ゲーム推奨スペック

『CoD:ヴァンガード』の推奨スペックとおすすめPC

CoD:ヴァンガードの推奨スペックとおすすめPC

コールオブデューティー ヴァンガードは世界的人気FPSゲーム『コールオブデューティ(CoD)』シリーズ最新作のFPSゲームです。今作の舞台は第二次世界大戦となっています。

CoD:ヴァンガードの必要/推奨スペックとおすすめゲーミングPCの情報についてまとめています。

フレームレートを計測してどの程度のスペックがあれば快適にCoD:ヴァンガードが快適にプレイ可能かという点もチェックしているので合わせて参考にしてみて下さい。

CoD:ヴァンガードの特徴

  • 第二次世界大戦が舞台のキャンペーンモード搭載
  • 世界中のプレイヤーと競うマルチプレイモード搭載
  • 仲間と死者の大群を迎え撃つゾンビモード搭載
  • ウルトラワイド&4K解像度対応
  • NVIDIA Reflex対応
  • NVIDIA DLSS対応
  • FidelityFX Super Resolution対応

キャンペーンモードは、ヨーロッパの東部戦線、西部戦線、太平洋、北アフリカを舞台に映画さながらの迫力のあるストーリーが楽しめます。

ゾンビモードは、4人協力プレイでゾンビの襲来に対抗するモードとなっています。

横に長いウルトラワイドや高解像度の4Kに対応したタイトルです。

NVIDIA Reflex対応

NVIDIA Reflexは対戦ゲームでの遅延の最適化、及び測定するテクノロジーです。

CoD:ヴァンガードの他にも「Apex Legends、フォートナイト、Call of Duty Warzone、VALORANT、BF2042」などの様々な対戦ゲームで採用されています。

NVIDIA DLSSとFidelityFX Super Resolutionについては後述します。

CoD:ヴァンガードの必要スペックと推奨スペック

 必要推奨
OSWindows 10(64ビット)
CPUCore i3-4340
FX-6300
Core i5-2500K
Ryzen 5 1600X
GPUGeForce GTX 960
Radeon RX 470
GeForce GTX 1060
Radeon RX 580
VRAM2GB4GB
メモリ8GB12GB
ストレージ36GB(ローンチ時点、マルチプレイヤーとゾンビモードのみ)
177GB(全ゲームモード)
177GB
DirectX12
 優位ウルトラ4K
OSWindows 10(64ビット)
CPUCore i7-8700K
Ryzen 7 1800X
Core i9-9900K
Ryzen 9 3900X
GPUGeForce RTX 2070
GeForce RTX 3060 Ti
Radeon RX 5700 XT
GeForce RTX 3080
Radeon RX 6800 XT
VRAM8GB10GB
メモリ16GB
ストレージ177GB
DirectX12

参考情報:公式サイト / Battle.netストアページ

CoD:ヴァンガードのスペックの動作環境は4つ公開されています。

動作に必要なスペック、推奨されるスペック。そしてより快適に動作する優位スペックと、4K解像度で推奨されるスペックの4つになります。

ゲーム画面にまつわる重要なパーツ

グラフィックボード(GPU)CPUメモリ

ゲームのロード時間にまつわる重要なパーツ

SSD、HDD

ゲーム性能目安

ベンチマーク

NVIDIA DLSS対応

NVIDIA DLSS対応

NVIDIA DLSSは機械学習を活用した超解像技術の事です。フレームレートを向上させる効果があります。有効にするにはRTXグラフィックスボードが必要になります。

  • パフォーマンス:パフォーマンスが大きく向上。4K解像度のプレイに推奨
  • バランス重視:パフォーマンスと画質の間で最適化
  • 品質:高画質。2K解像度のプレイに推奨

DLSSの設定の効果は以上となります。

DLSSのパフォーマンステスト

4K解像度のNVIDIA DLSSのパフォーマンステストもしました。解像度はフルHD解像度でもDLSSを有効にする事が可能です。

DLSSを有効にする事でパフォーマンスが大きく向上しています。

FidelityFX Super Resolution対応

FidelityFX Super Resolution対応

AMD FidelityFX Super Resolution(FSR)も超解像技術で、フレームレートが向上する機能です。

RTXグラフィックスボードを使用している場合には、NVIDIA DLSSもFSRも両方選択する事が可能になりますが、どちらか片方のみしか有効にする事は出来ません。

例えば、DLSSを有効にした場合にはFSRは有効に出来ない。FSRを有効にした場合にはDLSSを有効に出来ないという感じです。

  • パフォーマンス:画質品質に影響が出る代わりに、パフォーマンスが著しく向上
  • バランス重視:本来のレンダリング解像度に比較的近い品質を維持しつつ、パフォーマンスを大幅に向上
  • クオリティ:フレームレートが大きく向上するが、画質品質への影響はほとんどない
  • ウルトラクオリティ:本来のレンダリング解像度と遜色ない画面品質を提供するが、フレームレートの向上は最小

