ゲーム推奨スペック

オクトパストラベラーの推奨スペックとベンチマークとおすすめのゲーミングPC

オクトパストラベラーはドット絵の進化系「HD-2D」となっており、ドット絵の進化を感じられるグラフィック表現が特徴的です。

そんなオクトパストラベラーの推奨スペックと実機でのベンチマーク、そしておすすめのゲーミングPCを紹介しています。

オクトパストラベラーの推奨スペック

 最低推奨
OSWindows 7 SP1 / 8.1 / 10(64ビット)
CPUIntel Core i3-3210
AMD FX-4350
Intel Core i5-6400
AMD Ryzen 3 1200
GPUNVIDIA GeForce GTX 750(2GB VRAM)
AMD Radeon R7 260X (2GB VRAM)
NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB
AMD Radeon RX 470(4GB VRAM)
メモリ4GB6GB
ストレージ5GB 以上
追記事項30+ FPS @ 1280×720 / graphics preset “LOW”Expected Framerate: 60 FPS @ 1920×1080 / Graphics preset: “Very High”. Depending on the monitor and PC graphics card environment and setup used, this title can expand its display resolution to 4K. However, please be aware that 4K resolutions are not officially supported

参考情報:Steamストアページ

Steamではセールを開催している事もあります。上記リンクからウィッシュリストに登録する事でセール時に安く購入する事も可能です。

最低スペック

最低スペックでの動作は解像度が1280x720pxでグラフィック設定を低くした場合の構成内容となっております。

推奨スペック

推奨スペックでの動作は解像度が1920x1080px(フルHD)でグラフィック設定を高めた状態での構成内容となっております。英語の部分は、4K解像度に関しては対応しているけれど、公式にサポートされている訳では無いとの追記事項が入っています。

オクトパストラベラーのベンチマーク

CPUCore i7-9700K
メモリ16GB
SSDインストール

ベンチマークPC構成は以上となります。

オクトパストラベラーのベンチマークはありませんので、手動で色んな場所に行きフレームレートを確認しながらゲームを進めました。

その結果、普通にプレイする場合には問題無いポイントでも所々重くなる箇所がありました。特定の街や特定の場所。戦闘でのエフェクトが派手な場合にフレームレートが低下していました。

推奨スペックではGTX1060 6GBが指定されていますが、重い所も考慮して反映されているようにも思います。なので10時間程度プレイした中で重かった「フロストランド地方の北フレイムグレース雪道」より少し北上した地点に宝箱があり、そこで計測をかけました。

上図は1920×1080(フルHD)解像度の描画設定プリセット「最高・高・中・低」とある中の最高でのフレームレート比較になります。

グラフィックスオプションの中に垂直同期の設定が無いので60FPS上限となります。

WQHD解像度と4K解像度でも調査しました。4Kは少し重い感じがあり、街によってはRTX20シリーズであれば60fps出ている場所も多いですが、先述の通り重くなる場所や戦闘中のエフェクトによっては一瞬のフレームレート低下が見受けられるという印象です。

オクトパストラベラーにおすすめのゲーミングPC

公式の推奨スペックや自分で実機を動作させてみて納得のいく、オクトパストラベラーにおすすめのゲーミングPCを紹介していきます。

フルHD解像度におすすめ

G-Tune PM-B-AF
OSWindows10
CPUCore i7-9700
グラフィックGTX1660(6GB)
メモリ16GB
ストレージSSD 512GBGB HDD 2TB
マザーボードB365

レビューはこちら公式サイトはこちら

当サイトの限定モデルです。GTX1660搭載でオクトパストラベラーの推奨スペックを超える性能パフォーマンスを持っています。

ガレリア XT
OSWindows10
CPUCore i7-9700F
グラフィックGTX1660 SUPER(6GB)
メモリ16GB
ストレージSSD 512GB HDD 1TB
マザーボードB365

レビューはこちら公式サイトはこちら

推奨スペックのGTX1060(6GB)の性能を超えるパフォーマンスを持つ定番人気のゲーミングPC「ガレリアXT」はミドルタワーで冷却性能に優れ、拡張性も高いモデルなのでおすすめです。

WQHD~4K解像度におすすめ

ガレリア XF
CPUCore i7-10700
グラフィックRTX2070 SUPER(8GB)
メモリ16GB
ストレージSSD 512GB HDD 2TB
マザーボードB365

レビューはこちら公式サイトはこちら

G-Tune HN-Z-AF
CPUCore i7-9700K
グラフィックRTX2070 SUPER(8GB)
メモリ16GB
ストレージSSD 512GB HDD 2TB
マザーボードZ390

レビューはこちら公式サイトはこちら

4KとなるとRTX2080Tiが通常はおすすめですが、RTX2080Tiでも重い場所では60fpsは出ませんでした。オクトパストラベラー自体がアクションゲームでは無くRPGなので30fpsでもプレイに支障は無いでしょう。

コストパフォーマンスが良いのでRTX2070 SUPER搭載機がおすすめです。

ノートPCでゲームをプレイしたい方におすすめモデル

ガレリア GCR1660TGF-QC-G
OSWindows10 Home 64bit
CPUCore i7-9750H
グラフィックGeForce GTX1660Ti(6GB)
メモリ16GB
SSD512GB
液晶15.6型 フルHDノングレア 144Hz
重量約1.87Kg

レビューはこちら公式サイトはこちら

ノートPCでゲームを楽しみたい方におすすめはガレリア GCR1660TGF-QC-Gです。GTX1660Ti搭載しているのでオクトパストラベラーの推奨スペックGTX1060(6GB)の性能を超えるパフォーマンスを持つノートPCです。

重量が軽くインテルと共同設計のドスパラでも非常に人気のゲーミングノートPCとなっています。カラーは2色展開でガンメタリックとブラックがあります。管理人はブラックを購入しましたが、ガンメタリックもカッコいいです。

おすすめピックアップ記事