MENU
はじめてゲームPC
ゲーミングPCやゲーミングノートPCの実機レビューを200台以上行いました。
最新ハードウェアのゲーム検証やベンチマーク検証もしているので、ゲーミングPC選びの参考にしてみて下さい。
はじめてゲームPCおすすめ限定モデル詳しくはこちら

オクトパストラベラー2の推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

当ページのリンクには広告が含まれています。
オクトパストラベラー2の推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

オクトパストラベラー2は、ドット絵と3DCGを融合した「HD-2D」のグラフィックが特徴的な「オクトパストラベラー」シリーズの最新作です。

昼夜の概念やカメラワークの改善など旧作からパワーアップし、新たなキャラクター8人の旅人の物語が展開されます。

オクトパストラベラー2の推奨スペック情報と、オクトパストラベラー2が快適に動作するおすすめのゲーミングPCをご紹介します。

目次

必要と推奨スペック

スクロールできます
必要動作環境推奨動作環境
OSWindows 10 /11Windows 10 / 11
CPUCore i3-6100
Ryzen 3 1200
Core i5-6400
Ryzen 3 1200
メモリ8GB8GB
GPUGeForce GTX 750
Radeon RX 460
Arc A750
GeForce GTX 1060 6GB
Radeon RX 470
ストレージ10 GB10 GB

参考情報:Steamストアページ

Steamのストアページの必要と推奨スペックになります。画質を下げてプレイする方は必要スペックを参考にしましょう。高画質で楽しみたい方は推奨スペックを参考にするのがおすすめです。

CPU

CPU

Core i5-12400Fを使用してオクトパストラベラー2のCPU検証を行いました。CPUは綺麗に4コアのみの使用でした。4コア以上のCPUを搭載したモデルがおすすめです。

CPUの確認方法

BTOのCPU確認方法

BTOショップでは、製品仕様に「CPUの名称とコア数」が書かれているので、ゲーミングPCのCPUコア数を確認する事が可能です。

メモリ

メモリ

メモリは9GB程度が使用されていました。8GBでも動作すると思われますが、メモリは16GB搭載モデルがおすすめです。

グラフィックス

グラフィックス

グラフィックのビデオメモリは、ゲーム開始時でフルHD/最高設定では3GB程度、4K解像度では4GB程度の使用でした。

あまりビデオメモリの容量が必要無いタイトルですが、4GB以上のビデオメモリ容量を搭載したグラフィックスボードなら安心です。

オクトパストラベラー2の設定

オクトパストラベラー2の設定

フレームレートに大きく関係する設定項目は「画面解像度」と「描画設定」です。

なので、ここを下げてしまえば低スペックのパソコンでも動作は満たすと考えられます。

逆にリッチな映像体験をしたい方は、4K解像度や描画設定を高い設定にする事で描画負荷が高まるので、高性能なゲーミングPCが必要になってくると考えられます。

描画設定はそれぞれ「最高/高/中/低」の4段階から選択する事が可能です。

  • アンチエイリアシングは、ギザギザを無くす表現です。
  • ポストプロセスは、表現力や演出的な表現です。画面全体の印象が大きく変わります。
  • シャドウは、影の表現です。影があるとリアルになります。
  • テクスチャは、物体の表面の質感です。
  • エフェクトは、爆発や発光などのリアリティを増す目的で使用される、効果のことです。

オクトパストラベラー2の画質比較

最高設定低設定
最高設定低設定

最高画質設定と低画質設定の比較になります。画質設定を変えると画質がグンと上がる印象です。

階段部分を見ると最高設定ではギザギザが無くなっていますが、低設定ではギザギザしています。これがアンチエリアシングになります。

ポストプロセスの設定によって画面全体の印象が大きく変わります。最高設定だとリッチ過ぎるな、と感じる方はポストプロセスの設定を調整すると良いかもしれません。

階段部分を見ると最高設定では影が出ていますが、低設定では影が無くなっています。影があるとリアルなグラフィックと感じる方が多いと思います。

ウルトラワイドに対応している?

ウルトラワイドに対応している?

オクトパストラベラー2は、ウルトラワイドに対応していないです。もちろんプレイする事は可能ですが、横に黒い帯が出ます。

steamリモートプレイに対応

steamリモートプレイに対応

steamリモートプレイは、ゲーミングPCが起動していたら他のデバイスでもSteamのゲームが遊べる機能です。

例えば、Apple TVの「steam link」アプリからTVの大画面でプレイ可能です。steamリモートプレイの良い所は、リビングにApple TV以外置かなくて良いので、部屋がスッキリする点です。

Amazon Fire TV Stickだと検索しても「steam link」アプリが無かったので、テレビでリモートプレイを考えている方は「Apple TV」がおすすめです。

steamリモートプレイ

リモートプレイでゲームをプレイするならコントローラーがおすすめです。Apple TVのBluetooth設定でPS5コントローラーなどをBluetooth接続すれば無線でプレイ可能です。

オクトパストラベラー2をリモートプレイで10時間程度プレイしましたが、遅延も特に感じる事なく快適でした。

FPS / TPSなど一瞬で勝負が決まるゲームはリモートプレイだと厳しいですが、シングルプレイのRPGゲームなら相性抜群なのでおすすめのプレイ方法です。

ゲーミングノートPCでも使える方法なので、外ではノートPC、家では大画面TVなどリモートプレイを活用すると様々な方法でオクトパストラベラー2を楽しむ事が出来ます。