FSRの設定の効果は以上となります。

FSRのパフォーマンステスト

4K解像度のFSRのパフォーマンステストもしました。解像度はフルHD解像度でもFSRを有効にする事が可能です。

こちらも有効にする事でパフォーマンスが大きく向上しています。

画質設定が高いとDLSSの方が高いフレームレートが出ていて、画質設定が低いとFSRの方が高いフレームレートが出るという結果になりました。

CoD:ヴァンガードのグラボ別fps

実際にベンチマークテストを行い、CoD:ヴァンガードではどの程度のグラフィックス性能が必要かを検証しました。

NVIDIA DLSSとFidelityFX Super Resolutionは無効にして計測しています。

フルHD解像度

フルHD解像度のグラボ別fps

OSはWindows11、CPUはCore i9-11900K、メモリは32GB、ストレージはSSD 1TBモデルを使用しています。MAPは「DOME」で計測しました。

画質設定

画質設定は品質プリセットが用意されているので、最高画質設定『ウルトラ』と『最低画質』で計測しました。

プリセットはほとんど全てのグラフィックスの設定を一括で変更してくれる設定です。

最低画質にするとレンダリング解像度が下がってしまうので100にして計測しています。

推奨ではGTX 1060が指定されているので画質を下げてプレイされる方は後継のGTX 1660やRTX 3060以上がおすすめです。

優位スペックではRTX 3060 Tiが指定されています。RTX 3060 Tiだと高画質144fpsでプレイしたい方や画質下げて240fpsでプレイする事も可能です。

4K解像度

4K解像度のグラボ別fps

4K解像度(3840×2160)は負荷が大きくなるので高性能なグラフィックスボードが必要です。

推奨の4K解像度ではRTX 3080が指定されているのでRTX 3080前後のグラフィックス搭載のゲーミングPCがおすすめです。

理想的には4K解像度ではビデオメモリが10GB指定されているので高画質でプレイされる方はRTX3080以上がおすすめになります。

CoD:ヴァンガードにおすすめのゲーミングPC

G-Tune HM-B-AF

G-Tune HM-B-AF
G-TuneミニタワーCPUCore i7-10700F
グラフィックRTX 3060(12GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
ケースミニタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

当サイト限定の「G-Tune HM-B-AF」は最新グラフィックスRTX3060搭載モデル。RTX3060は重量級ゲームも快適に楽しめるモデルです。

G-Tune HM-B-3060Ti-AF

G-Tune HM-B-3060Ti-AF
G-TuneミニタワーCPUCore i7-10700F
グラフィックRTX 3060 Ti(8GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
ケースミニタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

最新グラフィックスボードのRTX3060Tiを搭載したモデルです。CoD:ヴァンガードを快適に遊びたい方にもおすすめです。

GALLERIA XA7C-R37

GALLERIA XA7C-R37
ガレリアミドルタワーCPUCore i7-11700
グラフィックRTX 3070(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミドルタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

最新グラフィックスボードのRTX3070を搭載したモデルです。FPS/TPSゲームを本格的に楽しみたい方におすすめのゲーミングPCです。

G-Tune EP-Z

G-Tune EP-Z
G-TuneフルタワーCPUCore i9-11900K
グラフィックRTX 3080(10GB)
メモリ32GB
ストレージ1TB NVMe SSD
4TB HDD
ケースフルタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

G-Tune EP-Zはフラッグシップのフルタワーです。筐体の質感や冷却性能が良いモデルです。最上級の高級感を求めたい方におすすめです。

CoD:ヴァンガードにおすすめのノートPC

ゲーミングノートPCはGTX1660Ti以上のグラフィックス性能を持つモデルがおすすめです。

GALLERIA XL7R-R36

GALLERIA XL7R-R36
ガレリア XL7C-R36CPURyzen 7 4800H
グラフィックRTX 3060(6GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
液晶15.6型 フルHD
(144Hz)
動作時間約 5.5時間
重量約 2.0kg

公式サイトはこちら

「GALLERIA XL7R-R36」は最新グラフィックス「GeForce RTX 3060」搭載。最新ゲームを快適に楽しみたい方におすすめのスペックです。

 「ガレリア XL7C-R36」の実機レビュー RTX3060搭載

G-Tune H5

G-Tune H5
g-tune-h5CPUCore i7-10870H
グラフィックRTX 3070(8GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
液晶15.6型 フルHD
(240Hz)
動作時間約 11.5時間
重量約 2.23kg

レビューはこちら公式サイトはこちら

G-Tune H5はグラフィックスボードにGeForce RTX3070が搭載しているので重量級ゲームを本格的に楽しみたい方におすすめです。極めて高い高性能グラフィックスを搭載しています。

 「G-Tune E5-165」の実機レビュー RTX3060搭載

おすすめピックアップ記事