グラフィックボードから選ぶ

GeForce GTX 1060搭載のおすすめゲーミングPC

GeForce GTX 1060はミドルクラスのグラフィックカードでミドルクラスのCPUと組み合わせてコストパフォーマンスに優れるゲーミングPC環境を構築する事が出来るので”コスパ重視”で選びたいPCゲーマーに最適な性能・スペック・価格を併せ持っているという特徴があります。

GTX1060は人気が高い

GTX1060はミドルレンジの価格帯で購入可能なグラフィックボードなので、元々×60番台は人気があります。

GTX1060はその流れを汲みつつ、性能が前世代から大幅に進化した性能を誇るので、コストパフォーマンスが非常に高いグラフィックボードです。

なので、「PCゲーム初心者の方」から「高スペック過ぎるのはコスパを考えて必要無い」、「これ以上の性能があっても自分にはオーバースペックだ」と考える方まで性能バランスが良いので受け皿が非常に広いグラフィックボードになります。

フルHD(1980×1080)解像度ならGTX1060でも快適動作が出来るタイトルは多い

フルHD以上の解像度の4K解像度のモニターやTVをお持ちで無い方にとってはGTX1060以上のグラフィックボードを購入してもゲームタイトルによってではありますが、そこまでの進化を感じられないというケースもあるかもしれません。

GTX1060の性能があれば中量級のタイトルであれば快適に、重量級のタイトルでも設定を調整すれば快適にゲームが動作します。

GTX1060のスペック

GTX1060にはビデオメモリが3GBと6GBがあり性能が変わります。価格差もありますが、基本的には重量級のゲームをプレイするかしないかで決めてしまうのが簡単です。

中量級以下のタイトルの場合フレームレートの変化が極端に無いという場合もありますが、重量級の場合フレームレートの変化があります。

以下の3DMARKの比較でも性能差がある事が確認出来ます。

実機レビューで取得

CPU性能が高いCore i7-8700×VRAMの容量の多いGTX1060(6GB)がトップの性能で以下GPU>CPUという具合に性能の差異が生じます。

GTX1050Tiとは倍程度の性能差を感じ、実際に動作させても明らかな体感差があります。GTX1050Tiの場合には現行の最新ゲームは実質厳しいという評価になります。

構成内訳

  • ガレリアXT:Core i7-8700、GTX1060(6GB)、H370
  • ガレリアRT5:Ryzen 5 2600、GTX1060(6GB)、B350
  • i7 GTX1060(3GB):Core i7-8700、GTX1060(3GB)、B360
  • i5 GTX1060(3GB):Core i5-8400、GTX1060(3GB)、B360

3DMARKでのスペック比較

GPU3DMARK Fire Strike(GraphicsScore)
RTX2080Ti
32929
GTX1080Ti
28590
RTX2080
27106
RTX2070
21920
GTX1080
21829
GTX1070Ti
19524
RTX2060
19096
GTX1070
17974
GTX1060(6GB)
12924
GTX1060(3GB)
12232
GTX1050Ti
7430
GTX1050
6836

コスパで考えるとGTX1060はミドルクラスのGPUとして優秀です。下位グレードのGTX1050Tiだと動作困難なタイトルが出ます。

GTX1060だと最新タイトルで最高設定で60FPSで快適動作は不可能ですが、重量級を視野に入れつつ設定調整で60FPSを目指す事が出来るメリットがあります。

最新ゲームを快適動作させたいという方は素直に上位のグラフィックボードを搭載した製品がおすすめです。

GeForce GTX1060搭載のおすすめゲーミングPC

価格.comプロダクトアワード2018 銅賞 受賞

ガレリア XV
OSWindows10
CPUCore i7-8700
グラフィックGTX1070Ti(8GB)
メモリ8GB
ストレージSSD 500GB HDD 2TB
マザーH370

ガレリアXVはATX規格のマザーを採用したモデルになっています。CPUは物理6コアのCore i7-8700、グラボにはGTX1070Tiを搭載した構成内容です。

メモリが8GBなので16GBにカスタマイズするとよりゲーミングPCには適しているので予算に余裕があればカスタマイズを推奨します。

マウスコンピューターのコスパ重視なゲーミングPC

NEXTGEAR-MICRO am550SA2
OSWindows10
CPUAMD Ryzen 5 2600
グラフィックGTX1060(3GB)
メモリ16GB
ストレージSSD 240GB HDD 1TB
マザーB350

G-TuneのNEXTGEAR-MICROはメモリの容量が16GBと多いのでメモリが16GB指定のタイトルの推奨スペックを満たす事が出来ます。メモリの容量はPCゲームの下限としては8GBで、推奨としては16GBになります。

GPUのスペックが3GBとなるので重量級のタイトルの場合においてはフレームレートが伸び悩む傾向がありますが、重量級の場合には上位グレードのGPUが必要となるケースもあるのでコスパ重視で選ぶというのもおすすめなゲーミングPCの選び方です。

GeForce GTX1060搭載の実機レビュー

【ドスパラ】ガレリア RT5の実機レビュー( Ryzen 5 2600 GTX1060 ) ドスパラさんからガレリア RT5(Ryzen 5 2600 / GeForce GTX1060 )の実機をお借りしたのでレビューしてい...
【実機レビュー】最新ゲームにGTX1060(3GB)の性能はどれだけ通用するのか?【G-Tune×はじめてゲームPCコラボ】 マウスコンピューターさんからGTX1060搭載のコラボモデルの実機をお借りしたのでレビューしていきます。 ブロンズモデルの特徴はG...

GeForce GTX1060のベンチマーク・性能評価

GeForce GTX 1060のベンチマークを20タイトル以上で計測 GeForce GTX 1060(6GB)のゲーム性能をベンチマークや実際のゲームで動かしてどの位快適に動作可能なのかをチェックしま...
おすすめピックアップ記事