オクトパストラベラー2のグラボ別fps

オクトパストラベラー2のグラボ別fps
GPU4K
3840×2160
WQHD
2560×1440
フルHD
1920×1080
RTX 4090120 FPS120 FPS120 FPS
RTX 4080112 FPS120 FPS120 FPS
RTX 4070 Ti106 FPS120 FPS120 FPS
RTX 308093 FPS120 FPS120 FPS
RTX 3070 Ti86 FPS120 FPS120 FPS
RTX 307082 FPS120 FPS120 FPS
RTX 3060 Ti69 FPS120 FPS120 FPS
RTX 306048 FPS112 FPS120 FPS
RTX 305032 FPS89 FPS120 FPS
GTX 1660 S32 FPS88 FPS120 FPS
GTX 1650 S25 FPS70 FPS117 FPS

計測場所:「トト・ハハ島 ケノモ村」。画質設定:最高。CPU:Core i5-12400F、メモリ:32GB。

快適性の基準値としては60fpsになります。ゲーム中のフレームレートの変動が非常に大きいので少し重い数値が出るポイントで計測しました。

おすすめのゲーミングPC

オクトパストラベラー2におすすめのゲーミングPCをご紹介します。

NEXTGEAR JG-A5G60

NEXTGEARミニタワー
スペック
CPURyzen 5 4500
グラフィックRTX 4060(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー

「NEXTGEAR JG-A5G60」は、CPUに「Ryzen 5 4500」を搭載し、最新の高性能グラフィクス「GeForce RTX 4060」を採用。レビュー数が200件を超える人気のモデルです。

ゲームではグラフィックスボードの性能が快適性に直結するため、コストを落として最大限ゲームを楽しみたい方におすすめのモデルです。

NEXTGEAR JG-A7G60

NEXTGEARミニタワー
スペック
CPURyzen 7 5700X
グラフィックRTX 4060(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー

「NEXTGEAR JG-A7G60」は、CPUに「Ryzen 7 5700X」&「RTX 4060」搭載のゲーミングPCです。口コミレビュー数が100件を超える人気のモデルです。

ゲーミングに必要なスペックを搭載しつつ、価格は最新CPU搭載モデルと比較するとリーズナブルなので、CPU性能も重視してゲーミングPCを選びたい方におすすめです。

GALLERIA RM5C-R46

GALLERIA RM5C-R36
スペック
CPUCore i5-14400F
グラフィックRTX 4060(8GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
ケースミニタワー

「GALLERIA RM5C-R46」は、インテル第14世代CPU&高性能グラフィックス「RTX 4060」搭載。

最新ゲームを楽しみたい方におすすめの性能です。これからゲームを始める初心者の方にもおすすめのゲーミングPCです。

G-Tune DG-I5G60(ホワイトカラーモデル)

G-Tuneミニタワー
スペック
CPUCore i5-14400F
グラフィックRTX 4060(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー

このリンクからお得に購入できる特別価格モデルとなっています。詳細はこちら

「G-Tune DG-I5G60」は、インテル第14世代CPU&高性能グラフィックス「RTX 4060」搭載。

G-Tuneのミニタワー型モデルのホワイトカラー採用モデルとなっています。ケースには標準でガラスサイドパネル&青色のLEDファンが搭載。

G-Tune DG-I5G60(ホワイトカラーモデル)」は、アスキーベストバイアワード2023 デスクトップ部門受賞モデルになります。

おすすめのゲーミングノートPC

オクトパストラベラー2におすすめのゲーミングノートPCをご紹介します。

GALLERIA RL7C-R35-5N

スペック
CPUCore i7-13620H
グラフィックRTX 3050(6GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
液晶15.6型 1920×1080
フルHD(165Hz)
重量約2.1kg

「GALLERIA RL5C-R35-5N」は、エントリーゲーミングノートPCです。「RTX 3050(6GB)」搭載で、人気ゲームやホーム用途で使えるノートPCです。はじめてのゲーミングノートPCにおすすめです。

G-Tune E5-I7G60BK-A

スペック
CPUCore i7-13650HX
グラフィックRTX 4060(8GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
液晶15.3型 2,560×1,600
WQXGA(240Hz)
重量約2.09kg

「G-Tune E5-I7G60BK-A」は、薄型軽量のWQXGAと240Hz液晶搭載のハイスペックゲーミングノートPCです。高精細なWQXGA解像度かつ、240Hzで遅延の少ないゲームプレイが可能です。

あわせて読みたい
オクトパストラベラーの推奨スペックとおすすめのゲーミングPC オクトパストラベラーはドット絵の進化系「HD-2D」となっており、ドット絵の進化を感じられるグラフィック表現が特徴的です。 そんなオクトパストラベラーの推奨スペッ...
あわせて読みたい
ブレイブリーデフォルト2の推奨スペックとおすすめPC スクウェア・エニックスの「ブレイブリーデフォルト2」は、Nintendo Switch向けに2021年に発売されたタイトルです。PC版が2021年の9月に発売されています。 ブレイブリ...
目次