FPS
RTX2070 SUPER41 FPS96 FPS
RTX2060 SUPER34 FPS84 FPS
GTX1660Ti18 FPS46 FPS

画質設定:最高+レイトレーシング、MAP:PICCADILLY。ドライバー:GEFORCE GAME READY DRIVER 440.97、CPU:Core i7-9700K、メモリ:16GB

最高設定+レイトレーシングオフ

GPU4K
3840×2160
フルHD
1920×1080
RTX2080Ti78 FPS159 FPS
RTX2080 SUPER65 FPS148 FPS
RTX2070 SUPER57 FPS134 FPS
RTX2060 SUPER47 FPS114 FPS
GTX1660Ti34 FPS83 FPS

画質設定:最高、MAP:PICCADILLY。ドライバー:GEFORCE GAME READY DRIVER 440.97、CPU:Core i7-9700K、メモリ:16GB

最低設定

GPU4K
3840×2160
フルHD
1920×1080
RTX2080Ti118 FPS216 FPS
RTX2080 SUPER104 FPS207 FPS
RTX2070 SUPER89 FPS183 FPS
RTX2060 SUPER72 FPS157 FPS
GTX1660Ti51 FPS117 FPS

画質設定:最低、MAP:PICCADILLY。ドライバー:GEFORCE GAME READY DRIVER 440.97、CPU:Core i7-9700K、メモリ:16GB

画面の綺麗さを重視して映画のような映像体験で没入感のあるゲーム体験をしたい方は4Kの項目を、マルチプレイでの競技性を重視する方はフルHD×高フレームレートを重視しましょう。

CODMWのVRAMに関して

ギリギリですが4Kだと6GB程度となっていました。ですので推奨スペックの項目にVRAM8GBと出ているのは納得でしょう。レイトレを切る場合には6GBあれば十分でしょう。

アスペクト比に関して

アスペクト比の変更もできるのでウルトラワイドモニターを使用される方にも対応しています。

CODMWの画質比較

レイトレーシングの画質比較

リアルタイムレイトレーシングに関してはこちらでチェックしてみて下さい。

実際のゲーム画面でチェックしてみるとレイトレーシングをオンの状態では左の階段部分を見て頂けると分かると思いますが、影がついています。レイトレーシングをオフの状態では影がなくなっています。

有効:NVIDIA RTXによって向上したDirectXのレイトレーシング技術を使用し、ローカル光源に対してリアルタイムのレイトレーシングシャドウを有効化。この機能は特定のNVIDIAハードウェアのみ対応。NVIDIA DLSSは設定項目として見当たらなかったです。

最高設定と最低設定の画質比較

最高設定の方が画質が向上しているのでより没入感を高めたい方は最高設定がおすすめです。フレームレートを確保してゲームをプレイしたい方は最低設定にするとフレームレートは稼げます。

画質設定について

通常、いくつかの設定を調整してパフォーマンスをさらに向上させることをお勧めしますが、モダンウォーフェアの場合は、可能な限り幅広いシステムでデフォルト設定が適切に実行されるようにすべてが合理化されています。これにより、マルチプレイヤーでスクリーンスペースリフレクションのみがノーマルに切り替わり、被写界深度がオフになります。

代わりに、最大の利点は解像度のスケーリングにあります。たとえば、3840×2160で80〜90%の場合、パフォーマンスが2桁向上しますが、明瞭度の低下は最小限に抑えられます(GeForce ExperienceのAlt + F3 Sharpeningフィルターを使用することで対処できます)。

Call of Duty:Modern Warfare PCグラフィックスおよびパフォーマンスガイド

上記リンクから詳細なグラフィック設定についてNVIDIAさんがまとめてくれているので一度確認してみましょう。

管理人が計測した数値よりも4Kで80〜90%に解像度スケーリングを落とした場合にはパフォーマンスはより出ます。

あくまで最大値と最低値を記録する目的のベンチマーク(基準)になります。詳細なオプションが用意されたPC版ですので最適な設定を見つけてプレイするのがおすすめです。

分からないという方はゲーム開始時にゲーム側で自動で最適な設定にしてくれます。

快適にプレイ出来るおすすめのゲーミングPC

ドスパラの人気ゲーミングPC

ガレリア XF
OSWindows10
CPUCore i7-9700K
グラフィックRTX2070 SUPER(8GB)
メモリ16GB
ストレージNVMe SSD 512GB HDD 2TB
マザーボードB365

マウスコンピューターのコラボモデル

NEXTGEAR i690PA5-SP-FG
OSWindows10
CPUCore i7-9700K
グラフィックRTX2080 SUPER(8GB)
メモリ32GB
ストレージM.2 SSD 512B HDD 3TB
マザーZ390

ドスパラのハイエンドゲーミングPC

ガレリア ZZ i9-9900K
ガレリアKTケース外観OSWindows10
CPUCore i9-9900KF
グラフィックGeForce RTX2080 Ti(11GB)
メモリ16GB
ストレージNVMe SSD 500GB HDD 3TB
マザーボードZ390
おすすめピックアップ記事